2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

性別適合手術後の日本社会

はるな愛さんを代表とするように、最近ではオネエキャラに留まらず実際に性別適合手術を受けたタレントなどがお茶の間を賑わせることも増えてきたように思います。しかしながら、どのタレントも一様に「女性らしさ」を必要条件とされているようにも思えます。それを備えていないと、排斥(あるいは無視)される現状は、テレビの中だけでなく現実もそのようです。



戸籍を変更しても女性として認められない

時事ドットコムさんが以下のようなニュースを報じています。

 

 性同一性障害のため男性から女性に性別を変更した静岡県西部の会社経営者(59)が、性別変更を理由に会員制ゴルフクラブへの入会を断られ精神的苦痛を受けたとして、県西部のクラブなどに585万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が8日、静岡地裁浜松支部であった。古谷健二郎裁判長は、法の下の平等を定めた憲法14条などに違反するとして110万円の支払いを命じた。(2014/09/08-19:11)

 

via: 時事ドットコム:性別変更で入会拒否は違法=ゴルフクラブに賠償命令-静岡地裁支部

 

情報が断片的ですので、今回の記事はある程度推測を含んだものになります。しかし、男性から女性に性別変更した時点で「性別適合手術を受けている」ことは絶対に間違いありません。戸籍変更の要件には、性器の外観がなるべき性別のものにしなくてはならないという規定があるからです。また、性別適合手術を受けるためには前段階として「ある程度長期に渡って性ホルモンを定期的に摂って」いなくてはなりませんし、「性同一性障害としての認定」が必要になります。ここで括弧を付けたのには理由があります。

 

外見としての問題点

Twitterや2chなどのコメントを見ると、「お風呂に居られたら変な感じになるだろう」ですとか、「男女の腕力差があるのに女性扱いされるのは不公平なのでは」といったものが挙げられていました。前者についてですが、やはりこれは政府の見解としても外性器の外観を変えろというのが基本のスタンスですので、的外れな意見ではありません。

 

しかしながら前述した通り、戸籍変更したということは性別適合手術を受けたということです。その上、性別適合手術を受けたということは、「性同一性障害」としての認定を受けたということです。現在、一般に○○障害と言われているものの認定基準に、「そのことで本人が困っている」というものがあります。4番目の項目ですね。

 

性同一性障害の診断基準(DSM-Ⅳ・ICD-10)

DSM-Ⅳ
 性同一性障害 general identity disorder
1.反対の性に対する強く持続的な同一感(ほかの性であることによって得られると思う文化的有利性に対する欲求だけではない)。
a.子どもの場合、その障害は以下の4つ(またはそれ以上)によって表れる。

(1)反対の性になりたいという欲求、または自分の性が反対であるという主張を繰り返し述べる。
(2)男の子の場合、女の子の服を着るのを好む、または女装を真似ることを好むこと。;女の子の場合、定型的な男性の服装のみを身につけたいと主張すること。
(3)ごっこあそびで、反対の性の役割をとりたいという気持ちが強く持続すること、または反対の性であるという空想を続けること。
(4)反対の性の典型的なゲームや娯楽に加わりたいという強い欲求。
(5)反対の性の遊び仲間になるのを強く好む。

b.青年及び成人の場合、次のような症状で現れる。:反対の性になりたいという欲求を口にする、何度も反対の性として通用する、反対の性として生きたい、または扱われたいという欲求、または反対の性に典型的な気持ちや反応を自分が持っているという確信。


2.自分の性に対する持続的な不快感、またはその性の役割についての不適切感。
 子どもの場合、障害は以下のどれかの形で現れる。
a.男の子の場合、自分のペニスまたは睾丸は気持ち悪い、またはそれがなくなるだろうと主張する、またはペニスを持っていない方が良かったと主張する、または乱暴で荒々しい遊びを嫌悪し、男の子に典型的な玩具、ゲーム、活動を拒否する。

b.女の子の場合、座って排尿するのを拒絶し、または乳房が膨らんだり、または月経が始まって欲しくないと主張する、または、普通の女性の服装を強く嫌悪する。

c.青年及び成人の場合、障害は以下のような形で現れる。それは、自分の第一次および第二次性徴から解放されたいという考えにとらわれる(例:反対の性らしくなるために、性的な特徴を身体的に変化させるホルモン、手術、または他の方法を要求する)、または自分が誤った性に生まれたと信じる。


3.その障害は、身体的に半陰陽を伴ったものではない。

4.その障害は、臨床的に著しい苦痛または、社会的、職業的または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。

via: 性同一性障害の診断基準(DSM-Ⅳ・ICD-10): 桜の舞う季節は君を想う

 

(恐らく)長年苦しんできたであろうこの女性も、リスクを承知の上必死の覚悟で性別適合手術を受け、更には戸籍変更も行った(ということは、元が男性っぽい名前の場合、それも変更しなくてはなりません。これは蛇足)以上、それ以上求められるべき外見上の問題はないはずです。

 

腕力の差異としての問題点

こちらも多くコメントに挙げられていたものです。腕力の差異についてはどうでしょう。実はスポーツの世界でもこういった問題が話題になることがあります。スポーツの世界では、どうやら「一定期間以上、定期的に女性ホルモンを摂取した場合」は筋肉が一般女性並みに落ちるという考え方を採用しているようで(筋肉を作る男性ホルモンの相対的減少が理由か)、筆者の参加していた市民テニス大会なんかだと2年以上女性ホルモンを使っていた場合は女性としてのエントリーを認める、という形になっていました。

 

確かにスポーツで男女の腕力差が結果を左右することは十分にあるでしょうから、このような判断は妥当と思われます。そしてこのゴルフクラブにおいてはどのようなルール、基準が用いられたのかは記事からは読み取ることが出来ませんが、このような規定を作っておけばこの問題も回避出来るでしょう。

 

簡単なまとめ

やはり、こういった社会問題の多くは「無理解・無関心」が原因のことがほとんどのように思います。このゴルフクラブもあまり考えなしに入会を断ったのでしょうが、上記のような簡単に手に入る知識や最近の判例の流れを調べないままに安易に結論を出した帰結が今回の裁判の結果でしょう。このニュースを見る人もまた「無理解・無関心」の層がほとんどでしょうから、コメントとしては「仕方ない気もする」や「入会拒否は当然」といった感覚的で反射的な論調もあるかと思います。最近すっかり性同一性障害という言葉が耳に馴染むようになりました。これを機に、そういった方の自伝の一つも読んでみると(許容出来る、受け入れられる)世界が広がるかもしれません。

 

関連記事

 

fe4209cdf2373b341cde95da464c8bb2 性別適合手術後の日本社会

 





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2014年 9月 11日

    戸籍変更したということは性別適合手術を受けたということです。その上、性別適合手術を受けたということは、「性同一性障害」としての認定を受けたということです。現在、一般に○○障害と言われているものの認定基準に、「そのことで本人が困っている」というものがあります。4番目の項目ですね。

      

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る