キジトラ速報

生活保護法改正で生活保護基準が引き下げられた事により就学援助を受けられない児童が増加 
2014/04/14 17:02  コメント (8)
  • follow us in feedly

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 1987年1月に札幌で起きたシングルマザー餓死事件

    雨宮処凛さんが27年前・1987年1月に札幌で起きたシングルマザーの餓死事件ルポタージュの概要を紹介しつつ、生活保護制度改正に対しあらためて反対の意見を表明しています。

     

    シングルマザー餓死事件については、雨宮処凛さんの記事にゆだねます。実例にまさる理論なし。この事件についてアレやコレやと理屈をつけてもマイナスにしかならないような気がしてなりません。



    生活保護にケチを付けるのは簡単

    2ちゃんなどでは、「生活保護アンチ」が数多くいます。不正受給などを叩くだけで、「本当に必要な人」への支給までは反対しないって意見が一応多数派ですが… 本当に必要な人の線引きをどう行うかって問題が非常に難しい。

     

    札幌の餓死事件についても、若い・働こうと思えば働けた・別れた夫から慰謝料をもらえたなど、ケチをつけようと思えばつけることができました。実際にケースワーカーは、そのような点を理由に生活保護受給を「認めなかった」わけですが…

     

    基準を満たしているかどうかの判断を曖昧・抽象的にするような方向は好ましくないはずです。お役所から気に入られているからすんなり受給申請が通る。そういう制度は、不正受給を嫌う「アンチ」の人が一番嫌う仕組みなんじゃないかなぁ、と。

     

    不正をなくしたいのであれば、できるだけ客観的に…人の判断が入らないようなルールにすべき、というのが私の考えです。

     

    生活保護基準が下がったことにより就学援助にも影響が

    ところで、雨宮処凛さんは、冒頭で就学援助のことについて説明をしています。 生活保護基準が下がってしまうと、就学援助など様々な貧困層の支援制度に影響が出てしまいます。

     

    「俺は貧しくても絶対に生活保護は受給しないし、生活保護の支給額が減っても関係ない。メシウマ」などと考えている人であっても、まったく無関係ではないということです。

     

    これまで支援されてきた人たちを対象外にする必要性はあるのか

    わたしも母子家庭で育ち、就学援助制度を利用して助けられてきた立場です。母が働いてどうにか生活保護には頼らず生活できていましたが、国の制度に助けられていたのは疑いようのない事実です。今の水準だとすれば、もしかしたら就学援助を利用できていなかったかもしれません。このような事実に思いをめぐらすと、生活保護制度を巡る今の状況を見ていて胸がつまるような思いになってしまいます。

     

    なんでもかんでも国に頼るのが正しいとは思いませんが、これまで支援されてきた人たちを対象外にする必要性も感じません。就学援助をもらえなくなるなら、もう少し仕事を減らそうか…などと103万円問題と似たような現象も起きてしまうかもしれません。 今一度貧困制度の在り方を考えていきたいなぁと思った次第。

    記事引用

    マガジン9 雨宮処凛が行く:『母さんが死んだ』――27年前の餓死事件、そして更に広がる子どもの貧困。の巻 から引用

     

    4月。新しい年度の始まりであり、新学期の季節である。

     

     晴れやかな気持ちで新年度を迎えた人も多いと思うが、この4月から「子どもの貧困」が更に深刻化するようなことが始まってしまった。

     

     それは「就学援助」の縮小だ。

     

     就学援助とは、経済的に苦しい家庭の子どもに学用品や給食費を補助する制度。修学旅行費なども出る。現在、この制度を使っているのは公立小中学生の6人に1人、約155万人。自治体によっては、3人に1人がこの制度を使っているという地域もある。

     

     就学援助を使っている子どもが多い地域というのは、それだけ「子どもの貧困」が深刻な地域ということだ。なぜなら、就学援助を受けるには「一定程度以下の年収」という所得制限がある。ある程度の収入がある人が受けようと思っても受けられるわけではないのだ。

     

     それでは、その「基準」はどのようにして決められているかというと、「所得が生活保護基準の1.2倍未満」などの水準が多い。これ以下の所得しかない世帯のみが、就学援助の対象となるわけだ。しかし、今、収入が変わらなくても、就学援助の対象から漏れてしまう子どもが出てきている。なぜ、そんなことが起きるのか? それは「生活保護基準が引き下げられた」からだ。

     

     安倍政権が発足して、真っ先に手をつけた「生活保護引き下げ」。これに反貧困活動家たちがずっと反対の声を上げてきたことはこの連載でも触れてきた通りだ。生活保護基準が下がると、就学援助をはじめとする様々な制度に影響が出てくることについても警鐘を鳴らしてきた。しかし、それでも引き下げは強行され、そうして今月、「最悪の予想」がそのまま的中し、就学援助から漏れる子どもたちが出てきたというわけである。

     

     また、昨年末には生活保護法が制定されて、初めての大改悪が成立してしまった。扶養義務が強化され、口頭申請が基本的に認められないなどの改悪は、「水際作戦の合法化」と批判を受けながらも、反対世論が盛り上がることなく、国会で「改正案」があっさりと通った。

     

     そんな今だからこそ、読んでほしい本がある。それは『母さんが死んだ しあわせ幻想の時代に』(水島宏明著・ひとなる書房)。90年に出版された本書は長らく入手できない状態となっていたのだが、「生活保護大改悪」を受け、復刊。ずっと読みたかった本なので、一気読みした。

     

     内容はというと、87年1月に札幌で起きたシングルマザー餓死事件のルポルタージュだ。小学生から中学生まで3人の子どもを抱える39歳の女性は、生活保護の申請を何度も断られ、自宅で餓死死体となって発見された。

     

     本書を読み進めていくと、この女性・岡田恭子さんがどれほど必死で働き、生きようとしていたかがわかる。

     

     ギャンブル癖のある夫との離婚。しかし、母子寮に入り、3人の子どもを必死で育てる。母子寮に入ると同時に受けた生活保護。やがて病院の雑役の仕事が決まる。しかし、その収入だけでは最低生活費に満たないので、不足分が生活保護費として支給されていた。その間は、貧しいながらも充実した生活の様子が伝わってくる。

     

     しかし、歯車が狂い出したのは白石区の市営住宅に転居してからのことだ。収入は同じなのに、白石区は彼女に「辞退届」を書かせ、生活保護を切ってしまうのだ。

     

     それから、5年。彼女は「最低生活費」に到底満たない額で、それでも必死に働き、生きてきた。病院の仕事のあとに居酒屋でパートをし、交通費を節約するために、電車通勤から自転車通勤に替える。が、収入は大人1人と子ども3人で暮らす最低生活費にはまったく届かない。彼女は友人から借金をするようになり、サラ金にも手を出す。そして結果的には、「借金」が友人との関係までをも断ち切ってしまう。

     

     そうして亡くなる約1年前、三男が不登校となってしまう。心配した彼女は病院を休職。これで生活保護が受けられると誰もが思ったものの、福祉事務所は生活保護を受けさせない。結局、彼女は喫茶店や居酒屋で働き「1日3000円」程度を貰うという綱渡りの生活を続ける。

     

     すべての収入が途絶えてしまうのは、亡くなる3ヶ月ほど前だ。恭子さんが、体調を崩して寝込んでしまったのだ。が、お金がないので病院に行くこともできない。子どもたちはこの頃から、近所の人にお金を借りて食事をするようになる。

     

     そんな恭子さんに助けの手が差し伸べられた瞬間もあった。どんどん痩せていく彼女を心配した友人の一人が、福祉事務所に電話を入れたのだ。翌日、ケースワーカーが自宅を訪問。すると、恭子さんは既に立っていられないほど衰弱していた。が、ケースワーカーは「明日保護課に来て下さい」と言って帰る。翌日、福祉事務所を訪れた恭子さんにかけられた言葉は、「若いんだから働きなさい」「9年前に別れた夫に養育費をもらえ。もらえないなら、養育費を払えないという夫からの証明書を持ってこい」というものだった。 「やっぱり恐ろしい目にあった。あんなところには、もう二度と行きたくない」。恭子さんはこの日、友人にそう話している。

     

     おそらくこの頃、彼女の中に残っていた最後の気力の糸のようなものが、ぷつんと切れた。

     

     家賃は1年分滞納している。ガスも止められ、郵便受けに届くのはサラ金からの請求書ばかり。もう借金を頼めるような相手もいない。綺麗好きだったのに部屋の中はゴミだらけになっていく。しかし、恭子さんは、自らの窮状を絶対に話さないよう、子どもたちにはきつく口止めしていた。近所の人が彼女について聞くと、子どもたちは「働きに行っている」と答える。だからこそ、救いの手は届かない。そうして亡くなる1ヶ月以上前から、彼女はこたつで寝たきりとなる。子どもたちが何か食べさせようとしても、力なく首を振って拒み、最初は這ってトイレに行っていたものの、しまいには行けなくなってしまった。

     

     そうして87年1月23日、恭子さんは変わり果てた姿で発見されるのだ。

     

     本書を読みながら、何度か既視感に目眩がした。2012年、札幌で起きた姉妹餓死事件と類似点がありすぎるからだ。そして舞台は、やはり札幌市白石区。姉妹の姉は3度も福祉事務所に助けを求めていたが、「若いから働ける」と追い返されていた。

     

     27年前の、餓死事件。そして、2年前の餓死事件。

     

     先に書いた通り、昨年末「改正」された生活保護法は、「扶養義務」を強化するような内容になっている。恭子さんは「別れた夫に養育費をもらえ。もらえないなら、養育費を払えないという夫からの証明書を持ってこい」と言われて追い返されたわけだが、「改正」された生活保護法では「とにかく親族などに面倒を見てもらえ」ということが強調されている。27年前の餓死事件の教訓など、まったく生かされていないのだ。しかし、別れ方にもよるが、「別れた夫」ほど連絡をとりづらい相手もいないだろう。その上、DVで逃げたというケースだって多々あるのだ。

     

     本書には、こんな印象的な文章がある。

     

     「海で遭難して溺れかけている人間にとって、遠くに見える救命ボートがたった一つの望みであるように、岡田さんも“生活保護”という名の救命ボートに必死につかまろうとしていた。貧困という暗い海に沈みかけながら――。それも一度ならず何度か・・・」

     

     貧困は、本当に溺れることに似ている。どうもがいてもあがいても、自分の力だけではどうにもならない。救命ボートが救命ボートとして機能しない国。それはとても、脆弱な国ではないだろうか。

     

    関連記事

     

    020371d9ca0d191a1c1304993465fbb3 600x560 生活保護法改正で生活保護基準が引き下げられた事により就学援助を受けられない児童が増加 


    カテゴリー 生活保護 教育・学校 なか 生活保護

    関連記事
    コメント一覧
    1. キジトラさん
      2014年4月14日17:19  ID: MzYwNzE5M

      全部無くして必要な人は国の管理下で集団生活させればよかろ、
      主観も客観も無く必要な人なら生きていける環境になると思う

    2. キジトラさん
      2014年4月14日23:33  ID: MjY5NDQ3M

      国の管理下に人を置くとか何時の時代の発想ですかってのと、やっぱり管理下に置く基準を決めなきゃいかんから根本的解決にはならなくねっていう

    3. キジトラさん
      2014年4月15日1:15  ID: Mzg2NDMzN

      ベーシックインカムの導入とか?
      失業保険生活保護基礎年金ぜんぶまとめちゃえ

    4. キジトラさん
      2014年4月15日2:15  ID: Mjk4MDI3O

      おう、おまえん家の近くに施設建っても文句言うなよ
      施設代の税金負担もよろしくな!頼むでえ!

    5. キジトラさん
      2014年4月15日15:00  ID: MjY4NjA4O

      珍しく全部読んでしまった
      さすが中世JAPランドだぜ

      こんな国の民族は滅べばいい
      もう一度アメリカに統治してもらわないと

    6. キジトラさん
      2014年4月19日9:35  ID: Mzk0NTUwM

      刑務所で囚人一人にかかるコストが年額300万円だったっけ
      生保削って貧困事由の犯罪者増やしちゃったら結果的に国の支出増えるだけなんだよな

      ただ現金支給のみってのも問題で、不正受給の種にもなるしそもそも金の管理がマトモに
      できないような連中に金与えてどうすんのっては思うから職業支援まで含めた低コストの
      生活保護村作ったほうが良いんじゃないのかなぁ
      監視がいらない分刑務所よりもコスト低いだろうしさ

    7. キジトラさん
      2014年5月30日0:37  ID: MTA2MDE1M

      支給条件と支給金額を混ぜてはいけない

    8. キジトラさん
      2014年6月26日10:40  ID: MjE1NDIyN

      ※5
      お前はもう、誇らしい祖国に帰れや
      視界に入ってくるだけでムカつくんだよ!!

      問題が出たなら、多様な意見を取り入れて解決すればいい
      二年前の札幌姉妹餓死事件から反省して、やっぱ保護が必要な人間を見極める制度作りだろう
      名目的な扶養家族じゃなくて、実質的な扶養家族が要るかどうかをよく検討するとか
      実質的な扶養家族がいる家庭(例えば河本の野郎とか)への生活保護が無駄の温床ってのは、一応意見として挙がってる訳だから、その意見を完全に排除するような案に、賛成できる訳がないだろう?

    コメントする

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    サイトマップ