2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

生活保護の必要性を訴えたいなら現実的な提言を

生活保護基準切り下げ

生活保護政策に反対する集会と、厚労省への申入れが行われました。現政権の保護基準切下げを批判し、「このままでは生きていけない」と強く訴えた模様。

 

 生活保護の必要性を訴えたいなら現実的な提言を 「このままでは生きていけない」生活保護削減で厚労省に涙の訴え|生活保護のリアル~私たちの明日は? みわよしこ|ダイヤモンド・オンライン

 

経済左派で生活保護については、そこまで消極的な評価をしていない私ですが…みわよしこ氏のDIAMONDオンライン記事を見て、思うところがあったので、今回は生活保護削減反対運動について取り扱ってみます。





与党は参加しなくて当たり前

レポート記事を書いているみわよしこは「どうして自民党・公明党は集会に出ないのか」と書いています。この運動に参加していない者からすると…「政権批判を強調してるんだから、当然ではないか」という感想を抱いてしまいます。

 

この集会では、呼びかけ人の1人である金子勝がスピーチをし、安保法制やTPP批判など生活保護とは無縁な主張を展開していたようです。主催者が意図したかどうかは分かりませんが、明らかに反政府運動・集会のような様相を呈していた、と。これでは、与党議員が参加するわけはありません。議員ならそんな雰囲気でも参加して、自らをアピールしろよってのはちょっと無理筋な主張ではなでしょうか。

 

批判ありきで議論ではなく、主張・要望だけなんですから…これでは政権交代でもない限り、政策の見直しは実現されないのでは。わたしは、こういう強硬な「運動」ではなく、より現実的な妥協案をもっていって「交渉」すべきだと考えます。

 

46288ce729922e698075a1a639f8dfb9 生活保護の必要性を訴えたいなら現実的な提言を

 

受給者側の発言について

さらに気になる点。厚労省の申入れで、生活保護受給者に主張をさせているんですが… 「生活保護費がまったく足りない」と口をそろえて主張しています。自民の生活保護基準引き下げでは、削減額は平均6.5%だったそうです。「まったく足りない」というと、削減前から足りていなかった、とも読めてしまいます。大幅増額を求めるかのような言いぶりには違和感を抱かざるを得ない。

 

他にも、「電気ストーブしか使えない住まいに住んでおり、電気代が冬季には6万円かかります。」などの主張がありました。月額6万円という意味なのかどうかは分かりかねますが、一般の感覚からすると大きく乖離している「現状」で、国民全体の理解は得られないでしょう。

 

やり方が下手

私は何も生活保護を否定したいわけではありません。本当に必要な人には受給させるべきだし、本当に足りないのであれば支給額を見直すべきだと考えています。しかし、改善のための運動の手法が、ヘタクソで、非現実的すぎます。政権に反対して、過剰に貧乏アピールすれば世の中を動かせる…そんなサヨク的な発想は、生活保護問題についてはそろそろ脱却すべきじゃないでしょうか。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • ハジメ
    • 2015年 12月 27日

    現実的な問題として、生活保護よりも受刑者の方が税金が使われている。
    俗に受刑者には月20万円以上の税金が使われているといわれている。
    生活保護の13万を大きく上回る。

    しかも社会の底辺に1度落ちた人間は再教育や生活習慣の改善にかなりの金額を費やす必要がある。
    社会主義だあろうとなかろうと、一番立場の弱い人間を考察する事のない社会は、その政治体制をながく維持できないであろう。

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る