2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

生活保護を食料クーポンに、次世代の党「正直者が馬鹿を見ない社会にします」

生活保護を食料クーポン式にするーー。と聞くと最初に浮かぶのはアメリカで行われているような(現在ではICカードでの支給が行われているようですが)フードスタンプでしょう。次世代の党、田沼たかしさんが公式ブログにてそのような方針を今後進めていくことを明らかにしています。「正直者が馬鹿を見ない社会」とは一体どんな社会なのでしょうか。



秋祭り、年金生保改革
各地の秋祭りにお邪魔しました。
恒例の餅つきにも参加。また、ラテン楽器や、回り続ける電池線なども、見せて頂きました。

雑談の中で「年金より生活保護の方が、受給額が高いのはおかしい」とのご意見をいただきました。全く同感です。それを正すために、我が党は誕生した、ともいえます。
年金自体、枯渇、破綻に向かってまっすぐですから、まずこの制度を抜本改革しなければなりません。我が党は、積立方式への移行を訴えています。

そして生活保護は、可能な限り、現物支給に切り替えていかねばなりません。住宅や、食料クーポン券など。

頑張る物が報われる社会、
正直者が馬鹿を見ない社会、
依存心を助長せず、自立心を応援する社会を、
次世代の党は作っていきます。

via: 秋祭り、年金生保改革|田沼たかしオフィシャルブログ「日本再生へ、教育維新!」Powered by Ameba

 

正直者が馬鹿を見ない社会、とは

少し噛み付くようですが、最初に「正直者が馬鹿を見ない社会」というものはどんなものなのか考えてみましょう。この言葉と生活保護や年金がどう絡んでくるのか不思議に思ったので。そのためにはまずこの言葉が何を意味しているのかを調べてみましょう。

 

悪賢い者がずるく立ち回って得をするのに反し、正直な者はかえってひどい目にあう。世の中が乱れて、正しい事がなかなか通らないことをいう。正直者が損をする。

via: 正直者が馬鹿を見るの意味 – 国語辞書 – goo辞書

 

とのこと。このブログの内容を鑑みると、どうやら生活保護受給者を悪賢い者として認識し、それによって正直な者はかえってひどい目にあうと言いたいようですね。正直な者は、この場合はおそらく生活保護受給者ではない人を指しているのでしょうか。

 

筆者が言いたいことは一つです。生活保護受給者は悪賢い者ではない、という極めて単純なことです。不正受給が問題だということはもちろん事実ですが、不正受給が問題だから生活保護というシステムそのものが問題だという考え方には誤りがあるでしょう。

 

毎年自動車事故によって発生する死者数を考えたときに、自動車を使うというシステムそのものを簡単に否定する人はほとんどいないでしょう。それは、それ以上の効用が明らかに見出されているからです。

 

生活保護、の本来の在り方

 それでは生活保護というのは悪賢い人のためのものでしょうか? そんなはずはありません。生活保護の受給者の本来の対象は以下の条件を満たした人になります。

 

1.援助してくれる身内・親類がいない。2.貯金や土地といった資産を持っていない。3.他の援助制度での援助が存在しない。4.働くことができない状態である(働いていても最低レベルの収入を満たしていなければ受給が認められる)。この4つが基本的な条件になります。

 

一旦、よくニュースで見るような「不正受給者」なる像を頭から消してこの条件に合う人を想像してみていただきたい。味方になってくれる家族はおらず、貯金や土地もない生活の安定がまったくない生活。その上他に頼れる公的援助もなく、(ケガや病気などで)働くことが困難な状態です。

 

貧困というのは「余裕がない」状態を指すと言われます。何にも頼ることができず、ちょっとでも体調を崩してしまえばすぐにでもいまの生活が維持できなくなってしまっている状態ということですね。

 

これに近い例としては、最近あまり騒がれなくなったネカフェ難民という問題があります。彼らは日雇いで働き、毎日その日その日の連絡を待っています。派遣会社から連絡があればその日は働くことができるので、ネカフェに泊まってシャワーを浴びたり、余裕がある日は服を洗濯したりすることができます。

 

しかしながら風邪をひいたり、あるいは仕事の連絡が来なければその日の収入はありません。蓄えを持てるほどの金額を稼ぐことはできないので、ネカフェに滞在することさえできなくなります。外で眠り、次の日はたとえ体調が悪くとも仕事の電話を待つ他ありません。

 

とはいえ客観的には彼らは「働くことができている」わけですが、これを健康な状態ということはとても出来ないでしょう。このような「頼ることのできるもの」がなにもなく、生活の安定がまったく見えない生活をしている人こそが、本来の生活保護受給者の対象となる人たちです。

 

悪賢いもの、とはかけ離れた現実

私は、本当に「生活保護受給者」なるもののイメージが一人歩きしていることに危惧を覚えます。もちろん様々なシチュエーションがありますから、人によって異なるイメージを持ってしまうことは仕方がありません。しかし、一般的には上記のようなシチュエーションよりも更に不安定な状態で生活している人が大変多いのです。

 

先ほどの条件に加えて小さな子どもがいたらどうでしょう。加えて重い持病があったり、DV被害にあって住民票の変更すらできない人たちはどうでしょう。私たちが想像することのできる世界よりも、もっと「貧しい」世界というのは存在しています。

 

雑談の中で「年金より生活保護の方が、受給額が高いのはおかしい」とのご意見をいただきました。

via: 秋祭り、年金生保改革|田沼たかしオフィシャルブログ「日本再生へ、教育維新!」Powered by Ameba

 

というブログの内容がありましたが、これのどこがおかしいのでしょうか。そもそも現在の年金受給額は払った分よりも多くもらっています。まともに働いてきちんと支払うことでそれよりも多くもらえているのならば、それ自体大変幸運なことです。「働くことができる」ことも含めて。

 

生活保護を受給している間は満足に財産を持つこともできません。将来の蓄えもありません。働くことが困難ですし、働くことで受給額が減ることから勤労意欲を削ぐようなシステムになっているとさえ言えます。(個人的には、勤労努力ないし教育を受給と義務付けることがベターかと思います。ブレア時代のイギリス政策と同じですね)

 

まとめ

ということで、ざっと生活保護の在り方と本来の姿について書いてきました。そして、そのような人たちが「悪賢い人たち」と思う人はあまり多くはないでしょう。一部の不正受給者の明らかにおかしい生活を見て、そのようなイメージを持つのは仕方がないことですが、「木を見て森を見ず」愚かしいことです。

 

しかも、生活保護などをニュースなどでしか知らないような(特に不正受給者に関する報道)人たちがそのような印象を持つのはよいとしても、このような公の人間が発してよい表現ではないでしょう。大体フードスタンプにしたところで「依存心を助長せず、自立心を応援する社会」になるわけがないでしょう。美辞麗句で適当なことをいっているだけで論理のつながりがまったくありません。

 

どんなシステムにも不備はありますが、不備があるからそのシステムそのものがダメ、という論理にはなり得ません。単純に物事を考えていい時とダメな時があり、政策決定は間違いなく後者でしょう。謝った印象による生活保護への視線の先鋭化は恐ろしいことだと思っています。

 

関連記事

 

46288ce729922e698075a1a639f8dfb91 生活保護を食料クーポンに、次世代の党「正直者が馬鹿を見ない社会にします」




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (14)
    • キジトラさん
    • 2014年 11月 18日

    ご高説もっともですが、生活保護を食品クーポンにすることがダメな理由にはなっていませんよね…?
    わざわざ多額の現金を与える必要性が見えないのですが…?

      • キジトラさん
      • 2014年 11月 19日

      >生活保護を食品クーポンにすることがダメな理由にはなっていませんよね…?
      生活保護を受給すること自体を「悪賢い」とみなす思考を問題にしてるんだよ
      論点ずらしするな、ボケが!!!

      >そもそも法律違反だし。
      だったら裁判しろよ、勝てるんだろ

    • キジトラさん
    • 2014年 11月 18日

    私も生活保護は最後のセーフティネットとして絶対に必要なものだと思ってます。
    ただし精度的に色々と改定していかないといけない時期にきてるようには思います。
    その手段のひとつとしてクーポンという考えなのでしょう。この議員は。

    このクーポンの意味合いですが管理人さんの言う生保全否定じゃないと思います。
    多分、生保もらってパチンコに使ったりすのがダメで、それが正直者がバカを見ると言ってるのでは?

    生活保護受給者の中でも真面目に生活している人もいれば生保でギャンブルする人もいる。
    また不正受給者はキャッシュじゃないと嬉しくないんだろうな、というのも想像できます。
    そういう意味合いで正直者という表記になったのではないでしょうか?

    生活保護制度は絶対に必要です。でも、その必要さを理解できない国民もいる。
    だから、このスタンプは不正受給を減らすのと国民に対し生保の理解を求める(=イメージアップ)アピールなんじゃないかと思いました。

    • キジトラさん
    • 2014年 11月 18日

    生活保護=不正受給者のイメージをこれ以上蔓延させないための方法論の一つでしょ
    現金支給だと欲求や誘惑に勝てずパチスロ酒タバコ風俗に使っちゃう人もいるし
    そういうのを断つことで自立心向上に繋がるなら食料品に支援を限定するっていう提案

    ちなみにクーポン受給のモデルは米国のフードスタンプだろうけど対象は食料品に限定され
    酒タバコ等の嗜好品も除外されるがクーポンを転売して再受給する手口が問題になってたりする

    なんにせよ不正受給者と税金の負担額の増加を見ても現実的に制度改革は必要であり
    それで現状の正当な生活保護を受けてる人に影響が出てしまうのはやむを得ないだろうから
    改革で不正受給者の排斥や受給金の使用目的の適切化が成されれば結果的に
    正当受給者に対してもより良い支援に繋がるのではないかと

    • キジトラさん
    • 2014年 11月 19日

    論点のすり替えは朝鮮人や左翼がよく使う手口。
    不正受給が悪と言っているのであって、生活保護受給者を悪と言っているのではない。
    事実を捻じ曲げ論説をでっち上げ、朝日とそっくりだな。
    まずは外国人への支給を即刻廃止することだな。
    そもそも法律違反だし。

      • キジトラさん
      • 2014年 11月 19日

      外国人への生活保護支給は「法律違反」と言うネトウヨ脳
      根底にあるのが外国人や貧民への差別や嫌がらせだからバカなことばっか言ってんだよな
      生活保護法と塩見訴訟くらい読んでからほざけよ

        • キジトラさん
        • 2014年 11月 19日

        じゃあ「違憲」とでもいえばいいの?

        生活保護は日本の社会にとって必要不可欠なシステムだと思うけど、不正受給は防ぐべきだろ
        生活保護でパチンコなんかをやるのも論外
        「高価な酒」「タバコ」「パチンコ」「ギャンブル」は「最低限」文化的か?

        ただ金を支給するだけより、フードスタンプの様に食料品や生活必需品を受け取れる
        システムの方が不正受給等を防ぐことが出来るじゃん

          • キジトラさん
          • 2014年 11月 19日

          法律違反でも違憲でもねーよ。何を根拠に訳のわからんこと言ってんだ。

          全体の0.5%未満にすぎない不正受給を防ぐ名目で大部分の受給者の生活を圧迫することが問題なんだろ。クーポンで国が指定したものしか買えないってどこの収容所だよ。それで受給者の更正率が上がることもないだろうしな。

          だいたい窓口の調査がザルだから不正受給が発生してるのにそのしわ寄せが正当な受給者に行くなんて馬鹿な話はねえよ。行政の怠慢は行政が責任持って対応すればいい。

            • キジトラさん
            • 2014年 11月 22日

            普通に違憲だよ

    • キジトラさん
    • 2014年 11月 19日

    言ってることは一理あるがフードスタンプにすることがダメなわけでもないだろう。
    食費の額は人によって違うから最低限の食費用にフードスタンプ出して残りは現ナマで良いでしょ

      • キジトラさん
      • 2014年 11月 19日

      やるメリットがないでしょ
      フードスタンプにすることで行政のコストは増して、受給者は食いたいもんすら好きに選べない不自由を押し付けられる
      それで得られるのは現状でも0.5%未満の不正受給が少し減る程度だ
      アメリカではチケットを不正受給して転売する奴が問題になっているし抜本的な対策にはならないだろうな
      つまりフードスタンプにしても受給者の生活が苦しくなるだけなんだよ

    • キジトラさん
    • 2014年 11月 20日

    >やるメリットがないでしょ

    そりゃ生保をキャッシュで貰わないと困る人はそうなんでしょう。

    >フードスタンプにすることで行政のコストは増して、受給者は食いたいもんすら好きに選べない不自由を押し付けられる

    犯罪取り締まるなら警官増やす。コスト増える。
    生保受給を正常にする、コスト増える。これあたりまえ。
    むしろ、そのコスト増が適正コストという話ですよ。

    >それで得られるのは現状でも0.5%未満の不正受給が少し減る程度だ

    減ればいいじゃん。
    甘い汁吸おうとする人間が減るのはいいことよ。努力を怠るな。

    >アメリカではチケットを不正受給して転売する奴が問題になっているし抜本的な対策にはならないだろうなつまりフードスタンプにしても受給者の生活が苦しくなるだけなんだよ

    あなたみたいに必死になる人がいるわけですよ。
    つまりフードスタンプは効く。ということ。

    もうちょっとうまく工作しなさい。頭悪いよ。サヨクは元々バカなんだけどさ。

    • ネット175
    • 2014年 11月 20日

    そのうち「一部の不正受給者のせいで本当に困ってる人が受給出来ない、不正は厳しく取り締まれ」とか「受給者の生活態度が問題、まともな受給者のために改めろ」ってテンプレが書き込まれるんでしょうけど
    補足率20%台の現状と雀の涙ほどの不正受給率を見ればむしろ他のOECD各国より明らかに厳しく審査してるわけで、不正を警戒しすぎる審査から弾かれたから受給出来ない人が多数発生してるのが現状でしょう
    そして受給者に最低限度の生活を求め、そうでないものを不正扱いしても人によって最低限度の受給額は違いますし、そこにプラスαで自立に必要な経費がかかるわけで、受給者にある程度の余裕が発生するのを防ぐのは“受給者の中での最底辺以外”を弾かなきゃ不可能なはずです。
    何より受給者に極度な清貧を求める態度が現状生活保護のスティグマ化を促進しているのですから、むしろ真面目な人ほど避けたがるようになる可能性もあります。

    • キジトラさん
    • 2014年 11月 20日

    お金もらえなきゃ就職活動できなくないですかね

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る