2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

生活保護受給額を下げられ続けている家庭、集団訴訟へ

ギリギリで生きている生活保護受給家庭への支給額がどんどん下がり続けているということで滋賀の受給者12人が集団訴訟に踏み切りました。憲法違反とのことですが、一体どんな結論になるあのでしょうか。



 生活保護費の引き下げは憲法に定める生存権を侵害しているとして、滋賀県の大津市、守山市の受給者らが22日、両市を相手取り、引き下げ処分の取り消しと国に1人1万円の慰謝料を求める訴訟を大津地裁に起こした。

 訴えを起こしたのは、両市に住む33~83歳の受給者12人。訴状によると、生活保護費は3年間で平均6・5%削減されており、憲法が保障する最低限度の生活を営めないとしている。

 弁護団の永芳明事務局長は「国は『物価が下がっている』と引き下げ理由を説明するが、計算方法が統計学上の初歩的なルールを逸脱しており恣意(しい)的だ」と指摘。原告の男性(83)は「食費を切り詰めて生活している」と訴えた。

 同地裁では平成26年10月にも、大津市、草津市の男性受給者5人が両市と国に同様の訴訟を起こしており、現在係争中。生活保護費の引き下げは25年から3段階に分けて実施されており、各地で同様の集団訴訟が起こされている。

 永芳明事務局長は「生活保護基準は保育料の算定など、市民生活に広く関わる。受給していない方にも関心を持ってほしい」と話していた。

via: 生活保護費切り下げは憲法違反 滋賀の受給者12人が集団訴訟 – 産経WEST

2de939c4 生活保護受給額を下げられ続けている家庭、集団訴訟へ

生活保護とは

憲法によって保障されている「生存権」を現実のものとするために行われている施策、それが生活保護です。貯金や高価なもの、助けてくれる人がいない人達を保障するために存在しています。受給要件はかなり厳しく、まさに「無一文」レベルまで追い詰められないと得られない生活保護。

 

そんなギリギリな人達が生きていくための施策である生活保護の支給額が、ここ3年で6%以上も引き下げられているということで滋賀の受給家庭12名が集団訴訟に訴えたといいます。憲法違反というのがその理由ですが、実際そのロジックで戦うことが出来るのでしょうか。

 

誰が受け取るべきか?

生活保護はネットではかなりボコボコに叩かれることが多い印象ですが、生活保護の最大の問題は「本当は必要ない人が不正に受給しているのではないか!?」ということではなく「本当に必要な人達にとどいていないのではないか」として設定されるべきものです。

 

不正受給の割合は全体の2%以下とも言われていますが、「本当に必要なのに届いていない」割合は実に80%とも言われています。

生活保護の捕捉率とは、生活保護基準以下の世帯で、実際に生活保護を受給している世帯数の割合のことをいいます。 日本の生活保護の捕捉率は今までの調査で見ると20%程度であろう。 生活保護基準以下の低所得者で生活保護を受給していない人が80%もいるという事になる。

不正受給の人も勿論問題ですが、そんなことより「本来は受けとるべき人達が受け取っていない」ことのほうがずっと問題なわけです。にも関わらず、いま受給している人達を不当に追い詰めるのは国家として避けるべき振る舞いであることは当然です。

 

6%の重み

6%の減額って数字だけで言ったらわかりづらいようにも思いますが、実際は貧困世帯であればあるほど非常に重たい負担となることは火を見るよりも明らかです。低所得層である150-200万円程度の収入だとしたら、実に12万円も減ってしまうわけです。月に16万円くらいの支給額から1万円が引かれるレベル。

 

そもそもカツカツな状況から1万円が引かれるって、その1万円の重みって所得が平均以上の人には絶対わからない重みがあるんです。食費を月に2万円とか1.5万円まで切り詰めている人からすればとんでもない重さです。

 

気軽に下げることの出来る額では全くありません。

 

ちなみに、こういう記事を読むと必ず「そんなにもらえるんだったらおれだって生活保護を受けたい」という人がいますが、そういう人は急いで市役所に行って受給資格があるか確認するべきです。生活保護は、本当に生活に困っている人のためにありますから。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る