2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

精神的な貧困を解決するにはどうすればいいのか?

貧困に陥ると合理性を欠いた判断をしてしまう

人は貧困に陥ると経済的合理性を欠いた決断をしてしまう。

 

…との内容のGigazineの記事を発見しました。合理的な行動ができないから貧しいんじゃなくて、貧しいから不合理な行動をとってしまうんだっていう話。なんとも逆説的に感じられて、新鮮な切り口でした。貧困が貧困を生む「負のスパイラル」ってのは、こういう側面からも説明できるのかもしれません。

 

 精神的な貧困を解決するにはどうすればいいのか? なぜ貧困に陥ると間違った決断をしてしまうのか?そこには避けられない心理的要因があった – GIGAZINE





長期的な視点を持てなくなる

さて、Gigazineの記事では、貧困にあえいでいる人の決断が間違っている理由、その心理的要因について、説明がなされています。

 

  • 絶望感から、長期的な展望・希望を抱くことをやめてしまう
  • とりあえず目の前にある課題に集中し、将来のことは目を逸らす

 

つまり、短期的な視点でしか物事を見ることができず、「将来貧困から逃れるために○○しよう」っていう長期的な展望を持てないから、貧困な状況の人々は合理性を欠いた行動をしてしまう…。

 

この説明、実際に貧しい状況に陥った人ならすんなり理解できるはずです。わたしが月収10万円以下の最底辺の暮らしをしていたときも、まさにこんな心理状態でした。今日・明日のタスクを処理することだけに追われる日々…将来のことを考える余裕がないからじゃなくて、将来のことを考えてもどうしようもないからとりあえず目の前だけを見るって感じです。

 

こういう貧しい人たちの行動・決断は、貧してない人には「不合理」にうつってしまいます。だから、頭が悪い・おまえが悪い・そんなことしてるから貧しいんだよ、って批判が出るんじゃないかなぁ、と。

 

将来のことを考えない「貧しい親」を見て育つ子供の場合には、問題はより深刻になります。子は親を見て育つってのは事実です。将来的な展望を抱かない親の思考が、子供に伝わってしまう。そういう子は、長期的な展望を抱くっていう発想すらない可能性があります。

 

dd649e818240c2149fd8c8bdd1487b35 精神的な貧困を解決するにはどうすればいいのか?

 

精神的な問題はどうしょもない

さて、貧困に陥ると誤った判断・思考をしてしまう。これが事実だとすると、どうやれば貧困を減らしていけるんでしょうか。…これは心理的・精神的な問題なので、非常に難しいように思えます。それこそ宗教か洗脳のようなもので啓発しなければ、どうしようもないんじゃないかと思えるほどに…。

 

合理的な判断を具体的に示して、根気強く将来的な展望をもつ習慣をつけさせていくってのが次善の策なのかなぁ。何かいい方法がないものか、今後も考えていきたいなぁと強く思いました。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る