2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

世界市民ではない、と感じる先進諸国の限界と苦悩

世界市民、という言葉が似合うのは先進国。そんなイメージを壊すアンケート結果が出たようです。なんと新興国の半数以上の人が自分はその国の国民ということ以上に、世界市民であるという意識を持っているというのです。



自分は自分の国の国民なのか、それともむしろ「世界市民」なのか。自分は「世界市民」だと考える人が、先進国よりも新興国で高い傾向にあることが、BBCワールドサービスがカナダの民間調査会社グローブスキャンと共同で行った世論調査で明らかになった。

18カ国2万人以上を対象にした調査からは、新興国の人々が海外に関心を持ち、国際的な意識を高めている結果が示された。

新興国では、半数以上の56%が自分を国民としてよりも、まず第一に世界市民だと考える、と回答。特にナイジェリア(73%)、中国(71%)、ペルー(70%)、インド(67%)で割合が高かった。

一方、先進国では世界市民という考え方は後退しているようだ。2008年の世界金融危機が大きな影響を及ぼしたとみられる。ドイツの場合、世界市民の意識を持つ人の割合は30%にとどまった。グローブスキャンのリオネル・ベリエール氏によると、30%という割合は、15年前に調査が始まって以来の低水準だという。

 

via: 「世界市民」意識 先進国より新興国で高く=BBC調査 – BBCニュース

 

アンケート結果の概要

さて、本題に入る前に改めてどんなアンケート結果だったのかを確認していきましょう。対象者は18ヶ国、2万人です。特にナイジェリア(73%)、中国(71%)、ペルー(70%)、インド(67%)で世界市民と考える割合が高かったとのこと。

 

それに対して、いま難民問題などで揺れるドイツではその割合は30%という結果に。これは非常に面白い結果だと思います。この時代背景と世界市民意識への影響は間違いなく関係しているでしょう。(ちなみに一番低いのはロシア)

 

世界市民とは

そもそも世界市民という言葉が意味することはなんなのでしょうか。正直極めて多義的でぼやっとした言葉なので、アンケートの結果にも信用を置けない部分はあります。

 

1つの例としては、「ナショナリズム的ではなくコスモポリタニズム的だ」ということを指す言葉として使われることがあります。すなわち、国境や国籍を重視せずに「私たちはまず人類という同胞である」という考え方です。

 

そこから転じて、難民や移民の受け入れに積極的であること、世界中どこでも働けること、経済的に力があることなどが世界市民としての言葉に仮託されている可能性は十分になります。

 

そう考えてみると、ドイツがいま難民の受け入れに対して消極的であるということと今回の世界市民であるという意識がかなり低いということとも繋がって捉えることができそうです。

 

要するに、国境や国民の民族性や文化の同質性を重視し、その内側の人間を外側の人間よりも優先する態度と言い換えていいかもしれません。(もちろんこのような考えは簡単に狭量だと否定することは出来ません)

 

hands holding earth 世界市民ではない、と感じる先進諸国の限界と苦悩

なぜ途上国で割合が高いのか

データが少ないので何か確信的に言うことは難しいですが、少しデータとして気になるのは18ヶ国に対して調査を行っているのに人数で言うと2万人という部分です。

 

これは1ヶ国当たり千人程度しか調査をしていないということになります。その国家の中のどのような層に調査をしたのかも記事の中では明らかになっていません。

 

私が何を言いたいかというと、もしも途上国のエリート層を中心に調査をしたらこのような結果になるのも納得だということです。グローバルで活躍しているビジネスマンや高学歴の人間ほどコスモポリタニズム的な傾向を持ちやすいとよく言われています。

 

それは彼等が文化や言語の違いを乗り越えて世界中で活躍し、民族や国籍の違う人間ともコミュニケーションしているからです。偏見が少ない分、人類皆同胞という感覚を持ちやすいのだと想像出来ます。

 

まとめ

途上国の方は正直データをどのように取ったのかが明らかになっていないのでよくわかりませんが、先進諸国の割合が下がっていることにはなんらの驚きもありません。

 

国境というものの意義を弱めようとする働きが極めて強いグローバリゼーションの中で、その負の側面が明確に示されているのが昨今の欧州情勢ですから。

 

世界市民であると胸を張りたくとも、国境を堅持して出来るならこれ以上難民などの受け入れをしたくない以上はそうも言っていられないのが現実といったところでしょうか。

 

むしろこの状況で世界市民と胸を張られたら、そのほうがちょっとびっくりですよね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る