2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

選挙に行かないよりは白票を投じるほうがマシ? 

白票について

選挙情報プラットフォームの「政治山」が「白票」についての記事を書いていました。

 

選挙で何も記入せず白紙で投票したら、投票率には反映されるけど、無効投票として計算される…これだけを説明したシンプルな記事。

 

今回は、この記事に書いてあることを前提にして、白票について論考してみたいと思います。





選挙に行かないより白票の方がマシ?

「誰も支持したい人がいない場合には、選挙に行かないよりは白票を投じた方がマシだ」という主張をよく耳にします。白票であっても投票率にはカウントされるので、投票の効力はなかったとしても一応権利を行使したことになるし、政治に携わったことになるってことなんでしょう。

 

この考えもわからないではないのですが…

 

わたしは、「白票を投じるのはもったいないから、意見が少しでも近い人に投じるべきだ」(1)、と考えています。さらに言うなら、「少しでも自分の票が死に票とならないような投票」(2)を心がけたいと思っています。

 

自分に意見の近い人を探す

まず、(1)について。 様々な立候補者がいたとしても、自分と100%考え方が合致する候補者なんてほとんどいません。その人のいうことなら信じられるからついていくって考えもアリかとは思いますが、ちょっと受働的すぎるので好みではない。

 

自分がどの政策に重きを置いているのかを明確にして、各候補者の意見を比較して検討してみる…。 この比較・検討の過程って結構大事だなぁと思っています。

 

ちょっと脇道にそれますがグチを…国政選挙の場合には、マニフェストや政見放送などである程度考えを知ることができるんですが…(田舎の)地方選挙の場合には、選挙カーは候補者の名前を連呼するだけで新聞にもきれいごとしか書いてないって場合が非常に多い。演説会に行かないと政策・考え方などを知ることができないってのは若者の選挙離れを助長させてしまうんじゃないかなぁ。

 

死票にならないために

次に、(2)について。せっかく投票するんですから、自分の投票が少しでも議席に反映されてほしい。わたしはこのように感じるので、白票を投じたことはありません。

 

小選挙区の場合には、支持していない政党であっても、少しでも勝てそうな人に投じる。比例の場合には、自分が支持している人に素直に投じる。 たとえば、共産党支持の場合、小選挙区では共産党が勝つのはほぼ無理なんで、無理して共産党に入れずに比較的考え方が近い民主に入れて、比例で共産に入れる…このように選挙の方法に応じて投票の仕方を変えるってのも一つの「楽しみ方」なのかなぁと思っています。

 

選挙・投票に興味がない人に興味を持たせるために、「白票だけでも」っていうのってはたして効果があるんだろうか… 「あなたの投票が実際の政治に影響を与えるんですよ」という方がアプローチとしては少しはマシな気も…。 まぁ、白票投票自体は否定はしません。好みの問題かなぁとも思っています。

 

記事引用

ブロゴス:投票しても無効になる白票の行方 から引用

 

 今年(2014年)3月23日に実施された大阪市長選挙は、都構想をめぐる対立をきっかけとした出直し選でした。橋下徹市長の仕掛けが強引であると批判を受けたことや、主要政党が候補者擁立を見送ったことから有権者の関心が極めて低く、投票率は大阪市長選としては史上最低の23.59%。また、約4万5000票の白票が投じられたことも話題となりました。

 

 さてこの白票、どういう扱いになるのでしょう?

 

 白票とは、選挙で何も記入せずに白紙のまま投票した票のことです。有権者が投じた票ですから、投票率にはカウントされます。しかし、投票の効力としては無効となり、「無効投票」として計算されるのです。

 

 ほかにも無効となる投票があり、公職選挙法第68条に列挙されています。白票以外の無効投票には、どういうケースがあるのでしょうか?一例をご紹介します。

 

・決められた投票用紙を用いない投票

・候補者以外の氏名を記載した投票

・2人以上の氏名を記載した投票

・候補者の氏名以外のことを記載した投票(他事記載)

・どの候補者について書いたのか確認できない投票 など

 

 これらの投票は無効投票として計算され、選挙の当落を決める効力はありません。

 

 一方、当落を決するための票を「有効投票」といい、白票や他事記載の票などの無効投票を除いた票がこれに当たります。候補者の得票数は、有効投票の数なのです。

 

関連記事

 

f553d4efea11608b700224e133552c4d 600x410 選挙に行かないよりは白票を投じるほうがマシ? 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (9)
    • おすわり
    • 2014年 6月 05日

    白票とかより、選挙率の低さが根本的な問題であって、
    立候補者の資質や選挙制度の改善が重要なんじゃないの。
    木を見て森を見ずなコメントだと思う。

    • 名無しの奈々氏
    • 2014年 6月 06日

    「死票にならないような投票」?
    ただ単に「当選しそうな候補者に投票する」ってことか?
    アホ過ぎる!

    • キジトラさん
    • 2014年 6月 06日

    自分の意見に近い人を探すというのは解る
    どれだけ投票率が低くても必ず当選者は出てしまうから

    でも死票にならないようにってのは本末転倒
    当選しそうな人に投票するなんて、もう民主主義の意味が無くなる
    そんな適当な投票をするくらいなら投票しない方がマシ、というか国籍変えて投票権捨てた方が良い

    • キジトラさん
    • 2014年 6月 06日

    投票行かないなら白紙委任状に印押してるようなもんだしね

    • キジトラさん
    • 2014年 6月 06日

    投票者じゃなく、有権者の何割かがなければ無効、決選投票にとかしてほしい。

    • キジトラさん
    • 2014年 6月 10日

    私もなかさんと考え方が近いです(ていうか本記事の内容で言うと同じ)
    あと、政策近い人を選ぶとき2~3個合致したら十分かなーと思ってます
    そりゃより多いほうがいいですけど、10個あるうちの半分も重なれば万々歳
    まあ、一点突破方式で選ぶ人もいるんでしょうし、それは人それぞれってことで
    やっぱり投票率の低さが…どうにかあげたいですよね

    • hal
    • 2014年 12月 13日

    なら、選挙に行くの止めた

    • キジトラさん
    • 2016年 6月 26日

    若者は白票でも何でもいいから投票には行くべき
    そこからようやく老人優遇政策の改善の道が開けてくる
    現状、若者は政治家にほとんど気にされていない
    「どうせ来ないから」と思われてるわけだ

    • キジトラさん
    • 2016年 6月 30日

    若者は老人有利の社会でいいのか?
    別に人を選べとは言っていない。
    ただ、若者として老人有利か若者有利かどちらが良いんだ?
    お前が選挙にいって若者重視の政策を掲げているやつでも白票でもいいから投票すれば、若者重視の政権になるんだぞ?いや、なるかは分からんが、しなければ絶対にならんぞ。すればなるかも知れない。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る