2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

選挙に行くのは国民の義務?

衆院選の投票率は過去最低

12月14日投開票の2014年衆議院選挙、投票率は52.66%(小選挙区)と過去最低の数字となりました…

 

特に若者が選挙に行かなくて云々…などと、いつもの議論になっている感じです。で、この議論を受けて、元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏が頓珍漢なことを言っています。

 

曰く「選挙。国民の義務ではないから行かなくてもいいんです。民主主義の正体は単なる多数決システムだから、若者が興味がわかないのも当然」

 

いつものことながら、長谷川豊氏の論理展開にはなかなか同意できません。





国民の義務ではない?

まず、国民の義務ではないという文脈。日本は義務選挙制ではなく任意選挙制だってのは事実ですが…その根拠を、憲法の義務規定に求めて、国民の義務は3つですって言っている点が間違っている。憲法は原則として権利を定めるもので、義務については法律が担当するってのが立憲主義の基本です。憲法で義務になっていないから、国民の義務じゃないよねって論理展開はちょっと恥ずかしいw

 

公選法に「罰則付きの義務規定」を導入すべきだって意見もあるみたいですが、わたしは努力義務規定くらいは定めるべきではないかなぁと思っています。権利の上に眠る者は保護に値せず、という法諺もあります。先人たちが必死につかみ取った参政権、それを「興味がないなら行かなくてもいいんです」と言い放ってしまうのはちょっと無責任すぎるかなぁというのが個人の印象。

 

「興味がないから選挙に行かない」という意見が長谷川氏のブログに掲載されていましたが、逆じゃないかな。選挙に行かないから興味がわかない。選挙に行くと、自民党勝利って決まっている選挙戦でも開票結果が気になるものです。

 

民主主義は多数決?

次に、民主主義は単なる多数決システムだって言い放っている点。これも、民主主義とは何か、という話を少しかじっていたら即論破できるトンデモ理論ですw 民主主義と多数決の違いは、議論を尽くすことにあります。少数派の意見でも無視せずに、話し合って決める。これが民主主義です。

 

与党が衆院で3分の2を確保している状況では、与党の法案ばかりが通ってしまう。これは事実ですが、国会での野党との議論の中で条項が修正されることもあります。

 

単なる多数決で政治は動いているんだから、若者は選挙に興味がなくて当然、なんて理屈は、野党の存在を全否定・民主主義を全否定しているに等しいんじゃないかなぁ。

 

選挙、行かないより行った方がいいに決まっている、ってのがわたしの意見です。

 

記事引用

選挙、義務じゃないですからね。安心してください。

いいですか?国民の義務は3つです。
・税金を納めること(納税の義務)
・しっかり働くこと(労働の義務)
・子供が生まれたらちゃんと勉強させること(教育の義務)

選挙はね、「権利」です。放棄するのは全然勝手です。特に今回のケースは2週間以上前から「自公で300議席超!」って報道が出まくっていて、いくらなんでもそこまでワンサイドゲームになったら興味がなくなるのも当然なんです。

僕、聡さんの感覚の方が絶対、普通だと思いますよ?

自民党を応援してる人も、自民党に反対票を投じたい人も、あんな報道出て、選挙に行く気になるわけないじゃんね?ものすごいお金かけた調査で、「300超!」とか出てるんですよ?普通、あ、そうっすか、になります。

もう一つ、これは何度も僕のブログで書きましたが、今回の選挙はあまりにも野党が体たらくでした、体たらくっていうか、みんなの党にいたっては無くなってるしね(涙)。選挙どころじゃないし。投票したいところがないんだもの。聡さんの方が絶対に「普通の感覚」です。全く悪くなんてないですよ?それでもいいんです。もちろん、行った方がいいとは思うけどね?無理に行くことなんてないんです。ましてや、責められる必要なんてないですからね。

日本という国は、みんなで作っています。それを民主主義って言います。

で、民主主義のいいところと悪いところがあって、民主主義ってね…「民衆の、民衆による、民衆のための政治」なんですね。なので、みんなでどんどん参加すべきだったりします。でも、民主主義ってね、言葉を変えますとね、「今生きてる民衆の、今、大多数を占めてる民衆による、これから大人になるガキどもなんざどうでもいいので今生活してる人間たちのみが都合のよくなる政治」ともいえるんです。リンカーンっていう髭のおっさんがいて、とっても偉い人ではあるんですけど、そのおっさん、そこのところをうまいことごまかしてんですね。「民主主義」ってのはただの「多数決システム」でしかなくて、いい面も悪い面も当然あるんです。

で、その民主主義の悪いところが、日本では出まくってるんです。少子高齢化の影響です。これも僕のブログで何度も指摘しているので、興味があったらさかのぼって読んでみてくださいね。

ここまでジーさんたちが多くなりすぎると、年金政策をはじめとした年寄り政策を重視しないと選挙に当選しないから、若者なんてほっとかれるんです。しょうがないんです。だって国のお金のパイってのは決まってるんだから。若者に投入しようと思うなら、どっかから持ってかないといけないんだし。

今の日本って、65歳以上の人口がすでに3000万人を超えています。この人たち、みんな選挙権持ってるんです。僕は65歳以上の人間、もう投票権をはく奪すべきだと思ってるんだけれど、その票に支えられてる自民党がそんな法案、通すわけないしね。

そんな訳で、じじーとばばーが喜ぶために、今年も50兆円とか、意味の分からない借金がまた加算されています。収入40兆円しかない国がね(笑)。現在、借金、GDPの倍以上の1000兆円、絶賛突破中。

僕らが返すんだって。どうやって返そうね?この借金。うひゃひゃ。

高齢者人口が多すぎて、若者が投票に行こうが行かなかろうが、何も変わらないっていう若者の意見は、実はそこまで間違っていません。自民党の大票田である、道路とか作る人たち、お医者さんや薬売ってる人たち、そして大企業のお金持ちたち…彼らの総人数はあまりにも多い。実際、多少の若者が選挙に行ったところで、確かにほとんど動きません。だって多数決なんだから。それが民主主義です。

via: 選挙?行かなくてもいいんです。-民主主義の正体-

 

関連記事

 

1b632a46a7358e3043c75b6c32c36380 選挙に行くのは国民の義務?




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (7)
    • zzz
    • 2014年 12月 25日

    義務って、国もあるようです。(罰金とか)

    選挙に行って投票するって事は
    日本をどうして欲しいかを
    間接的に決めるようなもの

    それか

    税金等の使い道を間接的に決める
    ようなもの

    と思って投票すると良いかも!?

    これは、自分も思うんだが
    議員削減はしない、汚職するわりに何回も出馬できる
    年2000万も3000万も税金から支出される…

    こんな輩が、一般国民の生活の何処を
    理解しているのか不思議でならない・・・

    • キジトラさん
    • 2014年 12月 25日

    こういう記事ではwを使わないほうがいいと思います

    • キジトラさん
    • 2014年 12月 25日

    んで、結局義務じゃないから

    • キジトラさん
    • 2014年 12月 25日

    >憲法は原則として権利を定めるもので、義務については法律が担当するってのが立憲主義の基本です。憲法で義務になっていないから、国民の義務じゃないよねって論理展開はちょっと恥ずかしいw

    ここ反瀬川さんは間違っていません。
    あなたの陸なら、もし義務だというなら法律に罰則がないとおかしいでしょ?

    >「興味がないから選挙に行かない」という意見が長谷川氏のブログに掲載されていましたが、逆じゃないかな。選挙に行かないから興味がわかない。選挙に行くと、自民党勝利って決まっている選挙戦でも開票結果が気になるものです。

    ここも長谷川さんが正しいです。
    なんで興味のない人が選挙に行くんですか?
    行くわけないでしょ?
    それをするなら完全義務化が前提になります。

    >次に、民主主義は単なる多数決システムだって言い放っている点。

    これは「最終的には」という事だと思います。

    >単なる多数決で政治は動いているんだから、若者は選挙に興味がなくて当然、なんて理屈は、野党の存在を全否定・民主主義を全否定しているに等しいんじゃないかなぁ。

    いや、だからもし多数決を否定するなら選挙自体がいらなくなるんです。
    最終的には多数決で物事が決まるのが民主主義です。

    もし多数決を認めないのなら一人の反対者がいることで何も進みません。
    そちらのほうが悪夢です。国連の常任理事会を見てください。
    あれこそが最悪の悪夢じゃないですか?

    >選挙、行かないより行った方がいいに決まっている、ってのがわたしの意見です。

    そんなの当たり前です。
    でも行きたくない人は義務ではないのだから拒否する権利がある。
    義務と権利の意味を勘違いしていませんか?
    長谷川さんは難しいこと言ってるとは思いませんがね。

    • キジトラさん
    • 2014年 12月 25日

    グローバル化が進んで、国という枠組みがそれほど重要視されなくなってきているのかもしれませんね。

    嫌になったら海外にいっちゃえばいいんですから。

    特に年配者は海外で老後過ごす人もいますし、それを見た若者が日本に拘泥する必要がないと思うのは、

    十分あり得ますね。

    • マカダミア
    • 2014年 12月 25日

    わけのわからない組織票で成り立ってる反日クズ組織の連中が発信してる疑問符だろこれ?

    • マカダミア
    • 2014年 12月 25日

    わけのわからない組織票で成り立ってる反日クズ組織の連中が発信してる疑問符だろこれ?

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る