2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

総選挙は責任逃れ? 1ヶ月間選挙するというのは愚行かもしれない

アメリカと北朝鮮の間で軍事行動が起きるかもしれないこのタイミングで選挙をするというのは、自民党が勝つという意味では良かったかもしれないが日本国のことを本当に考えるなら別の選択肢もあったかもしれない。





安倍首相は、平時の選挙などやっている場合なのか? そんなヒマがあれば、1億2000万国民の生命と安全を守る手段を講じるべきではないのか? 飛行機の部品が落下したくらいで大騒ぎする国なのに、ミサイルへの備えはどうするのか? 在日米軍基地周辺の住民は大丈夫なのか? 在韓邦人3万8000人はどうやって帰国させるのか? 日本海に船で押し寄せる北朝鮮の難民群にどう対処するつもりなのか?

img 2f3b4ce6cb130002f8e38279e6e82a99104409 総選挙は責任逃れ? 1ヶ月間選挙するというのは愚行かもしれない〔PHOTO〕gettyimages

北朝鮮有事への早期対応の代わりに総選挙というこの一点をとってみても、安倍政権の国民に対する無責任さを感じざるを得ない。600億円以上のカネと1ヵ月もの月日をかけて総選挙をやる余裕があるなら、韓国を見習って防空壕の一つでもこしらえるべきだと思う。

2012年年末に、国民が民主党(現民進党)政権を見捨てたのは、東日本大震災と福島原発事故、尖閣諸島を巡る中国との衝突など、外交・安全保障問題について、あまりに素人だったことが大きかった。だから後を継いだ安倍政権は、「地球儀を俯瞰する外交」を掲げて、対米、対ロ、対中、対韓など少しずつ関係改善を行い、長期政権の原動力の一つとなったわけだ。

 

via: 解散総選挙中の「米朝開戦」は、十分あり得るといえる理由(近藤 大介) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

 

緊迫する国際社会

もちろんこれから書くことは全て杞憂に終わるかもしれない。しかし、現実になるのかもしれない。安倍総理が選挙を選んだ。それはつまり1ヶ月間、日本政府は動きがかなり鈍くなるということだ。

 

これだけ北朝鮮とアメリカの間の空気が緊張していく中で、のんきに選挙している暇なんかあるのか? というのがこの記者が言っていること。私は何度か「選挙のタイミングとしてはベスト」という旨の記事を書いていたが、確かにのんきだったかもしれない。

 

この1ヶ月の間で、なんらかの外交上の軋轢が生まれて一気に戦闘行動が始まっても何もおかしくはなく、しかもその時には確実に日本に影響が出る。難民などがやってくる可能性も0ではないし、それどころか北朝鮮からの攻撃があってもおかしくないのだ。

 

そのような緊張した空気だからこそ選挙をして大勝し、改憲して軍備を強めたいという安倍総理の意向は認めた上で-そしておそらくはそれが成功するであろうことも認めた上で-今回の選挙はある意味でのんきなものだったかもしれない。

 

もしものことを考えると

ここまで緊迫した空気だからこそ、選挙をするでもなく、改憲に向けてひた走るのでもなく、国際情勢を俯瞰して捉えながら、アジアやアメリカと協働して北朝鮮に対して対話に向けての誘導をするべきだったのではないだろうか。

 

なんといっても、このタイミングでもしかしたら首相が変わるかもしれないのだ。これだけ入り組んだ関係でかつ一発触発という状態で首相が変わったり、もしかしたら与党が変わるなんてことになったら国際社会からしたら「なんでこの時期にそんな面倒なことを」と思うことは間違いない。

 

というかだからこそ安倍総理はこのタイミングで選挙をしたのだろうと思う。このタイミングで絶対に負けないという自信があったのだろう。しかし、それは繰り返すように党や自分自身のことしか考えておらず、日本国や国際社会との関係を考えていなかったのかもしれない。

 

祈るべきことは、これからの選挙期間において軍事行動が行われないことである。それにしてももしこれから戦争が始まるなら、あまりに穏やかすぎて信じられないというのが正直な気持ちだ。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2017年 10月 05日

    半年後、一年後に今より状況が悪化してる可能性もあるわけだからやれるうちにやっとくのはありだと思う

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る