キジトラ速報

【SEO】コンテンツの質と文章の長さについて
2015/08/29 20:02  コメント (0)
  • follow us in feedly

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 最強SEO対策

    根も葉もない最強SEO対策が話題になっていたので紹介。

     

    検索エンジンで上位表示をさせるためには、長文を書いて定期的に追記をして更新していくってのが現時点では最強。

     

    というのが、話題になっていた最強SEO対策です。

     

     【SEO】コンテンツの質と文章の長さについて 検索エンジンで上位表示をさせるためのSEO対策が、最近ではただの精神鍛錬になりつつあるという話。長文+追記が現時点では最強です。 – SONOTA


    長文+追記は有効か?

    当サイトでも、これまで複数のSEO対策やコツのようなものを書いてきました。わたしが運営しているサイト(キジトラ速報ではない)で扱っているのは、どちらかというとトレンド記事で、1つの記事を大事に育てるってのはあまりしないんですが…短いよりは長い文章の方が検索上位をとりやすいってのは事実です。追記についても、 ある程度の効果はあると実感しています。

     

    ただ、「長文+追記」っていう方法は、いまSEO業界で主流となっている「コンテンツSEO」とちょっと矛盾するような気もします。ちょっと整理してみます。

     

    コンテンツSEOとは

    「コンテンツSEO」とは、「ユーザーにとって価値のあるコンテンツを作っていけば自然と検索順位上位が取れるようになる」っていう考え方に基づいたSEO対策です。

     

    • ・ユーザーが求めている情報が書かれているか
    • ・関連性の高いキーワード(情報)がそろっているか
    • ・読みやすい文章となっているかどうか

     

    などが重視されます。

     

    コンテンツの質と長文

    で、これに対して「長文+追記」って方法は、コンテンツの質は低くてもいいからとにかく長文を書け、定期的に追記しろっていう方法。

     

    本来、Google側が求めている記事は前者(コンテンツSEOに配慮した記事)だと思います。しかし、現状として、「文章の質」ってのを十分に評価できないアルゴリズムに頼らざるを得ない。機械的に判断している以上、限界がある・抜け穴があるってことでしょう。

     

    今後、アルゴリズムの改善により、ただ長いだけのコンテンツは評価が下げられる可能性もあると思います。

     

    また、「長文+追記」という方法が手っ取り早くてある程度効果的なのも事実ですが…1000文字程度の短い文章でも、意外と検索上位をとれる場合があります。単に文章の長さだけでは評価してないよってことなんでしょう。

     

    756fb1ddfe717b70780f07717c2ec3d6 【SEO】コンテンツの質と文章の長さについて

     

    じゃあどうすればいい?

    …結局、どういう記事を書けばいいんだ、って疑問について私見を述べますと…

     

    • 1・1000~2000文字程度の記事をとりあえず出す(最低限の日本語力と情報量は保つ)
    • 2・検索でヒットしはじめた記事やキーワードに注目してPVを伸ばしていく

     

    って方法がベターかなと思います。同じような文章の長さで、同じような記事を書いても検索順位が違ってくることがあるので、そこまで深く考えず数うちゃあたる程度が効率的なのかなぁと。

     

    2の施策については、追記でもいいでしょうし、新たにそのワードについての記事を出すってのも有効。わたしはヒットしたキーワードについて新記事を作る方法でPVを伸ばしています。



    カテゴリー ブログ なか ネットビジネスを専業にして生活していくための方法

    関連記事

    コメントする

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    サイトマップ