2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

SEOの観点からとらえなおすウェブライティング4つの手法 

ウェブライティングの作法

今回は、ウェブライティングの代表的な「作法」を紹介しつつ、SEO的な意味合いについても補足解説していきたいと思います。

 





1.結論は冒頭に書く

文章の最初の部分は、「リード文」と呼ばれています。ウェブ上の情報は無数にありますから、開いたページが自分にとって必要かどうかの判断はたった数秒くらいしかありません。文章で伝えたいことを頭に持ってきて、有益な情報だということを読者に真っ先に伝えるということが大事です。

 

SEOでは、文章の頭の方がより重要視されます。同じことを書いていたとしても、文章の頭にあるのか尻にあるのかで、検索エンジンからの評価のされ方が大きく違ってくるわけです。こういう意味でも、伝えたいこと(狙いたいワード)をリード文に持ってくるというのは重要です。

 

2.指示代名詞(こそあど)は極力使わない

「これ・それ・あれ・どれ」などを多用してしまうと、何を指しているのかわかりづらくなり混乱させてしまいます。ちょっとくどいかもしれませんが、同じワードを使って説明した方が混乱はしません。

 

指示代名詞を使わないようにすると、単語・ワードの出現率が上がるので、SEO上も有利になります。ただし、不自然なまでにキーワードを羅列してしまってはマイナス評価となってしまいますのでご注意を。

 

3.小見出しを付ける

小見出しというのは、本文で言うなら「1.~」の横線下線がついている部分です。どこで何を説明しているのかが一目で確認できるようになるので、読みやすい文章になります。書く側からしても、それぞれのトピックについて文章を独立して書くことができるので楽です。

 

通常、ウェブページの小見出し部分には、「h2」「h3」などのタグを割り当てます。現在はそれほど重視されていないとも言われていますが、見出しタグに入っている文章は本文よりもSEO上高く評価される傾向にあります。

 

4.簡易な単語を用いる

中学生が読んでも理解できるような文章がウェブライティングの理想だと言われています。初心者であってもわかるように意識しながら書くのが大事です。

 

難しい単語・用語を使ってしまうと、検索にもヒットしづらくなります(難しい単語で検索をかける人は少ない)。レアなワードなので上位を取りやすいという側面もありますが…通常は平易な文章を書くように努めた方がベターでしょう。

 

関連記事

 

c9981e0b326aa5746605da0a5e4456c6 SEOの観点からとらえなおすウェブライティング4つの手法 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2014年 8月 31日

    ようは新聞記事やん

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る