2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

渋谷の同性パートナーシップ制度、2年間で24組が利用! 公的証明代わりに

同性婚の議論が全く進んでいない日本ですが、常に日本の最先端をいく渋谷では既にパートナーシップ制度が始まっています。まだまだ利用者は少なくとも、価値を感じている人は多いようです。



 東京都渋谷区は、全国で初めて同性カップルを結婚に相当する「パートナーシップ」と認める証明書を交付してから2年となる5日、取得者らを対象とした調査の結果を公表した。実際に証明書を「家族関係」にあることの説明に使った人がおり、他の自治体や国にも対応を望む声が寄せられた。  渋谷区はこれまでに同性カップル24組に証明書を交付。調査は取得者や取得を検討している計16人のほか、社内の人事、福利厚生制度を同性カップルにも適用するなどしている企業の担当者も対象にした。 渋谷区によると、手術を受ける際、証明書を病院に提示した人や、生命保険の受取人を変更できた人がいた。(共同) LGBT 渋谷区の同性パートナー 2年で24組に証明書

f0107398 19154889 渋谷の同性パートナーシップ制度、2年間で24組が利用! 公的証明代わりに

 

パートナーシップ制度って?

パートナーシップ制度というのを聞いたことがないひとも少なくないかもしれません。欧州を中心に先進国で類似の制度がどんどん採用されているのが、このパートナーシップ制度です。現在日本ではまだ渋谷区と世田谷区でしか導入されていないので知名度が高くないのも不思議ではありません。

 

パートナーシップ制度とは、同性カップルなど日本の「婚姻制度」を使うことの出来ないカップルに対してパートナーシップを公的に認めることで、彼らの生活における様々不便なことを解消することを目的として作られた制度です。

 

公的証明書や書類を持つことによって、例えば保険金の受取人になることが出来たり、病院で家族以外立ち入り禁止のときでも看病が出来たり出来るようになります(あくまで民間の業者がokした場合のみだが)。逆に言うと、この制度が無いと同性カップルは夫婦だと当然のたくさんのことが出来ないといえるのです。

 

同性婚を国の制度として導入するのには大きなコストが掛かるため難しい。であればまずは区のレベルから…ということで渋谷区などの先進的な地域がこのような制度を導入したというわけです。

 

反対する人達もいる

もちろん、このような制度に対して反対意見を持っている人達も少なくありません。男女以外のカップルなど認められない、そういう人達はいてもいいかもしれないが公的に認められると思ったら大間違い、日本の文化がおかしくなってしまう、などと様々な反対意見を目にします。

 

しかし、私個人の考えとしてはこれら全ては不当な反対、あるいは感傷に過ぎません。イヤダイヤダと駄々をこねる子どもと同じです。まず第一に「認められない」というとまるで認可・許可の権限を持っているかのようですが、個人は他の人間の意思決定にそのような権限は持ちません。

 

公的に認められると思ったら大間違いという意見もありますが、それを最終的に決めるのは行政であって、個人ではありません。また、制度によって不当に権利を奪うことは「差別」の中でも最も強烈なものの1つです。

 

日本の文化がおかしくなる、というのも「いつ」を基準に考えているのか不明です。日本の文化、というかあらゆる世界の文化は極めて流動的であり、その姿をずっと保っているものなど1つもありません。国同士の交流の中で文化は洗練され、混淆され続けるものです。恋愛結婚だってたかだか50年ほどの歴史しかないのですから。みんなお見合い結婚に戻ります? そのもっと前は見合いなんかなかったですけど、その時に戻ります? 無意味な議論ですね。

 

日本はパートナーシップ制度に満足せずに早く同性婚まで進むか、あるいは結婚という特権的な制度を廃止するかのどちらか二択しか無いように思いますし、個人的には前者にするほうが全体としての幸福度は高まるのではないかなと考えています。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る