2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

資格道を行く 第十七回 運転免許を取ろう! 後編「学校選びは大切!」

こんにちは!今回は運転免許記事後半、という事で運転免許の教習所について語りたいと思います。

 

3322739050 29e9c5d640 o 資格道を行く 第十七回 運転免許を取ろう! 後編「学校選びは大切!」

引用  rich115





通学?合宿?それとも非公認?

運転免許と言えば一般的に言えば「教習場」「車校」に通って取る、というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

今回は通学式、合宿式、非公認、の3つのカテゴリーに分けてそれぞれメリットとデメリットを紹介させていただきます。

ちなみに私はこの三種の方法全部で免許を取った事があります。普通免許は通学式の自動車学校、自動二輪は非公認、大型免許を合宿、といった感じです。

 

通学で取得

一応一番この方法で取得している人が多いと思います。通学は身近が自動車学校から通学できそうな教習所を選び、9ヶ月の間に教習を重ねて運転免許を取得する、という流れになります。

 

メリット

  1. 空いている時間に通えるので長期休暇を取る必要がない。
  2. 見知った道を教習に使える。
  3. じっくり教習するので技術が身につきやすい。
  4. 一人ぼっちでも割となんとかなる。

デメリット

  1. 費用がかかる。
  2. 近くに質の高い教習所が無い場合苦労する。
  3. モチベーションが下がると9ヶ月の期限以内にクリアできず、丸々金の無駄になる事がある。

こんな所でしょうか。やはり学生でも社会人でも長期休暇を取れない人にとっては、これ以外の選択肢は現実的ではないので、通学して教習所に通うことになるでしょう。9ヶ月もあるから余裕だろう!と思っていても、案外一度切れたモチベーションを戻すは難しいので、時間に余裕がある場合でも、できるだけ早めに教習を詰めてクリアするのがベターです。

 

合宿で取得

各教習所で泊り込みで免許を取るのが合宿免許です。宿泊費、食事費を含めても通学式より大分コストを抑えて免許を取得できるのが魅力です。また、知らない県まで出向く場合も多いので、ちょっとした旅行気分が味わえるのもオススメポイントです。

 

メリット

  1. コストを抑える事ができる。
  2. 2週間程度ちょいの短期で取得が可能。
  3. ちょっとした旅行気分を味わえる。
  4. 「同期」がいるので仲間意識が生まれる。

デメリット

  1. 長期的に拘束されるため、学生や無職の人以外には現実的ではない部分がある。
  2. 仮免等に落ちまくると目も当てられない。
  3. 教習所側はさっさと卒業してもらいたいので運転技術の身に付き具合が甘くなりがち。
  4. コミュニケーションが苦手な人は学校選びを間違えるとエラい事になる。
  5. 教官の質が悪い教習所を引くと逃げ場が無くなる。

合宿で免許を取る!という場合はとにかく事前にリサーチをかけましょう。値段のみで探すと地獄を見る事になります。学校によって特色が違い、生徒同士でコミュニケーションを強要される学校もありますし、教官の質がひどい学校もあります。クチコミサイトは余りアテにならないので、掲示板や個人ブログまでリサーチをかけるのが吉です。

 

非公認の教習所で取得

個人的には余りオススメしません。

メリット

  1. コストを抑える事ができる。
  2. 能力さえあれば、最速で取得する事ができる。
  3. 時間の制約が少ない。

デメリット

  1. 免許を取得できない可能性が他より高い。
  2. 難易度の高い一発試験をパスする必要がある。

最近では合宿免許とそこまで費用が変わらないので、利用する人は減ってきているような気がします。基本的に非公認の自動車学校というのは、ただの自動車練習場みたいな物なので、最終的には実際に試験場に自分で行って一発試験をクリアする必要があります。一発試験は県によって難易度が結構差がありますが、大体は公認の教習所で行われる試験より難しいです(と言っても、昔と違って落とすための試験、という難易度ではなくなってきてます)。

自分は一発試験でも突破できる!という自信がない方はおとなしく公認の教習所に通いましょう。

 

 

いかがでしたか?皆様の免許取得のアシストになれば、と思います!





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る