2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

資格道を行く 第三回 資格商法にご注意!

資格商法に引っかからないために

資格の勉強についてお話する前に注意しなくてはいけない「資格商法」についてお話しておきたいと思います。

 

資格商法とは資格や関連する講座の受講料料を取る商法で広義的な意味では悪徳商法ではありません、が中には巧妙な手口で儲けを得る業者も存在します。

 

 資格道を行く 第三回 資格商法にご注意! 資格商法 – Wikipedia

 

タイプは色々あるのですが、特に注意すべき物を二つ紹介します。

 

現実的に達成が難しいレベルの広告文を打ち、教材や授業で収入を得るタイプ

この手は大手の通信教育や資格学校も利用する手です。明確な違法行為というわけでもないのですが、本当に高い受講料金と見合うかをしっかり天秤にかけなくてはいけません。

 

短期合格を歌っている物には特に注意!

資格取得までに○○時間!」「最短××日で合格!」等の謳い文句は特に注意が必要です。学習の密度なんて受験生によって千差万別です。100時間で受かる人もいれば500時間かけても落ちる人もいます。短時間でいけるのであれば、思って釣られて受講してもうまく行かない事なんて多々あります。独学だろうが資格学校を利用しようが、ある程度の難易度の資格であれば落ちる人間の方が多いのです。

 

また前提条件も人によってバラバラです。行政書士の資格を例に上げますが、法律系の学校を出た人間や公務員試験勉強をしていた人間は短時間で合格する可能性が高いですが、未経験の人は民法やら行政法を一から頭に入れる必要があるため、その分時間がかかります。そんな中で○○日で合格!なんて謳い文句に価値などない事なんていうのは資格のプロである学校側が知らないはずがありません。

 

独学では難しい!といった物にも注意が必要

実際にこの辺りは判断が難しいところもあります。独学合格が現実的かそうでないか、常に議論が発生する部分です。

 

確かに一部難関士業にはそのような資格もあります。私が不動産鑑定士の勉強をしていた頃、合格者の八割は資格学校や通信講座を使っているという話を聞いた事もありますし、事実それも嘘ではないな、と思えるほどハードな試験でした。

 

資格商法の恐いところは、落ちても「あなたがバカだっただけでしょ?」で済まされてしまう事です。その手の講座の受講が必要か、事前に入念なリサーチを入れ実情を知るべきです。考慮する点は

 

  • 非常に難易度が高い資格で参考書だけではなく、プロの講師の授業が必要になる場合
  • 実技がある資格で独学での技術習得が困難な場合
  • 受験に高額な器具が必要な場合
  • 試験問題が択一式では無く、答案採点が必要な場合
  • 独学自体に慣れてなく、一人では集中力が切れて勉強が出来ない場合

 

等です。資格学校や通信講座が悪な訳ではありません。利用できる場合は利用し、見合う価値がないな、と思えば宣伝に騙されずに独学で頑張る事も時には大切です。

 

資格自体の価値を持ち上げて金銭を得るタイプ

こちらは業者側に明確な悪意がある場合が多いです。あまり価値のない民間の資格を「就職に便利!業界で仕事が急増中!」、需要があると謳い受験料や関連講座の受講料、資格登録料を取るタイプです。中には今後国家資格になる!、資格取得後は仕事を斡旋する!等明らかな虚偽の内容を平気で載せている業者も存在します。国家資格と勝手に関連付けて価値があるように見せて、実際の資格団体にマジギレされた資格も過去に存在します。

 

 資格道を行く 第三回 資格商法にご注意! 特許管理士 – Wikipedia

 

興味がある方は上記のページを読んでみてください。基本的に資格というのはあくまで自分に付加価値をつけるアクセサリーのような物で、それ自体が主役になる事は滅多にありません。インターネット全盛期の時代で特許管理士のような資格が再び問題になる可能性はあまりないとは思いますが、自分の受ける資格がどのような権限を与えられる物でどのような評価を世間で受けているか、こちらも事前にリサーチを入れる事が大切です。また資格を受ければ何とかなる、というマインドは出来るだけ持たないようにしましょう。何度も触れていますが、採用に関して言えば大半の資格は実務一年に負けてしまうのが実情です。

 

悪質な資格商法は不景気の時に活発になる傾向があります。注意しましょう。

 

関連記事

 

0fa1b1f22e9d889da3cdcb2206f70f64 資格道を行く 第三回 資格商法にご注意!




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る