2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

資格道を行く 第7回 資格の勉強って皆どうやっているの?その1「机に向かって勉強する事の難しさ」

学生ならいざ知らず、一度社会に出てしまうと途端勉強ってとてもハードルが高い物になってしまいますよね。勉強の仕方、なんてのは2,3年すると忘れてしまう物なんです。





机に向かい椅子に座る事が最初のハードル

おいおい、そんなの誰でも出来るだろ!馬鹿にすんな!と怒られるかもしれませんが、勉強から遠ざかっていた人にとって長時間椅子に座って、勉強する、というのは意外に難しい事だったりします。私の場合新しい試験勉強を始める前に必ず半月は勉強の進度をほとんど想定しない期間を設けて椅子に座り勉強する、という習慣を付け直します。

 

ただしこの習慣をインスタントに身に着ける方法があります。それは図書館や学校等で勉強以外せざるを得ない環境を作る事です。筆者も半月で何とかなりそうな簡単な資格を受ける場合はほぼ自宅は使わずにちゃちゃっと図書館で勉強して仕上げてしまいます。

 

ただし長期的に見たら自宅でも集中して勉強できる、というのは大きな強みになります。出来る限り自宅でもしっかりスイッチをオンに出来るように勉強する場所から悪魔の囁きを出来るだけ排除して、勉強をする癖、環境を作りましょう。

 

問題集や参考書を買う

やはり独学するのであれば問題集や参考書は必須になります。資格の難易度、自分の得手不得手を考えて身の程にあった物からはじめましょう。特に難関資格でよくある事なんですが、とても受験生に人気の高い参考書や問題集が大体一つか二つあったりします。その本を軸に勉強していくのは得策ではありますが、合わない場合はすっぱり切る必要があります。

資格の勉強をする上でもっとも大切にしなくてはいけないのは過去問です。過去問集だけは必ず最新で解説に定評がある物を買いましょう(最もマイナー資格の中には過去問すらまともに入手できない物もあるのですが・・・)。

 

勉強手帳を作ろう

勉強をする上でスケジュールや進度の目標等を決めるのはどうしても足りなくなってしまいがちな試験までの日数を効率よく消化する上では大事な事です。私は一つの試験に必ず一つは勉強手帳を作ります。手帳はシステム手帳でも100均のミニノートでも何でもいいですが、できるだけPCではなくアナログの物を使った方がいいと私は思います。しっかり記録をつけることで自分の弱点や不足分を見つける事ができたり、モチベーションの維持に繋がったりします。また試験合格後、誰かにアドバイスをする場合にも重宝しています。

 

文房具は自分の気に入った物を

何使っても関係ねーよ!という方も多いとは思うのですが、ちょっと高めの筆記用具等を買うのは勉強をしなきゃ、と自分にプレッシャーを与えたり、些細な物ではありますが愛着がモチベーション維持に繋がったりします。ちなみに私が愛用しているシャーペンはパーカーのジョッターです。

 

 

適度な重みと、作りの高級さが素晴らしく、と、ここでパーカー談義を始めると完全に趣旨から外れてしまうので控えますが、是非自分のお気に入りの物を見つけてみてください。

 

関連記事





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る