2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

企業・学生・大学、誰も嬉しくない就活という不思議な仕組み

今年も就活が本格化する時期になってきたが、本当に下らない。誰一人喜ばないような制度ではないだろうか。日本というのはつくづく不思議な国である。



企業の採用選考、いわゆる「就活」が長期化している。経団連は是正のために「指針」を公表したが、ルール破りが横行している。同志社大学大学院の加登豊教授は「現在の就活は学生・大学・企業という3者すべてにマイナスで、日本の競争力を削ぐものになっている。このままでいいわけがない」と警鐘を鳴らす――。

 

■9割の企業が指針は守られていないと回答

今回の一穴:リクルータに入社後数年の若手社員を活用している

街でリクルートスーツ姿の学生を見かけるたびに、大学教育に従事している私は悲しい気持ちになる。今や、大学は、就職予備校となっていることを痛感するからである。

一般社団法人日本経済団体連合会(以下、経団連と略記する)は、2018年4月10日、年度入社対象者の「採用選考に関する指針」(以下、「指針」と略記する)および「『採用選考に関する指針』の手引き」(以下、「手引き」と略記する)を公表した。

これらによれば、2017年度および2018年度と同様、広報活動の開始は2018年3月1日以降、選考活動開始は6月1日以降、内定日は、10月1日以降と定めている。

企業の採用活動の実情に照らして「指針」を読むと、「指針」は欺瞞にみち、有名無実化していることがよくわかる。ルールはまったく守られていないのである。経団連が自ら行った調査では2016年4月入社の就職活動(この時は、8月1日が選考活動の解禁日とされていた)において、実に87.5%の回答企業が指針はほとんど守られていないと回答している。内定解禁日前に内定を出している割合は約5割もある(リクルートキャリア調べ)。このような状況は、現在も継続していると思われる。

■守るつもりのないルールが「指針」

ルール自体を「指針」と表現しており、指針の文章も厳格な適用を求めない、極めて曖昧な表現となっている。「指針」は大学等との協定ではなく、経済団体が自ら定めた「できれば守ることが望ましい」とする緩やかな縛りでしかない。もっと言えば、守るつもりのないルールが「指針」なのである。

img 2fde80d7219364dd11314dbe2ea6f9a422766 企業・学生・大学、誰も嬉しくない就活という不思議な仕組み
写真=iStock.com/TAGSTOCK1

 

「指針」によれば、採用にあたっては、

1.公平・公正な採用の徹底
2.正常な学校教育と学習環境の確保
3.採用選考活動開始時期
4.採用内定日の遵守
5.多様な採用選考機会

を掲げているが、「指針」では、それらを「十分に配慮する」としており、厳守が求められているわけではない。そのため、存在すると言われている学歴フィルターによって、公正・公平な採用が行われていない可能性がある。

広報活動の開始は2018年3月1日以降、選考活動開始は6月1日以降とされているが、実質的な広報・選考活動は、前倒しで実施されており、内定日は、10月1日以降と定めているが、実質的内定である「内々定」は10月1日以前に行われている。また、多様な採用選考機会を提供する企業は少数であり、大部分の企業は、判で押したように横並びで採用選考活動を実施している。

つまり、「規定」も「手引き」も、有名無実の「ざるルール」(ギミック、からくり)だと言わざるを得ない。

このような採用選考活動は、ほぼすべての企業で共通しているので、そこに問題があることにはなかなか気づきにくい。しかし、現状での採用選考活動は、「企業にとっても、大学にとっても、そして、何よりも学生にとっても不幸な仕組み」(大手人材関連企業の元社長の言)である。

 

via: 日本の就活が「害悪」といえる3つの論点 (1/2)

 

変化に対応する必要がある

なんというか、就活という制度は本当に無茶があるものだなあと常々感じます。この制度、一体誰のために鳴っているのだろう。というかもっと正確に言うと、時代によって就活という制度は柔軟に変わるべきだと思います。なぜならば、採用というのは常にそのときの景気や状況に著しく左右されるからです。にも関わらず、就職という動き自体が変わらないことのほうが遥かにおかしいのです。

 

そうでしょう。実際あらゆる経営というのは内部要因だけではなくて外部要因に敏感に反応しながら行われるものです。原料の値段が高くなればビジネスモデルがうまく回らないようになるかもしれませんし、他のところでなんとかそれを代替して手に入れるような仕組みをつくったりもするはずです。

 

売れない商品をいつまでも作り続けても仕方ないからその工場を閉鎖したり作るものを変えたり作る量を調整したりします。それと全く同じように、産業や企業や社会が変化するときには採用もまたその形が変わるはずなんです。それなのにも関わらずいつまでも同じようなことをしていては、そりゃ最適化されていないに決まっている。簡単にわかる論理です。

 

新卒一括採用はもう無理

では一体、現代ではどのような採用システムが良いのでしょうか。一言で言うと、いまの会社は家族的経営というのを諦めています。家族的経営というのは若いやつを子どものように養い育てて自分の家=会社の中で徐々に活躍してくれていったら良いという考え。終身雇用、年功序列などいかにも家族らしいですよね。つまり、血縁関係はとても重要で死んでもなくならないし、早く生まれたほうが偉いわけです。しかし、いまはもうそんな時代ではなくなりました。

 

ゆっくり自社で育てるつもりだからポテンシャル採用をするわけです。つまり新卒でまたスキルがなくても採用するんです。でもそれは家族型経営が崩壊して最初から能力に対して給料を支払うようになれば維持不可能です。能力を持った人間を引っ張ってくることが採用なんです。いまの大学は職業訓練校ではないのですぐに使える能力は育ちません。

 

だからもうその時点で無理なんです。他にもたくさんの歪みがありますが、これだけ考えても今の制度が無理なことがすぐにわかります。成立していないし矛盾しているんです。制度を変える必要がありますし、それに合わせて学生も企業も大学も今までとは違う最適化が必要になります。実際、すでに学生はインターンなどをして実務力をつけるようになりましたね。当然のことでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る