キジトラ速報

仕事、勉強を捗らせるためには忘れること、寝ることが大事
2015/12/17 20:02  コメント (0)
  • follow us in feedly

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 難問に直面した時

    難しい問題に直面したときには、とりあえず一晩寝かせるようにする。

     

    勉強・仕事などで、間に睡眠を挟むのは非常に重要です。アメリカ・ロチェスター大学は、睡眠を間に挟めば難しい問題の正答率がアップする、という研究結果を出しています。

     

     仕事、勉強を捗らせるためには忘れること、寝ることが大事 難題は一晩寝かせよう。よく寝た次の日ならすぐ解決! | ライフハッカー[日本版]


    思考の整理学

    思考は寝かせて熟成させることだ。このようなことは、実は数十年前から言われてきていました。外山滋比古氏が1986年に出した『思考の整理学※』でも、アイディアを寝かせて発酵させることが重要だと説かれています。外山氏は自らの経験などを根拠に主張していたわけですが、それがアメリカの研究でも裏付けられたってわけです。 ※思考の整理学は、ちくま文庫のベストセラー1位で、京大生・東大生などのインテリに広く読まれている名著。

     

    51XzYWdeZeL. SL160  仕事、勉強を捗らせるためには忘れること、寝ることが大事
    外山 滋比古
    筑摩書房
    売り上げランキング: 548

     

    忘れ方、眠り方が大事

    仕事でも勉強でも、いったん頭から取り除いて忘却させると、かえって効率的に進めることができる…。そうは言っても、なかなか脳裏から取り去ることってできないものです。わたしの場合、考えだしたら止まらず、夜も寝付けなくなることがたびたび…。一夜漬けしているときなども、一度寝てしまうと全部忘れてしまって勉強がすべて無駄になるんじゃないか、などと心配になります…。

     

    それでも、いったん忘れて眠ってしまった方が効率的だ、と実証されているわけですから…大事なのは、忘れ方・眠り方ってことになってきます。

     

    41cd73429250e7f178e2794962f9cdf2 仕事、勉強を捗らせるためには忘れること、寝ることが大事

     

    落ち着いて寝るためには?

    目の前の課題・問題からいったん離れて、落ち着いて寝るためにはどうしたらいいのでしょうか…?

     

    仕事・勉強などの時間と、プライベートな時間との間に、儀式的な何かを挟むってのが有効じゃないかと思います。儀式的というと大げさかもしれませんが、気分転換するための決まり事みたいなものです。

     

    通勤・通学がある方は、それを一種の儀式にすることができるでしょう。会社・学校から出たら、もう考えない。在宅勤務の場合には、もう少しメリハリをつけるための工夫が必要です。わたしの場合、仕事を終えると決めたら、近所の銭湯に入りにいきます。風呂の後には仕事を一切しない。銭湯には営業時間があるので、ダラダラと深夜まで仕事をするのを防ぐことができています。

     

    ずっとパソコンに向かって頭を働かせている場合、作業終了後、脳がほてっている状態なのでいったんクールダウンを挟むのが有効です。わたしのライター仲間は、仕事がどんなに遅くなっても、寝る前にDVDで映画を1本見るようにするってのを習慣にしていました。これも、仕事モードから離れるための一種の儀式みたいなもんです。

     

    運動が趣味の場合には、仕事後に運動するってのもいいでしょう。

     

    「公」と「私」をうまく切り分けて、すっきり忘却した頭で睡眠するようにしたいものです。



    カテゴリー ビジネス・起業 教育・学校 なか

    関連記事

    コメントする

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    サイトマップ