2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

仕事で結果を出すためには必要期間の目算が大切

結果と必要期間

結果を出そうとするときには、「必要期間」をしっかり見つめることが重要だ…

 

経営コンサルタントの横山信弘氏が、このように主張しています。内容に激しく同意したのでピックアップ。

 

横山信弘氏曰く、結果を出すためには3つの基本を押さえることが大事。

 

  • 1.プロセス
  • 2.手順
  • 3.必要期間

 

この3つの基本の中でも、特に必要期間が重要だ、との指摘。

 

 仕事で結果を出すためには必要期間の目算が大切 どのような結果を出すときも、必要となる「3つの基本」(横山信弘) – 個人 – Yahoo!ニュース





必要な期間

情報化社会が進んで、時間をかけずにすぐに結果が出るとのキャッチコピーが溢れてしまった。そのため、「必要期間」を軽視してしまう人が出ている…

 

まさにまさにその通り…必要な期間を軽視してしまって、思ったよりも結果・成果が出ないからといって、途中で挫折してしまうパターンの多いこと多いこと…(自戒)

 

結果や成果を出すためには、一定の期間・時間が必要となります。結果が出なければ見切りをつけて諦めるっていう選択も必要ですが、単に必要期間を軽視しているだけっていう可能性も十分にある…。

 

9d725461398dfe7a847d95ac78b1e675 仕事で結果を出すためには必要期間の目算が大切

 

1万時間ルール

1万時間の法則(1万時間ルール)というものがあります。これは、マルコム・グラッドウェル氏が著書「天才! 成功する人々の法則」で紹介した法則。才能を花開かせてプロになるためには1万時間の訓練・努力が必要だ、との主張。最近、このルールについては異論・反論等も出ているようですが…成果・結果を出すためには、一定以上の必要期間を要するって部分についてはあまり異論はないでしょう。

 

 仕事で結果を出すためには必要期間の目算が大切 1万時間の練習で一流になれる「1万時間ルール」は万能でないという見解が登場 – GIGAZINE

 

必要時間の目算が難しい

それにしても難しいのは、必要時間の目算です。どこで見切りをつけるのか… これを誤ると、それまでの努力が水の泡になってしまい、成果・結果を何一つ残せない人生になってしまいます…。

 

RPGのレベル上げのように、着実に能力があがっていくのを見てとれればいいんですが、世の中にはある段階から突然能力が伸びる・成果が出始めるってことも多いものです。これまでわからなかったことが、唐突にストンと落ちて、過去に学んできた知識・スキルが蜘蛛の巣のように結びつく。そういうケースがあるってことも頭の片隅に入れておくべきなんでしょうね。

 

  • 時間に比例して成果が出る類のもの
  • 時間とは比例せず、一気に成果が出る類のもの

 

チャレンジしようとしていることがどちらなのかの判断が大事なのかなぁ。どちらに該当のかの判断は、実際に挑戦して成功している人の体験談などを聞いたり読んだりするのが一番だと思います(世の中にはステマというものもあるので注意が必要だが…)。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る