2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

仕事をする時最初のアイデアにこだわり過ぎるのはよくない

最初のアイデア

仕事でも遊びでもそうですが…自分が思いついたこと・アイディアってのは素晴らしいものだと錯覚してしまいがちです。

 

ライフハッカーが「最初のアイデアにこだわりすぎない」とのタイトルの記事を出し、「アイディアへの固執(デザインの固執)」を克服するための方法を紹介していました。

 

  • 仲間からレビュー、意見をもらう
  • 形態学的チャートを使う(フレームワークのことか?)
  • アイデアの現実性、実現性を考える

 

 仕事をする時最初のアイデアにこだわり過ぎるのはよくない 最初のアイデアにこだわりすぎない | ライフハッカー[日本版]

 

どれもこれも正論です…



トライアンドエラー

ですが、私は「思い付き」はとりあえず実践してチャレンジしてみるに尽きるんじゃないかと思っています。トライアンドエラーってやつですね。

 

これがなかなかできないタイプの職種があるってのも十分承知の上ですが…その場合には、シミュレーションするなりして代替できるんじゃなかろうかと。

 

ライフハッカーの記事は「レースに勝つのは、ゆっくり確実に進む人間なのです」と締めくくっているけど、とりあえず思い付きでもやってみる・行動するって人間の方が案外成功していることも…。

 

まぁ、いうまでもなく一番成功しないタイプは、考えるだけで何も試そうとしない・行動しない人間なわけですが…

 

でも最初のアイデア固執しすぎるのはよくない

とりえあずやってみるってのが成功への近道だ、と私は思っています。ですが、「最初のアイデアにこだわりすぎない」って点には激しく同意します。

 

最初に打ち立てた目標、それに応じて選んだ手段…これらに固執してしまうとなかなか成果が出ないものです。行きつこうとする場所(目的)が何なのかって点を最重視し、目標(目的に至るためのステップ)・手段を随時修正していく。これが大事です。

 

よくあるんですよねぇ、手段が目的化してしまうってパターン。業績を伸ばすために挑戦しているはずなのに、選んだ手段をきちんと履行することばかりに目がいってしまうっていうアレです。

 

こういう意味で、最初の考え・アイデアにとらわれ過ぎないようにすべきだ、って考えています。

 

…かく言う私は、手段・目標を変えすぎて、軸が安定しないタイプなので、目的をもう少し具体的に設定すべきなのかなぁと自省する日々を送っています。

 

目的を達成するためには、「手段」・「目標」は随時変えていくべき。ですが、あまり頻繁に手段・目的を変えすぎると何事も達成できずに中途半端なままで終わってしまうこともあります。器用貧乏な人間になってしまうっていうパターンですねぇ。いやぁ、難しい。

 

ae561fe6e183ab151ccb7d8813ceeb3e 仕事をする時最初のアイデアにこだわり過ぎるのはよくない

 

関連記事





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る