キジトラ速報

仕事で集中力を保つためのちょっとしたコツ
2015/10/23 20:02  コメント (0)
  • follow us in feedly

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 仕事を中断するとパフォーマンスが落ちる?

    • ・3秒気が散ると、仕事で失敗する確率が2倍になる
    • ・仕事を中断させてしまうと、リズムを取り戻すまで平均23分15秒必要だ

     

    …アメリカでこのような研究結果が出ているそうです。一瞬邪魔が入って気が散ってしまえば、その分、仕事のパフォーマンスが落ちてしまうっていうことですね。

     

     仕事で集中力を保つためのちょっとしたコツ 仕事のちょっとした中断が、1日の生産性にかなりのロスを発生させる | ライフハッカー[日本版]

     

    ここで注意しておきたいことは、意図的な「休憩」と、不意を突かれた「脱線」・「中断」とは別物ってこと。休憩の必要性は言うまでもありません…。



    集中できる環境作り

    さて、中断・脱線が仕事にとってマイナスになるという研究結果を踏まえると、いかに集中できる環境を整えるかということが重要になってきます。

     

    これまでに何度かキジトラ速報でも書いてきましたが、在宅勤務の場合には特に集中できる環境作りが大切になってきます。いつでも脱線・中断できる代わりに、集中力も落ち気味になります…。

     

    実際に在宅勤務をやっているわたしが集中するために心がけていることを、いくつか紹介していきます。

     

    a7194db4815a1129981fee55c8742f1b 仕事で集中力を保つためのちょっとしたコツ

     

    1.頻繁にチェックしなくてもいいんだ、と割り切る

    メールチェックを1日に何度もやっていませんか?メールってのは、すぐに返信しなくても失礼にはあたりません。1~2時間くらいは猶予があるのが通常でしょう。

     

    だとすれば、1時間に何度もメールチェックをするってのは本来不要のはずです。

     

    何かの確認は、脱線になってしまいがちです。休憩の前後などにまとめてチェックするようにすることで、脱線・中断を最小限度にすることができます。

     

    2.仕事を終えるまでやらないというルールを設定する

    ああ、小腹が減ったなぁ… 風呂に入りたいなぁ… などなど、生活に関する欲求は仕事を中断させてしまいます。本来であればいい休憩時間になるはずなんですが…わたしはそこらへんをうまく処理できないので、仕事を終えてからやると決めています。

     

    入るであろう「邪魔な脱線」を事前にルール作りをすることで、意図的に排除する。意志が弱い人間ほど有効じゃないかなぁと思います。

     

    3.同じタスクをずっとやらない

    同じ仕事をずっとやっていると、どうしても集中力が途切れて脱線してしまいます。

     

    逆説的に聞こえるかもしれませんが…集中し続けるためには、複数の仕事を並列的に処理する方がいいんです。

     

    小中高校の時間割などを思い浮かべてみてください。基本的に同じ教科が連続しないように組まれています。45~90分ごとに違うものに取り組むようにすることで、集中を保てるような配慮ではないのかなぁと思います(実際にそうなのかは知らんw)。



    カテゴリー ビジネス・起業 なか

    関連記事

    コメントする

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    サイトマップ