2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

志位委員長「希望の党は自民党と大差なし、補完政党にすぎない」と当たり前の発言をする

小池百合子氏が民進党議員の公認について選別がありえると発言したことにより「リベラルを排除するなら自民党と大差がない」と本性を表したと言っていますがそんなこと前から明らかだったのでは。



共産 志位委員長 小池都知事の「排除」を批判

共産党の志位委員長は、さいたま市で記者団に対し、衆議院選挙に向けて希望の党が進める民進党出身者の公認調整をめぐり、代表を務める東京都の小池知事が排除もあるとしていることについて、「露骨な選別だ」と批判しました。

この中で共産党の志位委員長は、衆議院選挙に向けて希望の党が進める民進党出身者の公認調整をめぐり、代表を務める東京都の小池知事が排除もあるとしていることについて、「露骨な選別を始めて、党の本性がはっきりしてきた」と批判しました。

そのうえで志位氏は「基準は、安保法制と憲法改定に賛成という、いちばん要のところで、自民党の補完勢力としての姿がはっきり出てきた。日本維新の会も補完勢力で、そういう勢力との連携は『自公の補完勢力同盟』だ。希望の党に希望を託せないことが、いよいよ、はっきりしてきた」と述べました。

via: 共産 志位委員長 小池都知事の「排除」を批判 | NHKニュース

 

当たり前のことを言っているだけ

小池百合子氏のイデオロギーによる区別を選別という強い言葉を使って否定する志位委員長。でもどう考えてもこれって当たり前のことじゃないかと思うのは私だけでしょうか。

 

希望の党は元々保守であることは明言しており、また小池百合子氏は改憲派であることも明確。ですから希望の党の方向性として改憲派であることというのは非常に重要なことですよね。だって元民進党であろうと、希望の党として動いていく以上は最低限共有される政策がないと何にもならないですから。

 

そもそも政党が何のためにあるかといえば、特定の思想や価値観にそぐうような政策を実現するための集まりでしょう。そしてそれは国民の意思を反映したものになるはずです。国民の意思を反映した政策を打ち出せば、そこに票が集まるからです。

 

ということで、当然ながらそれぞれの政党はイデオロギーや価値観をきちんと打ち出していかなくてはなりません。それが政党として機能するための最も重要なポイントの一つです。

 

ですから、志位委員長が言っていることがさっぱり分からない。小池百合子氏は最初から自分の立場を明確にしており、民進党の人達が後から合流してきた形でしょう。それなのに小池百合子氏の選別だの本性が現れただの、何を言っているのかさっぱりわかりません。

 

むしろ、なんでそういう選別が行われると思わなかったのかが不思議です。共産党も明確なイデオロギーを有していますし、常に一定の国民の代表として振る舞ってきました。社会主義的考えを持っていない議員が政党に入ろうとしても受け入れたり絶対しないでしょうし、受け入れない方が良いと思います。

 

ですから、今回の希望の党がイデオロギーに適合的でない議員を受け入れないとしても、公認しないとしても何の不思議もないはずなのです。一体なぜこんな発言が飛び出したのか理解に苦しみます。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る