2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

新聞よりネットの時代なのは確かだけど、でも…?

マスゴミという言葉がよく使われるように、既存のメディアの信頼は随分失われました。新聞だけじゃなく、テレビもそうですよね。とはいえネットを「信頼」するというのもなんだかおかしいかもしれません。



 日本のネット界隈では「マスゴミ」という言葉がすっかり定着している。

 安倍晋三首相がからむニュースや、メディアのあり方などについてのニュースがネットで報じられると、きまってコメント欄には「マスゴミ」という言葉が並ぶ。

 最近、読売新聞が加計学園の問題で驚くような記事を掲載して、いかにも「マスゴミ」らしい仕事をしたのは記憶に新しい。文部科学省の前事務次官、前川喜平氏が「出会い系バー」に通っていたという、あの記事である。

 霞が関界隈の記者に話を聞くと、読売新聞記者でも直前までこの記事の掲載を知らなかった者が多かったようで、しかも地方版のすべてで記事が統一されていたことから、政権につながる「上層部」からの指示だったのだろうとのことだった。事実なら、読売が日本の「マスゴミ」全体のイメージに与えた悪影響は小さくない。

 公益財団法人の新聞通信調査会が行なった調査によると、2016年、新聞を全般的に見て満足であると答えているのは全体の51.8%。前年から2.1ポイント減少した。不信感がゆっくりと高まっている中、今年の調査がどうなるのか、見ものである。

 メディアの誤りや偏向などが議論され、メディアのイメージが悪くなりつつある背景には、間違いなくインターネットの存在がある。ネット上でメディアへの“批評”(単なる“言いがかり”も含め)が、いまだかつてない規模で行われるようになったからだ。読売新聞の記事も、ネットのない時代なら業界の話題として週刊誌ネタで終わっていたかもしれない。

 既存メディアに対するネットの影響力を考えると、ある疑問が湧いてくる。ネットは世界中で普及しているが、メディアの信頼性が落ちていると考えられるのは、日本だけなのか? 世界ではどうなのか?

 先に答えを言ってしまうと、もちろん日本だけではない。実は海外でも、メディアの信頼性は落ちているのだ。

via: だから世界的に「メディア不信」が広がっている (1/4) – ITmedia ビジネスオンライン

yd yamada2 新聞よりネットの時代なのは確かだけど、でも…?

メディアの信頼、落ち続ける

新聞やテレビは嘘ばかり。そんなことがネットを使っている人達にとってはほとんど常識と化したのは、この10年くらいの間でしょうか。最早、テレビも新聞も嘘や作り物ばかりという印象です。元々ネットもそういうイメージがあったはずですが、最近は随分批判側に回っているようにも思います。 さて、このような信頼度の低下は当たり前のことだと言えます。特定のメディアが思いっきり偏向報道をしていたり、事実でない報道をすることがあるということが明るみに出たからです。最近も、一瞬下を見たところをすっぱ抜いて「国会で居眠り」などと報じたり、何でもありだと言わざるを得ません。 しかし、そもそもなぜにメディアは信頼されていたのでしょうか。実はそれこそが落とし穴かもしれません。

メディアは営利企業である

まず、最も重要な指摘から始める必要があるでしょう。それは、新聞もテレビもすべて営利企業が行っている事業の一環であるということです。要するにビジネスとしてやっているのです。しかも多くのメディアは基本的に広告費を重要な収益源として動いています。 スポンサーやCMというのがまさにその収益源になるわけです。では広告サイドはなんのためにお金を出しているのか。それは少しでも多くの人に自分たちの広告を見て欲しいからです。とすると当然メディアサイドは視聴率という数字にフォーカスせざるを得ません。 となれば、正しい情報などには価値がありません。価値があるのは唯一視聴率が取れるかどうかなのだから当然です。営利企業というのはそういうものです。そうしてどんどん過激になっていく報道の先にあるのは極端な偏向報道や、捏造報道というわけです。

じゃあネットは?

しかし、これまた当然のことですがネットのニュースというのは誰が発信しているのでしょうか。誰が、誰向けに、何の目的で情報を提供しているのでしょうか? マスメディアをやり玉に挙げる時、無意識にネットの市民性のようなものを背景にしている気がしてなりません。 多くのネットメディアも、皆さんがご存知の通り沢山の広告を出しています。当に上述の論理にもとづき、少しでも多くの閲覧者が来るように過激な内容を報じようとする心理があることは決して拭えないでしょう。 とすれば、同じ理由で情報の信頼性が高いとは言えないわけです。つまり、マスメディアの信頼が低いからといって、ネットの情報のほうがより正しいのだとは言えないわけです。 結局みんな自分の信じたいものを信じ、信じたくないものは嘘だと弾劾します。それはある程度仕方ありません。一般市民にとって情報の裏まで取りに行くことなんて出来ませんし、そんな暇もありません。仕方ないから誰かの言っていることをある程度信じるしかないのです。 そのある程度信じる対象として存在していたマスメディアの信頼が崩壊していく中で、私達は何を元に考えれば良いのかさっぱりわかりません。民主主義だのなんだの言っても、まともな情報も提供されない社会では到底不可能ですよね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2017年 10月 19日

    地方版でも統一されてるから上層部の指示?
    ITmediaは新聞の作り方も知らんのか
    お前もこんなアホな記事ドヤ顔で引用すんなや

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る