2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

受験に力を入れる「単なる進学校」と教養を重視する「名門進学校」 

教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏が語る「単なる進学校」と「名門進学校」の違い

育児・教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏が、「単なる進学校」と「名門進学校」の違いについてブログを書いています。

 

地方の「自称進学校」に通っていたわたしですが…読んでいて納得した部分もあれば、なんとなく腑に落ちない部分もいくつかありました。

 

大学進学実績を出すのにこだわって、受験勉強対策にひたすら力をいれるのが「単なる進学校」。「名門進学校」は、すでに実績が出ていて結果を強調しなくていいので、大学受験以外の「教養」を重視した教育に力をいれることができる。 これが、おおた氏の主張です。





私の母校はまさにそんな感じ

なるほど、たしかに地域の自称進学校である私の母校は、朝から晩まで…土日もほとんど休みがないほどに受験勉強対策ばかりでした。受験勉強以外の「教養」教育はほとんど受けた記憶がありません。OBの講演会などはありましたが…当時はわたし自身がそのようなものは無意味に感じて、サボってしまっていました。 大学受験勉強に専念させる割に、校内全体の成績はあまり芳しくない… これが「自称進学校」の限界なのでしょう。そのような母校に対して、わたしはあまり愛校心というものを感じたことはないのですが… おおた氏が「名門進学校」をあまりに持ち上げるので、それも違うだろうと言いたくなってしまうw

 

「名門進学校」を持ち上げ過ぎじゃないの?

  • ・学校として成熟している

 

これは、よく知りませんがそうなんでしょう…

 

  • ・「名門校の生徒たちは、先輩たちの積み上げた実績を後輩に継承しなければならないとなんとなく理解している」
  • ・高2まではやんちゃしているが最後の1年は死に物狂いでがんばる

 

以上が、「名門校の生徒に共通する意識だ」というのですが、これって本当なんでしょうか?名門校の人ってそんなに意識が高いんですか?ちょっと気持ち悪いw

 

  • ・生徒のおしりを叩いて実績を伸ばすのが「単なる進学校」、生徒自らが自分の目標をあきらめないという文化が醸成されているのが「名門校」

 

先輩の実績云々、後輩に伝えて云々って話とちょっと矛盾するような気も…

 

名門校をべた褒めしていて気持ち悪いです…名門校出身の知り合いも数人いますが、是非ともこの記事を読ませてあげたいw 愛校心が強い人もいますが、そんなに意識高い人たちばかりではありません。自称進学校でも、意識高い人はたくさんいますし… あまりにステレオタイプ過ぎるんです、この記事。 それくらいの方が名門校に子供を進学させたい親御さんなどにはウケるんでしょうけど。

 

記事引用

ブロゴス:「単なる進学校」と「名門進学校」の違い

 

大学進学実績が学校の価値を物語るわけではないことはいうまでもない。しかし、私学における大学進学実績は、一般企業における利益に似ている。一般企業においては、どんなに崇高な理念や社会貢献的思想を掲げようとも、利益が上げられなければ存続できない。利益を上げているからこそ、社会貢献的なことをする余裕もできるし、大きな夢を語ることもできるようになる。私学も同様で、どんなに立派な教育理念を掲げようとも、実際にそれに基づいた教育をしようとも、大学進学実績もしくはそれに替わるなんらかの形で成果を証明しなければ、自己満足なだけと見なされる。

 

 大学進学実績が出せればこそ、より本質的な教育を実践する余裕が生まれる。それが名門校で行われている「真のゆとり教育」である。

 

 そもそも「受験勉強だけをさせればいい」と思っているような学校はない。どんな学校でも基本的には教養を重視している。しかし大学進学実績を残さないと、優秀な生徒が集まらない現実があるので、大学受験対策もおろそかにはできない。すでに実績が出ている学校はそこを強調しなくていいので、結果的に教養重視を打ち出すことができる。より本質的な教育に力を入れることができる。「大学受験なんて小さな目標ではなくて、もっと遠い将来の大きな夢を掲げろ」と生徒たちを鼓舞することができる。生徒たちもその気になる。結果、「大きな夢を実現したいなら、目の前の大学受験なんて楽勝でクリアしなければ」という発想が学校文化として無言のうちに浸透していくのだ。つまり、受験重視か教養重視かという違いは、校風や教育理念の違いではなく、学校としての成熟度の違いだと考えたほうがいい。

 

 名門校の生徒たちはなんとなく理解する。先輩たちが積み上げてきた実績のおかげで、自分たちも目先の偏差値にとらわれない本質的な教育を受けることができたことを。自分たちだけそのメリットを享受して後輩に同じ環境を残してあげられないとしたらそれはかっこ悪い、自分の目標をあきらめないことで先輩たちからの恩を後輩に返すことができると考える。高校2年生までは親も先生も心配するほどにやんちゃをするが、最後の1年間は死にものぐるいでがんばる。それが名門校の生徒に共通する意識だ。

 

 数十年という時間をかけて、そのような学校文化を醸成できたことが、名門校のすごいところなのだ。「単なる進学校」と「名門進学校」の違いはそこにある。生徒のおしりを叩いて進学実績を伸ばすのが「単なる進学校」、生徒自らが自分の目標をあきらめないという学校文化が醸成されているのが「名門進学校」ということだ。

 

 東大合格者数ランキングをネタにして、「筑駒だって、開成だって、たいした受験指導はしていない。学校がすごいんじゃなくて、もともと頭のいい生徒たちが集まっているだけだ」と揶揄する人たちが毎年いる。しかしそれでは「なぜ頭のいい子たちが集まるのか」の説明がつかない。大学進学実績と優秀な生徒が入学してくるかどうかは、卵と鶏の関係なのである。

 

関連記事

 

8fe035444ac8f61c91eb9d32fc73846e 受験に力を入れる「単なる進学校」と教養を重視する「名門進学校」 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (6)
    • キジトラさん
    • 2014年 4月 13日

    なにこの糞記事
    庶民の一方的な僻みしか書かれてないじゃねえか
    管理人が気持ち悪い

    • 2014年 4月 13日

    なにこの糞記事
    庶民の一方的な僻みじゃねぇか
    気持ち悪い

    • キジトラさん
    • 2014年 4月 13日

    初めてコメントかくけど管理人がキモいです
    僻みすぎ
    もう二度とここ見ないわ
    このサイトなくなればいいな
    単純にうざいわ

    • _(:3 」∠)_
    • 2014年 4月 13日

    自他共に認める名門進学校に通っているものです。
    自慢のように聞こえたらすみません。
    私たちの学校は先輩からの伝統を継承する意識はほぼ全員が持っていますし、何も言わなくても高3になると全員が勉強をし始めます。
    そして自分の目標を諦めないため浪人してでも第一志望校を目指す生徒はたくさんいます。
    この筆者の言っていることは間違いではないと私は思いました。
    長文乱文失礼しました

    • 2014年 5月 29日

    私立の尻叩き進学校は規制したほうがいいよね。
    地方再生のために各県の旧制一中に由来する公立名門校を復活させるべき。
    東大入試に地方枠を設けてもいいかもしれない。

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 30日

    田舎の公立進学校だったが、自称感が否めない
    一年から受験対策ばかりだったし他校との交流も地域のボランティア活動もなかった
    部活や行事は一生懸命だったけどね
    それでも部活で全国大会に行く、引退が遅れるとなったらいい顔はされなかったし、そこで学校に不信感抱いた子は多かった

    まあ三年になったら遊びつつも旧帝目指して頑張るんだけどね

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る