2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

世界で一番シングルマザーに厳しい日本「一億総活躍社会」

世界中に存在するシングルマザーの中でも、最も制度的にも経済的にも厳しい立場に置かれている日本で総活躍社会などどの口が言えるのか。早く制度を変更していく必要がある。



 働きながら一人で精力的に育児もこなす「シングルマザー」は世界中に存在する。経済的に厳しい状況にあることなどを理由に、残念ながら偏見は世界中であるようだ。中でも日本のシングルマザーに対する環境は劣悪との指摘が海外メディアから出ている。

◆厳しい状況に置かれる日本の母子家庭
 日本では片親の家庭(その殆どが母子家庭)の約半数が貧困状態にある。CNNではこの数字を取り上げ、他の先進国よりも高い水準にあると指摘している。アトランティック誌(9月7日)もアメリカの33.5%と比較し、「先進国中、片親(通常母親である)の環境は日本が最悪かもしれない」としている。記事では10歳の娘に新しい靴と下着を買うこともできないという家庭の事例を掲載しており、切実な状況が窺える。

 経済状態以外にも、ワシントン・ポスト紙(5月28日)では、シングルマザーを恥と見る文化を問題視しているようだ。「日本では、シングルマザーたちは貧困と『恥の文化』と闘っている」と表現する。高い道徳観を持つ日本だが、言われなき差別という弊害も生んでしまっているようだ。

 なお、アトランティック誌によると、アメリカで離婚率が減少傾向にあるのに対し、日本では80年と比較して66%も増加している。こうした環境に苦しむ女性は増えつつあるようだ。

via: 「先進国の中で最悪」 米メディアが日本の母子家庭を問題視 – ライブドアニュース

f9050 1313 d3431609 bc8061c0 世界で一番シングルマザーに厳しい日本「一億総活躍社会」

 

総活躍社会という欺瞞

恥知らずというのはまさにこのことではないだろうか。口では女性も含めた一億総活躍社会などと言っておきながら実態はこうだ。最近離婚率は上がり続けていて、それに伴いシングルマザーの割合もあがってきている。それなのに彼女らが正規雇用で働きづらいような制度設計にしておいて、何が総活躍だ。

 

こういう風に多様性を担保するような仕組みを設定しないような人に限って総活躍などと、全体主義のようなことを言い出す。要するに想像力が足りないのだ。みんなが活躍出来る社会というのは凄く難しい。だって一人ひとり事情が違うのだから。全員を同じ事情と勝手に置いてしまえば総活躍も夢ではないが、同じ事情と置いた時点で夢物語としても魅力に乏しい。

 

日本はとにかく雇用制度が良くないのが大きな大きな問題。今の仕組みじゃ女性に不利すぎるし、子どもを生むのだって難しい。少子高齢化問題に憂慮するのだったら、女性が子どもを生みやすくするのは最早制度設計において最も重要なものであるというのにそこへの配慮は全然足りていない。待機児童問題も前進しているようには見えない。

 

一番むかつくのは養育費の不払い

日本の社会制度の意味でも、単純に腹立たしいという意味でも、シングルマザーを貧困に追いやってるという意味でも、離婚後の父親からの養育費の不払い問題は本当に深刻だと思う。こんなことだから日本はダメダメなのだ。

 

実際に養育費を定期的に継続して払っている人達がどれだけ少ないか、想像に絶するものがある。いまの時代、女性が正規雇用で働くことが難しいということもわかっていてそれなのだから、父親としての責任がなさすぎる。子どもを作るというのは一人の命を一生引き受けることと同じことなのに、それへの覚悟が甘すぎるのだ。

 

しかし、これは父親の問題だけではない。要するに社会制度設計が失敗しているという話なのだ。イギリスなどでは、徴収権を国家が持つ。元嫁が請求するのではなく国が請求し、国が元嫁に支払う仕組みになっている。気弱な元嫁からは逃げられるかもしれないが、国家となると話は別だ。イギリスにおける養育費の支払いは日本と比べ物にならないくらい安定している。

 

制度の設計次第でいくらでもこの社会は良くなるのだから、問題を仕方ないと追認するのではなくもっと良い形に変えていくことが必要だ。女性がもっと生きやすい社会にするために、制度設計の変更が求められる。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る