2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

人手不足のくせに日本語が話せるガイジンを短期間労働者に求めるのはやめよ

いま、外国人の積極採用が日本で進んでいる。あらゆる業界において人手が足りないのだ。国内の主婦や学生も嫌がるような仕事などに積極的に利用したい構えを見せている。



――単純労働をする外国人向けの就労ビザを作るべき、というのが松崎さんの持論です。

単純労働ビザができれば、就労目的で来るいわゆる偽装留学生や、技術を学ぶという名目の下で職場を選ぶ自由すらない技能実習生といった問題が改善できると思います。日本の企業は、働き手を求めています。海外には、日本で稼ぎたいという人がいます。単純労働ビザがあれば、留学生や実習生といった「ねじれた制度」をあえて選ばなくてもよいのです。

私はシンガポール人の起業家であるデビッド・レオン氏と共同で、海外の人材を日本の企業に紹介する企業を立ち上げました。デビッドは自国で、海外の労働者を受け入れる人材サービスを手がけてきました。シンガポールは多くの外国人労働者を受け入れていることで知られていますが、それはリー・クアンユー元首相が「外国人も戦力として評価し、彼らの力も借りながら国を興す」と明確に決断したことによります。

それに比べると、日本はドラスティックな決断がまだ下されていない。それは外国人労働者だけでなく、いろんな問題で重要な決断が先送りされているようにも思います。

――このまま行くと、どうなりますか。

産業のサプライチェーンの下から崩れてきます。たとえば製造業でいえば、部品を作る中小企業でモノが作れなくなって、その結果、完成車メーカーで車が生産できなくなるということが起きるのではないでしょうか。

via: 外国人が活躍できない日本の残念な労働事情 | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

mig 人手不足のくせに日本語が話せるガイジンを短期間労働者に求めるのはやめよ

 

いい加減日本は落ち目であることを自覚せよ

なんというか外国人労働について日本があまりにも遅れているのは端的に言って危機意識の問題なのだなということがこういう記事を見ると非常によくわかりますね。外国人はなあ、などと言っている日本人が誰も彼も知らないうちに外国人労働によって賄われている多くの労働に支えられていることに気づいてすらいない。

 

一番目立つのはコンビニの店員さんだと思いますが、最近俄然増えてきました。それだけ働き手が少なくなってきているのです。大学生のバイト先としてよく使われてきたコンビニですが、最近は有給のインターンも増えてきて当たり前になってきています。1つの店舗を回すのに20人のアルバイトが必要とも言われるコンビニは人材不足が顕著ですね。

 

しかし、そこで働く外国人労働者の中に日本語が完全じゃない人も少なく、そういう人に対して差別的な態度をする人も少なくありません。あまりにも愚かで信じがたいとしか言いようがありません。心も狭く視野も狭く頭も悪い人間のせいで、そういう外国人労働に異常な負担が掛かっていますね。

 

外国人労働者はもう既に日本を回していくために必須の人材とすらなっているのです。そこを決して勘違いしてはならない。このまま日本が外国人労働者にとって魅力の無い国であり続けるなら、日本は早晩労働力を失ってしまいます。だって、他の国のほうが稼げるなら他の国に行ってしまうのですから。外に出られない日本の若者とは全く違います。

 

語学力は働きながらつけるもの

大体ですね、外国人労働者に完璧な言語力なんて求める方が完全におかしいんですよ。もしも極めて流暢に日本語が話せる人材なら、最初からコンビニバイト以外のバイトを探すことも全然不思議ではない。そして語学力が無くても出来る仕事はあり、そういう仕事を外国人労働者がやっているからこそ日本は回っている。本当に馬鹿げた話なんです。

 

大体そういう人間性のやつに限って絶対海外に出たがらないんじゃないですか。自分が出来ない側に回るのは怖いでしょう。出来ない人間を散々バカにしてきたのですから。そうやって誰かを否定することで結果的に自分が取れる選択肢を自ら縛っていくような人を愚かというのでしょう。悲しい話です。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る