2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

北朝鮮のスパイ、スリーパーセルが人を殺しても精々数人である簡単な理由

なんだか騒がれていますが、正直スリーパーセルなんてどの国にもいるし、破壊工作をする理由にもならない。アホなこと言わないで欲しいものです。



北朝鮮「スリーパー・セル」を恐れる必要はない 北朝鮮はおそらく日本にスリーパー(潜伏スパイ)を送りこんでいるが…… KCNA-REUTERS <ターゲット国の社会に溶け込む工作員は、殺人や妨害活動を目的としているのではない> 北朝鮮はおそらく、日本の社会にスリーパー(潜伏スパイ)を送り込んでいる。また、イギリスのタブロイド紙デイリー・メールが薄っぺらな記事で指摘したように、北朝鮮は暗号化されたメッセージをスパイたちに送っているようだ。 だが、スリーパーがテロリスト化するだろうか。 日本の国際政治学者・三浦瑠麗が、もし北朝鮮との戦争が始まり、最高指導者の金正恩が「殺されたのが分かったら、一切外部との連絡を絶って、都市で動き始めるスリーパー・セルというテロリスト分子がいる。ソウルでも、東京でも。もちろん大阪でも」と、テレビでコメントしたという。 冒頭で述べたように、日本に北朝鮮のスリーパーがいること、そして北朝鮮が(日本だけでなく)各国にいるスパイに向けて暗号メッセージを送っていることはおそらく事実だろう。だが、日本にいる北朝鮮のスリーパーを恐れる必要はまずない。最悪の場合、1、2人が殺されるかもしれないが、その程度だろう。 かつてイギリスの情報機関トップが、当時CIA諜報員だった私に、自分たちの最大の武器は「神話だ」と言って笑ったことがある。史上最強のスパイ、ジェームズ・ボンドの小説や映画のおかげで、イギリスの情報機関は実際よりもはるかに有能だと思われている。そのイメージが、彼らに大きなパワーを与えてくれているというのだ。 人間は想像力が豊かなだけではない。自分の理解を超える現象を前にしたとき、本能的に筋の通る「ストーリー」を見つけて説明しようとする。そこに不安(この場合北朝鮮との緊張)が加わると、タブロイド紙の記者も教養ある学者も、「北朝鮮のスリーパー・セル」なるものをリアルな不安として大々的に取り上げるようになる。 そもそもスリーパーとは、ある国に長期にわたり送り込まれる工作員のことだ。事前に任務を言い渡されているが、ジェームズ・ボンドのように手際よく任務をこなして帰国するスパイとは違う。スリーパーはターゲット国の社会に完全に溶け込み、本国から指示があるまで、ひたすら「普通の生活」を送る。 一般に、全体主義的な国は民主主義国よりも、スリーパーをたくさん使う傾向がある。工作員にとっても、民主主義国での長期生活には魅力が多い。 北朝鮮「スリーパー・セル」を恐れる必要はない 北朝鮮はおそらく日本にスリーパー(潜伏スパイ)を送りこんでいるが…… KCNA-REUTERS <ターゲット国の社会に溶け込む工作員は、殺人や妨害活動を目的としているのではない> 北朝鮮はおそらく、日本の社会にスリーパー(潜伏スパイ)を送り込んでいる。また、イギリスのタブロイド紙デイリー・メールが薄っぺらな記事で指摘したように、北朝鮮は暗号化されたメッセージをスパイたちに送っているようだ。 だが、スリーパーがテロリスト化するだろうか。 日本の国際政治学者・三浦瑠麗が、もし北朝鮮との戦争が始まり、最高指導者の金正恩が「殺されたのが分かったら、一切外部との連絡を絶って、都市で動き始めるスリーパー・セルというテロリスト分子がいる。ソウルでも、東京でも。もちろん大阪でも」と、テレビでコメントしたという。 冒頭で述べたように、日本に北朝鮮のスリーパーがいること、そして北朝鮮が(日本だけでなく)各国にいるスパイに向けて暗号メッセージを送っていることはおそらく事実だろう。だが、日本にいる北朝鮮のスリーパーを恐れる必要はまずない。最悪の場合、1、2人が殺されるかもしれないが、その程度だろう。 かつてイギリスの情報機関トップが、当時CIA諜報員だった私に、自分たちの最大の武器は「神話だ」と言って笑ったことがある。史上最強のスパイ、ジェームズ・ボンドの小説や映画のおかげで、イギリスの情報機関は実際よりもはるかに有能だと思われている。そのイメージが、彼らに大きなパワーを与えてくれているというのだ。 人間は想像力が豊かなだけではない。自分の理解を超える現象を前にしたとき、本能的に筋の通る「ストーリー」を見つけて説明しようとする。そこに不安(この場合北朝鮮との緊張)が加わると、タブロイド紙の記者も教養ある学者も、「北朝鮮のスリーパー・セル」なるものをリアルな不安として大々的に取り上げるようになる。 そもそもスリーパーとは、ある国に長期にわたり送り込まれる工作員のことだ。事前に任務を言い渡されているが、ジェームズ・ボンドのように手際よく任務をこなして帰国するスパイとは違う。スリーパーはターゲット国の社会に完全に溶け込み、本国から指示があるまで、ひたすら「普通の生活」を送る。 一般に、全体主義的な国は民主主義国よりも、スリーパーをたくさん使う傾向がある。工作員にとっても、民主主義国での長期生活には魅力が多い。 via NEWS WEEK 北朝鮮「スリーパー・セル」を恐れる必要はない

magw180220 kju thumb 720xauto 北朝鮮のスパイ、スリーパーセルが人を殺しても精々数人である簡単な理由

 

スリーパーセルの役割を考えてみたらわかる

スリーパーセル問題がなんだか恐怖を生んでいるようですがちょっと落ち着いて考えてみればこれがいかに下らない騒ぎかすぐにわかることです。記事にもある通り、スリーパーセルの目的は社会に溶け込んで情報を収集することです。その国の人間を大量に殺害するためではありません。それは攻撃行為であって、エージェント(スパイ)が担当するようなことではないからです。

 

大体、自国のトップが殺された瞬間から外部との情報を遮断したら細かい判断出来ないでしょ。政府の中でどういう対応を決定するかも何もわからない中で、勝手に攻撃して社会的な大問題になる可能性もあるんだから、むしろそういうときこそ自国政府の現状を正確に把握して行動しないといけないし、潜入国での情報収集も一層重要になるタイミングなのに、何を言っているのかさっぱりわからない。とりあえずビビらせておけばいいとでも思っていないなら、これは完全に逆効果というか意味のない発言だなと思います。

 

スリーパーセルはもちろんいる

あと、これもとても大切なことですがスリーパーセルは間違いなく日本にいますね。それはアメリカもそうだし、中国もそうだしイギリスもロシアもそうでしょう。重要な国家には複数人のスパイを配置していることに疑いの余地はありません。それが情報戦ですから、当然のことです。日本だとインテリジェンス機関ってまるで無いかのように扱われていると思いますが。日本だって同様のことをしていると思いますね。

 

生の情報を引っ張ってくること、相手国の中枢が何を考えているのかできるだけ深く知っておくこと。それは外交上とても重要なことですから、どの国だってやっていることです。戦争を回避するためにも、経済的な判断をするためにも、国家間条約を結ぶためにも、あらゆる点において密なネットワークというのがとても重要なのです。

 

スリーパーセルはもちろんいます。ただし、彼らが必ずしも大量殺戮をするとは限りません。というかその可能性はほとんどありません。スパイはいますが、それは北朝鮮以外の国からもたくさんきています。日本も恐らくたくさん外国に派遣しているでしょう。それはお互い様です。基本的な事実だけ認識すれば、スリーパーセルが暴れまわるようなシナリオなど想定することは出来ません。馬鹿らしい騒ぎだと思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2018年 2月 21日

    戦争状態等の非常事態の時の話なのに、普段の通常状態を例に出してどうするんだバカか?

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る