2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

SNSなどでの若者の被害が過去最多、悪いのはSNSなのだろうか

どんどん広がっているインターネットの世界。当然若者もどっぷり浸かっているわけですが、そこでの被害も増えている模様。でもSNSを悪者にするのは筋違いかもしれない。



 交流サイトを利用して犯罪に巻き込まれた18歳未満の子どもは今年上半期(1~6月)で919人と、半期としては過去最多を更新した。警察庁によると、被害者の95%は少女。7割近くが15~17歳だった。児童買春や児童ポルノなどの性犯罪が大半で、統計を取り始めた2008年以降、5人が殺害されている。

 ネットを通じた子どもの被害は以前は「出会い系サイト」が多かった。だが、08年の出会い系サイト規制法改正で18歳未満の利用が禁じられ、被害は減少。昨年は過去最少の42人だった。一方、交流サイトは同法の規制の対象外で、被害にあった子の数は08年の792人から昨年は1736人と2・2倍に悪化した。

via: 交流サイトで被害の子ども、過去最多 ツイッターが3割:朝日新聞デジタル

SNS SNSなどでの若者の被害が過去最多、悪いのはSNSなのだろうか

 

広がるインターネット

世の中には止められない流れというものがあり、それは良し悪しに関わらず不可避的に展開していくものです。例えばグローバリゼーションはまさにその典型です。その現象を捉えること自体も難しいし、捉えた所で止めたりコントロールするのは極めて難しい。だからせめてそれを前提とした上で、どのように対応するかというのが重要になってきます。

 

そして、インターネットというのも間違いなくそういう類のものでしょう。もう無くなることは決してないし、また展開が遅くなることもない。良し悪しに関わらず、インターネットやこの場合でいうとSNSそのものを批判することは議論としては意味があるかもしれないけれど現実にはほとんど意味のないことです。

 

1つのSNSを潰した所で、類似サービスは無限に湧き出てくる。だからそれそのものを無くすのではなくて、どうやってその中でやっていくのかを考える方がずっと良いことはもはや議論を待たないところでしょう。

 

インターネットリテラシー

若者の被害が多いというのは事実でしょうが、それはおそらく大人も同様でしょう。元々存在していなかったシステムですから、使い勝手もよくわからず失敗してしまうケースは少なくないはず。若い人が裸の画像などを送ってしまうなどの問題もありますが、それも遥か昔雑誌の時代から起きていた事例ではあります。インターネットの拡散力は恐ろしいですが、近い構造の問題は常にあった。

 

では、ここでいうインターネットリテラシーとは何か? それは徹底的に「怖い例」を早い段階から共有することでしょう。それが一番良い。ポルノ的画像を撮ってネットに上げると何が起きるか、匿名の人と特に二人で会うような場合はどんなことが起こるのか、それを伝えることこそが責任でしょう。これだけ人口に膾炙しているものですから義務教育に取り込むべきです。情報端末に触れるのはもはや小学生からですから、小学校低学年くらいから始めるべきでしょう。

 

個人情報が特定される恐怖、そういう画像が悪用される恐怖さえわかっていれば、SNSだろうがどんなサービスだろうが根っこは同じです。しっかりとそのリスクを周知し、同じ苦しみを繰り返さないことが重要でしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る