キジトラ速報

SOHOやクラウドソーシングで仕事をする上でのトラブル 
2014/08/31 12:02  コメント (0)
  • follow us in feedly

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • ネットの仕事でのトラブル

    ウェブで稼いでみたい…そう思っている方は多いかもしれませんが、ネットのお仕事はトラブルも多いので注意が必要です!

     

    クラウドソーシングの代表的なサイト・ランサーズで、ボツにされたウェブデザインを無断で使われるというトラブルが起きたようです。SOHO・クラウドソーシングは、非常に便利なサービスですが、直接会わずに契約を結び履行していくので問題も起きやすい…



    ウェブライターとしての私の経験

    ランサーズで起きたトラブルの詳細と、法的な考え方などについては、弁護士ドットコムの記事に譲るとして…ここでは、「フリーライター」としてSOHO利用したことがある私の実体験を少々紹介していきます。 ※SOHOとクラウドソーシングの違いは、特定個人に依頼する(SOHO)か、不特定多数に依頼する(クラウドソーシング)か、のようです。

     

    ウェブライターの仕事は、完全に在宅です。「SOHO・ライター」などでググったサイトや掲示板などで案件を探して、メール・メッセージを送って受注契約をする。で、完成したものをメールなどで送信してお金振り込んでもらって終わり。1件のみの契約もありますが、だいたいは数十記事という単位で受注します。料金の相場は、1文字0.1~0.5円といったところでしょうか。

     

    医療系の記事や、キャッチコピーも含めた記事などの作成の場合には、1文字数円という単価で契約できる場合もあります。

     

    ライターは安値でこき使われる

    個人事業主として企業(や個人)と業務委託契約を結ぶので、本来は対等な立場のはずなんですが…ライターは気軽に使い捨てできるほどいるので、まるでブラック企業に雇用されているかのように安価で酷使されてしまうことも多いってのが実情。実際、わたしも最初のころは注文主と条件交渉などできずにバカみたいな単価で記事を書いていたものです。

     

    業務委託契約と称したブラック労働ってのが、SOHO・クラウドソーシングの大きな問題の一つと言えるかもしれません。

     

    その他の問題としては、以下のようなものがあります。

     

     

    • ・仕事に責任を持たない人が多い(ブッチする受注者)
    • ・料金の不払いなど当初の条件を守らない発注者
    • …よく考えてみると、これらの問題って別にネット上だけじゃなくて、実際の業務委託でもよく起きてるよなぁ…wネットの場合には、顔を直接会わせないので無責任な行動が特に目立つってのは言えるかもしれませんけど。

     

     

    ネットで稼げるお仕事、とか言いながら講学の教材を買わせる、なんてケースで損失を被ることもあるかもしれませんのでご用心を。

     

    記事引用

    わが社が提案した「ウェブサイトのデザイン」を、クライアントに勝手に使われた――。ウェブサイトのデザインやプログラムなどの仕事を依頼したい人と、それを請け負うデザイナーやプログラマーらをネット上で結び付けるサービス「クラウドソーシング」をめぐって、トラブルが起きている。

     

    クラウドソーシングの代表的なサイト「ランサーズ」を通じてウェブサイト制作の仕事を請け負ったデザイン会社の社長が8月19日、ブログで依頼者とのトラブルを告白し、話題を呼んでいるのだ。

     

    ●「契約をキャンセルするメールを送った」

     

    沖縄県でデザイン会社を営んでいる男性に、弁護士ドットコムが取材したところ、この会社は今年5月、ランサーズを通じて、東京都内のあるクライアント(制作会社)と契約を結んだという。その内容は「マンションの紹介サイトを作成する」というもので、受注後、デザインなどに関してやりとりをしていたのだそうだ。

     

    デザインを提案すると、クライアントは「私の思い描いている色を提案しなさい」などと指示。デザイン会社側がそれに応えると、「外れです。正解をこちらで教えたことになるので、その分はこちらで作業したことになりますよね」などと、暗に値引きを要求してきたという。

    しばらくそうしたやり取りが続いた後、6月上旬の金曜になって、クライアントは「あと、何日で完成しますか?」と質問してきた。

     

    これに対して、デザイナーは「デザインにOKが出て、原稿をいただければ制作に入ることができます。制作に入れば3日ほどで完成しますが、原稿はいついただけますか」と返答した。するとクライアントは「質問を質問で返すなんて非常識!この人外してください!!この人からの質問にはこれから一切返事しません!」と言ってきた。

     

    さらに、クライアントは金曜深夜にもかかわらず、すぐに作業をして完成させるよう要求。デザイン会社の社長は「週末に作業を命じられない」として、自ら契約をキャンセルする旨をクライアントに対してメールで通告したのだという。デザイン会社側は、クライアントからお金を一切受け取っていないとのことだ。

     

    ところが、8月になって、それまでやり取りしていたデザインをほぼそのまま利用したサイトが、ネットで公開されているのを発見したのだという。

     

    ●「契約はどうなったか」がポイント

     

    デザイン会社の社長は 「叩き台として『ここに御社の物件画像いれましょう。物件の写真ないですか』『配色を決めましょう』とやり取りしていた時のデータなので、この段階のものが利用されることに困惑している」と語る。そのうえで、「無断利用したデザインの削除」をクライアントに求めているが、こうした場合、法的権利として削除してもらえるのだろうか?

     

    企業法務にくわしい秋山直人弁護士は、次のように話す。

     

    「ランサーズの利用規約によると、クライアントとランサー(仕事を請け負う側)との間の本件のような契約は、業務委託契約と位置付けられています。本件では、いったん業務委託契約が有効に成立していますので、結論を導き出すためのポイントは『その契約がどうなったか』です」

     

    つまり、契約が解消されたのか、それとも続いているのかが、重要なポイントだというわけだ。秋山弁護士は続けて、こう述べる。

     

    「仮に契約解除が有効であれば、契約の効力は失われます。その場合、クライアントが、ランサーの提供した成果物を利用する権限はありません。つまり、無断利用は違法ですから、ランサーは使用中止の請求が可能です。

     

    一方で、仮に契約解除が無効となると、契約は継続していることになりますので、むしろランサーのほうで受託業務を一方的に中止したことが、契約違反ということになりかねません」

     

    ●「クライアントの言い分も聞く必要がある」

     

    この点について、デザイン会社の社長は「6月上旬に契約をキャンセルさせてもらうというメールを送った。クライアントから直接返事はなかったが、その後すぐ、クライアントが作業のために用意したサーバーにアクセスできなくなった。さらに、ランサーズの『エスクロー(仮払金)』が取り下げられたので、キャンセルに合意したと判断した」と話している。

     

    この「エスクロー(仮払金)」は、仕事が開始される前にクライアントがランサーズに預け、仕事が完了したタイミングで、ランサーズからデザイナーに支払われる予定のお金のことだ。

     

    その後、7月になって、この社長のもとに、ランサーズから「クライアントが困っているようだから連絡してあげてくれないか」という伝言があったが、社長は「それなら直接連絡してくるべきではないか」と返答。その後クライアントからの直接の連絡はなかったという。

     

    こうした場合、契約がどうなるのか。判断するポイントについて、秋山弁護士はこう説明する。

     

    「デザイン会社側の主張が事実だとして、それが契約を解除できる理由になるかどうかが、ポイントです。また、業務委託の対価や納期について、どのような合意があったのかも、検討する必要があるでしょう。デザイン会社社長のブログを見る限り、上記の点について、この社長に分がありそうですが、クライアントの言い分も聞いてみる必要があると思います」と話していた。

     

    この件について、ランサーズは「利用規約違反が疑われる」として、8月20日から調査に乗り出したと発表した。8月22日現在、クライアント(制作会社)とランサー(デザイン会社)をまじえた3者で協議中だという。

     

    via: クラウドソーシングでトラブル――ボツになった「ウェブデザイン」が無断で使われた? |弁護士ドットコムトピックス

     

    SOHOとは

    SOHOとは、Small Office/Home Office の略後であり、インターネットを利用して、小規模な事務所や自宅で仕事をしたり、開業したりする事業者の就業形態を指す言葉として使われることが一般的です。
    上記のような意味合いから、職種やライフスタイルとして定義づけられることもあり、文脈や使われるシーンによって広義な定義づけをされることもあります。
    SOHOの仕事には、主にフリーランスのデザイナーやエンジニア向けの案件から、データ入力や文章のライティングといった主婦や在宅ワーカー向けの作業まで、インターネットを通じて受託できる仕事が上げられます。

     

    クラウドソーシングとは

    クラウドソーシングとは、英語でCrowd Sourcingという表記になり、Crowdは群衆、Sourcingは業務委託という意味になります。
    これはインターネットを通じて、不特定多数の群衆に対して業務委託を行うことができるという雇用形態や仕組み全体を指す言葉として使われます。

     

    SOHOとクラウドソーシングの違い

    では、SOHOとクラウドソーシングの違いですが、SOHOは受注者の就業形態を指す言葉ですので、フリーランスに近い意味となります。一方クラウドソーシングは、不特定多数の受注者に依頼をする雇用形態ですので、受注者の立場からすれば、インターネットを通じて仕事を受託するという意味では大きく変わらないですが、依頼者の立場からすると、SOHOは特定の個人への依頼、クラウドソーシングは不特定多数に依頼する違いがあります。

     

    ただし、クラウドソーシングサービスのサイトにおいては、特定の個人を指名して依頼することが可能なため、SOHOの方がクラウドソーシングサービスを利用して、仕事を受託するというケースも増えてきています。

     

    via: SOHOとクラウドソーシングの違いとは? | Lancersマガジン

     

    関連記事

     

    2e31c1c26dd098411528a56250b30cd3 SOHOやクラウドソーシングで仕事をする上でのトラブル 


    カテゴリー ビジネス・起業 ネット全般 なか

    関連記事

    コメントする

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    サイトマップ