2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

戦争でペニスを無くした兵士に移植手術が成功、性的機能なども回復か

戦争における「隠れた傷」として知られるペニス喪失の問題。中々科学者もこういうところには注力しないので学問全体の発展が遅いようです。



ペニスと陰嚢を移植して性器を再建し性機能も回復させる手術が世界で初めて行われる

via Gigazine 

00 m 戦争でペニスを無くした兵士に移植手術が成功、性的機能なども回復か

戦争で性器を損傷した男性兵士がペニス・陰嚢・腹壁などを移植することで性器を再建し、排尿機能や性機能を回復させるための手術を行いました。

Johns Hopkins Performs First Total Penis and Scrotum Transplant in the World – 04/23/2018
https://www.hopkinsmedicine.org/news/media/releases/johns_hopkins_performs_first_total_penis_and_scrotum_transplant_in_the_world

US soldier gets world’s first penis and scrotum transplant – BBC News
http://www.bbc.com/news/world-us-canada-43873058

戦地に赴いた兵士の多くが見える傷・見えない傷を負います。時に即席爆発装置によって性器の一部あるいは全部を失う人も存在し、2016年には陰茎の移植手術が成功していますが、新たに陰茎・陰嚢を含めた全生殖器の移植手術がジョンズ・ホプキンズ大学によって行われました。

W.P.アンドリュー・リー医師らのチームは形成外科医9人と泌尿器科の医師2人によって構成され、3月26日、14時間にも及ぶ手術を成功させました。ドナーから患者に移植されたのはペニス、睾丸を除く陰嚢、そして部分的な腹壁です。なお、睾丸は倫理的な問題によって移植されませんでした。

007 m 戦争でペニスを無くした兵士に移植手術が成功、性的機能なども回復か

アフガニスタンで傷を負い、手術を受けた退役兵士の男性は「これは本当に深い傷で、簡単に受け入れられるものではありませんでした」「術後初めて意識を取り戻した時、ようやく自身を取り戻し、自分が普通になれたのだと感じました」と語っています。男性は回復しており、近いうちに退院する予定。6カ月~12カ月で完全に回復できるものと見られています。

ペニスの再建手術は、体の他の部分の組織を使って行うことも可能ですが、勃起のためには人工的なインプラントが必要であり、また感染率も高まってしまいます。加えて、兵士の中には体の他の部分にも傷があることで移植が難しいこともあるとのこと。

他人の体から体のパーツや組織を移植する「血管柄付複合組織移植」の場合、移植パーツに肌・筋肉・腱(けん)・神経・骨・血管などを含むことから拒絶反応が問題となるため、免疫抑制薬の必要が出て来ます。リー氏のチームは、これら免疫抑制薬の量を最小化するための免疫調整プロトコル開発しました。

形成外科医のリー医師によると、兵士が性器を損傷することは、戦争における「隠れた傷」として存在するとのこと。2014年のシンポジウムで兵士が負う性器の損傷がいかに本人のアイデンティティや自尊心、他者との関係を傷つけるかということを配偶者・家族・介護者から聞いたことが、今回の移植手術へとつながったようです。

左から2番目の男性がリー医師。

002 m 戦争でペニスを無くした兵士に移植手術が成功、性的機能なども回復か

「移植手術によって、この若い男性の正常な排尿機能・性機能を回復させることができることを願っています」と語りました。

 

性的な研究はもっと行われるべき

今回のニュース、非常に希望に満ち溢れたニュースですね。こういうことってどうしてもシモの話というか、なんとなく公的な場では中々語られない領域だと思うのですが、こういう部分も間違いなく人間の一部であって、ということは尊厳に関わる部分であって、尊重されケアされ治療されるべき対象であることは間違いありません。

 

EDや不妊など、性的な異常はその人の自尊心を著しく傷つけることが明らかです。自分がまるで役に立たなくなってしまったような、生まれてきた意味がわからなくなってしまうような恐怖や不安を覚える人がたくさんいるのです。普段はそういう話を全然しないのに不思議ですよね。当たり前のように性的な機能を持って人は生活していると思われている。でも、本当はそんなことないのです。

 

特に今回のケースは兵士ですから、これからも起こりうる事故。国のために戦うとはいえ、それによって受けた被害は当然可能な限り治療されるべきでしょう。このような手術や技術がどんどんアップデートされていくことを強く望みます。

 

日本では成長が遅い分野

しかし非常に残念なことに、日本ではこの分野の研究などは余り進んでいないようです。容易に想像出来るかと思いますが、こういう性的な部分の研究というのは予算が中々降りなかったり、周りの目がきになって研究しづらいということをよく聞きます。確かに性的な快楽についての研究などは色眼鏡で見られてしまう可能性が高く、どうせならもっと人に話しやすい研究をすると考える人が多くても不思議ではありません。

 

そんな風に性的なものに対して蓋をする習慣は科学研究の文脈だけに限った話ではありません。最近も中学生向けの性教育で避妊といった言葉を使ってはならないなどと言っていた政治家がいましたが、何を言っているのかわかりません。性教育の中には当然避妊や妊娠に関わる話は出て来るし、当然その前提として性行為の話も出てくるのにそれらのキーワードを使ってはならないというのです。意味がわからない。

 

日本ではまだまだ公的な場や研究領域において理解や発展があまりない性的な部分、しかしそれは人間の本質的な尊厳とも関わる非常に重要な領域です。今後日本でもこの手のことが色々進んでいくと良いのですが。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る