2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

異星人は存在し、定期的に地球に来ている-アメリカ人の半数近くが信じる宇宙人観

なんだか面白い調査が出たようです。アメリカ人の多くが宇宙人がいることを、そしてちょくちょく地球に来ているということを信じている人がいるとのこと。日本だとどんな結果が出るんでしょうか。



宇宙の広さを考えればいると考える人が多いのは当然そうだろう。そんでもってその存在は地球人を上回る知能を持っているとかなら夢も膨らむじゃないか。

 地球外知的生命体、スピリットガイド、死後の世界とか、人は未知なるものに幻想を抱きがちだ。

 映画会社20世紀フォックスが、アメリカ人1700人を対象に行った最新の調査によると、半数近いアメリカ人が異星人やそれに準ずる物の存在を信じており、そのうちのほとんどが、「異星人は定期的に地球を監視するために訪れている」ことも信じているという。

 更に、その内20%の人々は「異星人が地球人を誘拐する」と思っているそうだ。

via: アメリカ人の半数近くが異星人の存在を信じており、地球を監視するために定期的に訪れていると思っている(最新調査) : カラパイア

c02efca1 異星人は存在し、定期的に地球に来ている アメリカ人の半数近くが信じる宇宙人観

 

アメリカ人と宇宙人

なんだかとても面白いニュースがやってきました。アメリカ人の実に半数が宇宙人の存在を信じているなんて凄く不思議ですよね。でも、日本で調査してみても案外このくらいの数字が出るような気もします。

 

ところで、アメリカ人と宇宙人といえば関係性が深いというのを知っている方も結構いるのではないでしょうか。あの有名な写真-グレイ型の宇宙人が両手を持たれているもの-なんかはまさにアメリカのものですよね。

 

他にもアメリカには宇宙人と前々から交流があって、そのための研究施設も一般人には知らされていないけれど存在している、それの名前はエリア51だ-なんて噂もありました。

「墜落したUFOを運び込み、宇宙人と共同研究をしている」という風説が非常に有名である。実際、基地周辺ではUFOらしき未確認飛行物体が頻繁に目撃されていると言われる。そのため、小説・映画等では格好のネタとして扱われることが多く、ハリウッド映画「インデペンデンス・デイ」やテレビドラマ「Xファイル」でも、侵略者に対するアメリカ政府の最終拠点・およびエイリアン研究施設として登場した。-wikipedia

こんなにおもしろい場所が国内にあるなら、それはアメリカ人だって信じてしまいそうになる気持ちもわかります。しかも、ここは本当に立入禁止に関する規定が厳しく、またアメリカ政府は2013年まで本当にその存在を公的に認めなかったほどです。想像力が掻き立てられますよね。

 

雑誌ムー

ちなみに、こういう壮大な話が大好きな人におすすめなのがムーという雑誌です。アトランティスのような古代文明は、いまも深海に遺跡を残しているとか、雪男は実在していてその足跡が発見されているとか、古代にはいまよりもっと高度な文明が存在していたが滅びてしまったとか、アメリカは既に宇宙人に支配されているとかそういったことがたくさん書いていて好きな人は大好きな雑誌です。

 

上述のエリア51なんかもムーでは何度も取り上げられているのではないでしょうか。生きている恐竜、UFOなどトピックは本当に広いので。私も子供の頃に学校の先生が教室の後ろに置いていて貪るように読んだのを覚えています。しかし、そこに書かれていることを真に受けていいのは子どものうちだけだと思うのですけれどね(読み物として読むには、もちろん大人にとっても面白い)。

 

日本にもアメリカ人と同じように宇宙人を信じる心はあるのではなかろうかと思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る