2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

スペインで極右系がデモ:カタルーニャの独立など絶対許さないファシスト集団

カタルーニャの独立選挙について厳しい軍事的争いが起きている中、都市部ではファシスト集団が独立絶対反対のデモを繰り広げているようです。



Protesters in Madrid have been filmed performing fascist arm salutes while singing a far-right political song.

The anti-separatist supporters, many of who were teenagers, were protesting against the Catalonia independence referendum and to show their support for a unified country.

The protesters could be seen carrying the Spanish national flag and holding their arms in a high salute.

via: Spanish anti-separatists in Madrid protest with fascist arm salutes while singing far-right song | The Independent

an131839342madrid spain o スペインで極右系がデモ:カタルーニャの独立など絶対許さないファシスト集団

 

まずは簡単な翻訳

ほとんどが10代の若者たちがカタルーニャの独立に反対するためにデモを行っています。若者たちがデモをするというのはスペインだと普通のことなのかわかりませんが、ちょっと気になるのは彼らが「国粋集団」っぽいきらいがあり、極右っぽい振る舞いをしているということです。

 

一つの国、スペイン

若者たちは熱狂的な様子を見せています。彼らはカタルーニャの独立など断固反対。スペインは一つの国家であり、一つの文化であり、そして素晴らしいものなのだという意思を明確に示しています。スペインという国が好きなので、それを壊したりするような人は大嫌いなわけです。

 

若者が多いというのがちょっと怖いですね。ファシスト-全体主義がよくやるような挨拶もしているようで、ちょっとかなりエクストリームな、極端な集団なのではなかろうかと思うのですが、実際そのような団体がデモをしているということ自体がニュースとしての価値を持ちますよね。

 

カタルーニャはスペインとは異なる文化を持ち、異なる言語を持っています。だからスペインという国家の中にいるのではなく独立したいと言っています。そんな彼らに対して、この若者たちは言います。スペインは一つの国家であり、素晴らしいものなのだ。そこから出ていこうなんてことは許さない。

 

これって物凄いロジックだと思うのですね。スペイン人がみんなスペインが大好きなわけではない。でも全体主義的でかつ極右の彼らからすれば、国民は国家を好きじゃなきゃいけないし、それは全員好きじゃなきゃいけないわけです。みんなで同じ方向を向くのが大好きなファシズム的な考え方を採用するなら、カタルーニャはもちろん独立しちゃいけません。

 

それどころか、カタルーニャ人は「間違っている」ので教育が必要でしょう。カタルーニャはスペインの一部なのだから、独立なんてありえない。だって私達はスペイン人、一つの文化と国家を持つのだ。そんな話が全く通じない教育をしてくれることでしょう。

 

このような団体が動いている国家において、独立運動はかなり大変なのだと思いますが、もしもそれを望む人が多いのならば、独立だって視野に入れてしかるべきだろうと私は思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る