2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

2017年はFacebookの受難の年:フェイクニュースとSNS

SNSの素晴らしさと怖さは交互に宣伝されるように出来ているのかもしれない、と思うくらいに2017年のFacebookは苦しい展開が続いた。世界を繋げるという素晴らしい目標の元、あらゆるヘイト表現が行われる場にもなったのだから。





Facebookとフェイクニュース:2017年に我々が学んだこと 編集部 2018/1/6 Turn on tldr

Facebookにとって2017年は、激動の年だった。

フェイクニュースを拡散してしまったことや人種差別的な広告に対する批判の高まり。また、ロシアのプロパガンダに関して国会で取り上げられ、欧州からはさまざまな規制も受けた。そしていま、広告主やパブリッシャーたちは、測定指標に関するミスや独占的なコンテンツ配信の契約に関して立ち上がろうとしている。

以下、Facebookの1年から我々が学んだ、5つのことをまとめた。

Advertisement

1. テックに対する過信 シリコンバレーにはテックが世界をより良くするという根強い信念が存在している。Facebookは家族や恋人や友人と連絡を取り合うのに便利かもしれない。民主的な運動を広めたり、社会の周辺へ追いやられている人々が自分のコミュニティを見つける大きな助けになっているのも事実だ。しかし、善行に使えるのと同様、テックは悪行にも使えることは変えられない事実だ。それは、Facebookのこの1年が、十分過ぎるほど、明らかにしてくれた。テックに対する過信のせいで、ついに自分たちのプラットフォームがいかに悪用されたか気づいたという瞬間に立ちすくみを起こしてしまったのだ。

2. Facebookの強みはまた、弱点 Facebookが公言している目標は世界をつなげることだ。しかし、巨大な広告プラットフォームとなってしまったことが、この目標を遠ざけてもいる。ロシアのプロパガンダ、人種差別主義者、フェイクニュース拡散者にとってみれば、毎日14億人が利用しているからこそ、Facebookを活用しているわけだ。これほど巨大なスケールでは、プラットフォーム上からこういった有害コンテンツを排除するのはかなり厄介な作業となる。その作業は少なくとも利益にはつながらない。Facebook上ではシェアをすることが勧められているが、その文化が原因でフェイクニュースの拡散がさらに進んでしまった。巨大であるからこそ、批判の対象にもなりやすい。剣で生きる者は剣で死ぬ、というわけだ。

3. フェイクニュースがFacebookの情報源としての信頼性を損ねた フェイクニュース問題のおかげで我々が気づいたのは、思っていたよりも多くの人々がソーシャルメディアからニュースを入手しているという事実だった。67%のアメリカ人が(少なくとも一部の)ニュースをソーシャルメディアから入手している。これは前年の62%とくらべても大幅な上昇だ(ピュー・リサーチ・センター)。このなかでもFacebookの存在は大きい。Facebookからニュースを得ている人はそのうち45%、次がYouTubeで18%、そしてTwitterが11%だ。フェイクニュースを見分けることができる、というユーザーたちの自信も特に根拠はなさそうだ。BuzzFeedによると、Facebookを使えば使うほど、Facebook上でのフェイクニュースに騙される可能性が高いとのことだ。

4. FacebookのPR対策はそれほど効果を出していない 今年、Facebookは積極的なPRキャンペーンを展開していた。ユーザーはフェイクニュースを報告することができ、ファクトチェックのスタッフをABCニュース(ABC News)やアソシエイテッドプレス(The Associated Press)といったグループから雇い、フェイクニュースの検知に努めた。ジャーナリストたちのなかには、こういった取り組みを称賛する者もいたが、それは長くは続かなかった。1年が経ち、ファクトチェックスタッフたちは、自分たちがFacebookのPRのために過大に利用されたと指摘している。Facebook側における透明性の欠如が、ファクトチェックの障害になっていると、ガーディアン(The Guardian)が報じている。同時に、フェイクニュースはまだFacebook上でシェアされ続けているのだ。

5. 政治的なプロパガンダだけがフェイクニュースではない フェイクニュースに関する注目のほとんどが、ロシアからのアメリカ大統領選挙に影響を与えようとする取り組みに対して注がれた。これは自然なことだ。しかし、Facebookのそのスケールを悪用しようとしているのは、それだけではない。中絶反対派のサイトであるLifeNews.comはFacebook上に100万人のフォロワーを抱えているが、このサイトもまたFacebook上で多くの誤った情報やフェイクニュースを拡散していたことをニューヨーク・タイムズ(The New York Times)は伝えている。Facebookによるフェイクニュースの定義や、利益を上げようとする拡散者を取り締まるというアプローチからは、こういったフェイクニュースサイトの拡大を抑えることが難しい。彼らは利益ではなくイデオロギーがモチベーションとなっているからだ、とニューヨーク・タイムズは語っている。

Lucia Moses(原文 / 訳:塚本 紺) via DIGIDAY Facebookとフェイクニュース:2017年に我々が学んだこと

facebook disaster eye 2017年はFacebookの受難の年:フェイクニュースとSNS

 

テクノロジーが世界を良くする、は本当か

シリコンバレーが抱える最大の難点は、彼らが自分たちが持っている暴力性に気づきにくいことであるということは重要な指摘だ。新しいビジネスを生み出すこと、何か新しいことが出来るようになること、なによりそのサービスが爆発的に成長してお金を生み出すこと。そういうことが素晴らしいという文化の中には、自己を省みる視点というのは持ちづらいのかもしれない。

 

いま世界で最も重要視されるものの一つがエンジニアリングだろう。新しいものを生み出すこと、この社会に実際に介入すること、何かをより便利にしたり効率的にしたり早くしたり強くしたりすること。そういうエンジニアリングがもてはやされる理由は、やはりシンプルでわかりやすいからである。

 

しかし、Facebookを見ればわかるように「出来ることが増えること」がいつだって良いとは全く限らない。テクノロジーの発達と社会との関係を考えるためには、原発などわかりやすいテクノロジーによる事故を忘れないようにしないといけない。物凄く便利でも、それによって破壊されるものがあまりにも大きい場合は、そのテクノロジーを私達は手放さなくてはならないことも十分にありえる。

 

文系理系論争にも通じるFacebookと倫理

そして、実はこれってとても文系理系の議論に非常に構造が似ている。曰く、文系のほとんどは社会に何も生み出さないから価値が無いという。文学などやったところで、社会にはなんの効率性も良いことも生み出さないという。倫理学などは頭でっかちな、答えのない問いに延々と向き合っている印象があるはずだ。

 

しかし考えてみよう。Facebookにまつわる様々な問題-プライバシー、リベンジポルノ、フェイクニュースなど蓋を開けてみれば技術的な問題ばかりだとは到底言えない。そこで重要なのはむしろいわゆる文系と呼ばれるような分野の人たちが考えるテーマばかりである。もちろん「考える」だけで世界が変わらないのは事実だ。

 

大事なのは「考えた上で作ること」である。例えばフェイクニュースはテクノロジーの発達で自動で判断出来るようになるかもしれない。しかし、「何がフェイクニュースなのか」という部分はエンジニアはわからない。それを知っているのはいわゆる文系の専門家である。その両者がいなければ、フェイクニュースが死滅する日は来ないだろう。

 

エンジニアがこの世界で物凄く重要なのはもちろんだが、しかしそれだけでは世界は「良く」ならない。いわゆる文系的な知見とエンジニアリングとが合流したときに、よりよい社会を作るテクノロジーが生まれるのだろうと私は考えている。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る