2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

個人の商店街が生き残るには 

「イオンのせいで商店街が潰れた」はくだらない同情論

以前、ブロガー・かさこ氏が「大型店のせいで商店街がつぶれたなんていうくだらない同情論はやめろ。個人商店の甘えだ」というような記事をかいていました(当サイトでも記事を出しています)。それに対して、ブロガー・永江一石氏が、同意する旨の記事を書いていたのでピックアップ。

 





かさこ氏の主張

まず、かさこ氏の主張について。大雑把に紹介すると、以下のような論調でした。

 

  • ・商店街というビジネスモデルは終わっている
  • ・魅力がある店ならつぶれない
  • ・潰れるのは甘え

 

永江氏の主張

永江氏の主張は…「大企業であっても競争はある。努力しないならつぶれて当たり前」というようなもの。で、個人商店をつぶさないための手段・方法として、以下のようなものを挙げています。

 

  • 1.手遅れにならないうちに手を打つ
  • 2.戦力を一気に投入して対策する
  • 3.他と競合しないようなニッチな分野を攻める(利益率が高く、参入障壁が高いビジネス)
  • 4.人のフル真似とならないように、オリジナリティを出す
  • 5.ニーズを徹底的に考える

 

永江氏の主張

わたしは、以前の記事で商店街の真ん中に居住型の老人ホームを建てるという方法はどうか、と素人考えで提案をしていました。永江氏は、記事中で「年金暮らしのお年寄りが多くてもターゲットにはならない」とバッサリ切っていますwショックw

 

いつもなら永江氏の意見にいろいろとイチャモンをつけるところですが、コンサルティングを専門としている永江氏にわたしがつっこめる部分などあまりないので自重…永江氏が主張してる5つの方策って、基本的・一般的なものですしどこかで聞いたことがあるようなものばかりで、反論もできやしませんしw

 

私の地元の話

さて、私の地元がシャッター街になりかけの田舎だってことは以前にも書いた通りです。で、個人商店を見ていると、どうも消費者を客だと考えてない節がある…。B to CじゃなくてB to Bで商売しているんですよね、彼らって。魚屋なんかは旅館・ホテルなんかに売っているし、本屋も教科書を学校に販売することで利益を独占している。商店街へ直接やってくる消費者ってハナから期待していないような雰囲気が(少なくともわたしの地元には)ある。

 

で、割と現状に満足している感があるので、商売っ気もないしサービス精神もない。これじゃあ個人商店・商店街も盛り上がらない… 若くて挑戦心が旺盛な人たちへバトンタッチが進んだらちょっとは変わってくるのでしょうか…。

 

記事引用

で、かさこさんの書いたコレ

大型店のせいで商店街が潰れたというくだらない同情論はやめにしたい

これは「そのとおり」と腰に手を当てて大声で言いたいと思いました。

大型店のせいで商店街が廃れた。大資本の収奪だなんてバカみたいな話はもういい加減やめにしないか。商店街同情論は既得権益を守るために、国民の利便性を犠牲にし、社会を衰退させてきた、今の政治家とまるっきり同じ発想だ。既得権益を守って欲しい国民がいるからしょうもない政治家が選ばれ、どんどんこの国は衰退していく。

f00b40ad4a067ebe49920c57e0ae8008 個人の商店街が生き残るには 

実は自分のメルマガにも地方の人から「なんとか地方を活性化させたい」との質問がけっこうあります。

努力をしない企業も学校も、当然ながら個人商店も潰れて当たり前だし、大資本が悪という「プロレタリアート対資本家」みたいな考え方は文化大革命の時に終わったでしょ。ダイエーでさえもイオン傘下になってしまう事を見ても、大きければ大きい同士の熾烈な戦いがあるわけですよ。どんなものも利用者にとってメリットのあるものに置き換わっていくのは当然です。新聞がネットに置き換わっていくようにね。

個人商店はどうしたら生き残れるか

でも、商店街の人も生き残らないといけない。どうしたら生き残れるのか。そのポイントというか考え方をおこがましいですがちょっと考えた。いくらなんでも人口自体が減ってしまって店もみんな閉まっているような手遅れ感満載のところはちょっと無理だとは思います。正直こんなことで生き残れるという自信はないけど、書くだけ書いた(正直)。

 

地方でも頑張ってる代表が「ヤンキーの虎」です。地方のぼんぼんだったり成り上がったりの皆さんが、マイルドヤンキーを雇用して複数の業種をやりくりして会社を回しています。この人たちは地方でも生き延びているわけで、地方はみんな死に絶えるわけではないんです。

1 手を打つのは手遅れにならないうちに

非常に当たり前なんですが、斜陽になってきているのになにもしない。というかなにをしていいのかわからないままずっと来た、というのが一番多い気がする。ちょっと田舎に行くと「よくこんな店やってるよな」というようなのがいっぱいある。おばさん相手の物凄くダサイ洋品店とか、今どき時計屋とか学生服とか、商品点数が異様に少ない食料品屋とか・・・

「昔からコレやっているからほかのことはわからない。いよいよだめになったら閉める」というお年寄りなら仕方ないが、まだ何十年かは頑張らないといけないのであれば、本当にだめになる前に手を打つべき。お金も底をついて借りることさえ出来なくなってからではなにもできない。まだある程度の資金があるうちに思い切って手を打つべし。これはビジネスの常識だと思います。

2 あちこちかじらず戦力は一気に投入

戦争の基本は「相手の総合力を上回る最大兵力を一気に投入」である。ちびちびと少しずついろいろなことに手を出しても勝てるわけは無い。ここぞと決めたら一気に全兵力、つまり自分のもてる時間をすべて注ぎ込むことが重要。勝てる勝負と見極めたら全力を尽くす。ダメなら撤退の決断は素早く。ヤンキーの虎の皆さんも多角化するときは全力でやってると思います。そしてだめなときの撤退も早いはずだ。

3 他と競合しない商売を選択する

当たり前なんだが、大資本でも無い限り、大型スーパーやコンビニ、日曜大工センターやシマムラと競合して勝てるわけが無い。もっとニッチな商品やサービスにしましょう。そして、個人商店が鞍替えする時の重要なポイントは

利益率が高くて参入障壁が高い商売に

ということになると思う。そんなものあるかと思うかもしれないが、個人商店だって参入しづらくて利益率が高い分野は当然ある。基本、問屋から買ってきて並べるだけの商売は参入障壁は低いし利益率も低い。だって誰でもできるから。

では、どういう商売が「利益率が高くて参入障壁が高い」のかといえば、ほとんど客がいないのに潰れない業種です。
たとえば宝石屋(ココ山岡は手法間違って潰れたけど)とかはんこ屋が潰れないのは、利益率が非常に高いからだ。だから月に数個の注文でも食っていける。しかし宝石屋は目利きが必要だしはんこ屋は技術が必要。目利きや技術が必要な商売に鞍替えするには、努力と勉強が必要です。これができないところは潰れても仕方ないと思う。(宝石屋とはんこ屋は一例なので「これやれば」っていってるわけじゃ無いので念のため)

4 人のフル真似をしない

真似というのはオリジナルを超えることはできない。公認ゆるキャラをいくら作ってもくまモンを超えられない。他でヒットしているものを真似るときは、一手間掛けてオリジナリティを出す。そういう意味でわたしはフランチャイズは全く勧めません。儲かるのは元締めだけ。

5 ニーズを徹底的に考える

実はこれがマーケティング視点だと思います。その商売が消費者に求められているのか考え抜くことです。近くにスーパーができたのに、それより高い価格で全く同じ食料品を売っても勝てるわけがない。近くにいる消費者の事を考える。そしてできれば多少はお金を使えるターゲットを探す。
たとえば年金暮らしのお年寄りが多くてもターゲットにはならない。でも企業の工場があれば勤務帰りに呑んだり遊んだりする場はニーズがある。ドカ盛り系飯屋は潰れる確率が低いのは、ドカ盛り店になれば少しくらい不味くても満足してくれる客が集まるから。マイルドヤンキーが多ければ、友達同士で集まりそうな居酒屋やスナック(笑)。

自分があの人たちならどういう店に行くか

という想像力が必要なんです。

私的には一番オススメは最後に書いたドカ盛り系の飯屋です。潰れそうな商店街の飲食店が話し合い、「ドカ盛り商店街」として売り出す。この町に行くと、ラーメン屋もとんかつ屋も中華屋も喫茶店も全部ドカ盛りなの。全国からテレビも取材に来るし、食べログにも半端ないくらいでるでしょ。デカ盛り商店街の全てのデカ盛りを制覇したら殿堂入り。もう全国からネタ好きが集まってきてすぐにバイラルメディアとかNAVERまとめにこんな感じで出ますから、ホント。

飲食店の原価の大半は人件費で食材のコストではないはず。最後にわたしが食したことのあるデカ盛りの写真を置いて終わりたいと思います。

 

via: 地方の個人商店はどうやって生き延びたらいい? | More Access! More Fun!

 

関連記事

 

90fd82da5e0cc64c1f8d3e0dbdf137eb 600x449 個人の商店街が生き残るには 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (5)
    • キジトラさん
    • 2014年 8月 11日

    具体的には?
    例えば米国ではウォールマートなんかは出店に伴い誘致金をもらってる。さらに大幅に安い金額で個人店をぶっつぶしてから値段を戻し、失職した人を安価で雇ってる。
    日本でも大型機械を導入した農家共同体では一般農家と利益率がまるで違う。
    結局資本力を武器にされたら、差別化なんかでは対抗できなくい。ニッチや利益率の高い産業に参入せよって言ったって、今してる仕事をどうするかで論点がずれてないか?

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 12日

    利便性のかわりにすべてを失ってもいいの?
    利便性なんてのはデフレの伝道師のお得意なセリフなんだけどw

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 12日

    商店街を総プロデュースする人や組織みたいなのがあればいいのかも。
    店はみんなバラバラだし、時代遅れな物も平気で売ってる。
    こんなもん置いても今は売れないし、商店街のイメージにもかかわる。
    そう言える機関があればいいと思う。
    商品の仕入れや飲食店・総菜屋のメニューのアドバイスとか

    • キジトラさん
    • 2014年 8月 12日

    ※1
    論点ずれてないと思うが。
    資本力を武器にされてもオリジナリティの高い商売をすればそれだけで差別化だし、既に仕事を持っているなら、それをどう改善するか努力しろって事でしょ。

    • キジトラさん
    • 2015年 9月 24日

    時代遅れが悪いことっていうのはおかしいと思う

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る