2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

「叱って殺す」指導死をしてしまった教師のその後を追ってみると

最近、教師からの指導の直後に自殺をするケース、いわゆる指導死がよく報道されています。人を殺してしまったという呵責を背負う教師たちはその後どうなるのでしょうか。



兵庫県立伊丹高で生徒指導部長だった小南誠教諭(58)は、聞いた瞬間、体が震えた。「西尾健司君が亡くなりました」。2002年3月23日早朝の連絡だった。

「なんでや。なんでや」。自問を繰り返した。

前日、学校のトイレで喫煙したため、小南教諭と校長、教頭、学年主任、担任の青木俊也教諭(54)の5人で特別指導を行っていた。前年12月に続く指導だっただけに口調はより強くなったが、内規に沿った指導であり、他の生徒のケースと同様に対応したつもりだった。

青木教諭も、母親の傍らで落ち込み、涙する健司さんの姿を見ても「命を絶つほど思い詰めているとは想像できなかった」。

一方通行になりがちな指導

淡々とした学校側の対応に遺族は不信感を募らせた。線香を上げた後、校長は「特別きつくしかったわけではなく、今までと変わりなく注意したまでで…」と説明した。

img fd74f9ef804517491692b25b4065a8ab74476 「叱って殺す」指導死をしてしまった教師のその後を追ってみると

しかし、小南教諭には母裕美さん(59)の訴えはもっともだと思えた。「無期謹慎を申し渡された子どもがどんな気持ちでいたか分かりますか」「責めるだけの厳罰ではなく、思いやりのある指導であってほしい」。一方通行になりがちな指導だったことに気付いた。

退学のようなイメージを与えかねない「無期」という言い方を「当分の間」に変え、数時間に及ぶこともあった、問題ある行動を起こした生徒への事実確認は1時間までとした。教師が感情的にならないように複数で対応することも決めた。「厳しい指導こそが生徒を鍛える」と考える同僚も多く反対意見もあったが、1年がかりで内規を改めた。

via: 叱責の翌日に生徒が自殺…教師たちのその後 | 福井新聞 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

64c3d543 l 「叱って殺す」指導死をしてしまった教師のその後を追ってみると

 

殺した後も最初は自覚なし

まず最初に驚いたのは、指導死を生んだ殺人者が最初まるで自分の罪に無自覚であることです。この記事にもある通り「他の生徒に対するものと同じ対応」「最初は変わる必要はないと考えた」などと述べており、ちょっとすぐには信じられません。

 

自分が指導した直後に生徒が死んだ、ってそれどう考えても死を促したことと同じ。自分の言動によって一人の若い命が終わりを迎えたことについてあまりにも無自覚すぎる。親に向かっても同じ対応(だから悪くない)と初手からそれだし、なんというか色々驚きを隠せません。

 

こんな無自覚に人は殺されてしまうのか。こんなにも共感性の薄い人間が教師として普通に生徒にあたっているのかと思うと薄ら寒い思いをしますね。とんでもないことをしてしまったと後悔して自殺するような教師でも出てくるのかと思ったら、とんでもない話です。

 

これ、理解するのに被害者の母親との交流があったとのことですが、こんな無神経な殺人者のために母親はどれだけ心痛を抱えながらこの教師と話したのでしょうか。最初とか話していて絶望しかなかっただろうなと想像します。全然気持ちが伝わらない。自分がやってしまったことに関する罪の意識もまるで無い人間に、自分がやったことがどれほど恐ろしいことなのかを伝えることは骨が折れそうですから。

 

指導死は防げる

これは、私はパワハラと完全に同じ構造だと思っています。自分が持っている圧倒的権力がどれだけ他の人間に影響するのかを自覚的あるいは無自覚的に知っていて、その暴力をしっかりと使っている。それによって人の人生を破壊することが出来るからこそ、それをしてはいけない倫理を権力を持った人間は有さなくてはならない。

 

しかし、権力を無自覚に使えば使われた人間には深い絶望や無力感が訪れます。そういうことも自覚なしに、またこれだけいま指導死の問題が取りざたされているのに無自覚だというのは、本当に病的なまでに愚かだと思います。しかし、徹底的にサンプルケースを若い内から学べば再発を防いでいくことは出来るでしょう。急務だと思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る