2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

聖職者「茶髪だと学校の評判が下がるから修学旅行も行かせないし学校の席も無くす」

世の中には幾つか聖職者と呼ばれる職業がありますが、どうやらその呼び方は一刻も早く変えたほうが良いようです。余りにヒステリックな対応をする人間は学校ではなく病院に行くべきでしょう。



大阪府立懐風館高校(羽曳野市)の3年生の女子生徒が、生まれつき茶色い頭髪を黒く染めるよう学校から強要され精神的苦痛を受けたとして、大阪府を相手取り約220万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。

 社会部記者が語る。

「訴えによれば、女子生徒は学校側から髪を黒くするよう指導され、昨年9月には4日に1度、黒く染め直して登校していましたが、教師に『アウト~』『黒くしないなら学校に来る必要はない』などと言われた。文化祭や修学旅行への参加も認められず、旅行のキャンセル料も請求された。母子家庭の生徒に対し、担任が『家庭環境の変化の際に、両親の気を引きたくて頭髪を染めたのか』とも。

 その後、女子生徒は不登校となり、母親は弁護士を交え学校側と協議。ところが今年4月、登校を試みるとクラス名簿には自分の名前がなく、席もなかったそうです」

 原告代理人の弁護士が語る。

「学校側は指導の理由を、『茶髪の生徒がいると学校の評判が下がるから』だと言いました。金髪の留学生でも黒く染めさせるとのことです。

 幼少の頃から髪の色が明るかった証拠写真も示しましたが、学校側は『1度黒く染めていた生徒は続けるのがルール』という言い分。女子生徒は中学時代から髪を黒く染め、高校入学時の生徒証の写真撮影の際、教諭に『茶色ではダメ』と言われたためその後も染色を続けていた。ですがそのせいで頭髪がボロボロになって逆に色素が抜け、2年生の夏休みの登校日に少し茶色に染め直してきたところ教師に厳しく問い詰められ、帰宅後、過呼吸に陥りました」

 一方で同校の同学年の生徒は「入学時の頭髪検査で、少しでも茶色い場合は先生に『地毛なのか』と聞かれ、申告しました。集会でも教師2人態勢で頭髪検査をしますが、申告があればお咎めなしのはず」と首を傾げる。

via: 「茶髪がいると評判下がる」女子高生“黒染め強要”で学校側の言い分 | 文春オンライン

article 000242 聖職者「茶髪だと学校の評判が下がるから修学旅行も行かせないし学校の席も無くす」

 

教師という聖職者

聖職者と呼ばれる仕事はいくつかありますが、その中でも教師というのは最も身近で、かつ最も聖職者という言葉と現実に乖離がある仕事の1つではないでしょうか。教師による淫行、不倫、いじめの黙認、指導死など数え上げればキリがないほど、教師にはスティグマが刻まれています。

 

大体、これは凄く大事な指摘だと思うのですが「人に教えてあげたい」という欲望は非常に歪んでいるもののように思うのは私だけでしょうか。教えてあげたい、一方的に、上から下に、強いものが弱いものに、知るものが知らないものに、教える。このような非対称な、対等でない関係を積極的に望むというのはどこか恐ろしいところがあるような気がします。

 

それに、絶対に自分よりも年下の人間しか対応しなくて良いというところもそういう人の全能感を育てるのに一役買うでしょう。よくモンスターペアレントなんて言いますが、普通の仕事をしていたらクレーマー対策も当然。モンスターペアレントというほど特別な人間ではなく、誰もがそのくらいの不平不満はいってくるというもの。

 

それをわざわざモンスターペアレントなどと名前をつけて恐れているところからも、教師という仕事がいかに普段権力差のある関係に慣れてしまっているのかよくわかると言えるものです。

 

今回の茶髪染髪せよというのも本当に上から目線の行為です。大体、地毛が茶色だというのに染髪して黒にせよというのは意味がわからない。黒髪が求められるのは、それが一般に地毛の色だからなのであって、髪を染めて黒髪にしてもそれは地毛じゃないわけですから、地毛を大事にしているのですらない。

 

ただ、パット見たときの印象として黒髪の方が望ましいというわけのわからない価値観によって、人の生まれ持った性質を攻撃し、お金を払わせ、かつ学校での居場所を無くす。こんなのはどう考えてもおかしいし、人に意地悪なことをして気持ちよくなっているサディスト的な精神を強く感じます。

 

そして当然ながら、そのような人間は教師になるべきではないでしょう。生徒と常に力関係が明確なポジション、そういう人が加虐性を強めないわけがありません。強めても誰にも叱られないのですからエスカレートしていくわけです。なんなら、すればするほど周りからは真面目な先生だ、頼りになるなんて言われて鼻高々になっていたかもしれません。

 

とにかく、聖職者としての教師はもう存在しない。そもそも、市民たちも教師や学校を聖職的なものとして無闇矢鱈と全幅の信頼を置かない。彼らは普通の人間であり、ふざけたクソ野郎もたくさんいて、今回の事件以外にも指導死などきつく言い過ぎて生徒を殺すことだってしている。

 

教師には、当然普通の職業がそうであるようにもっと人事評価を明確に行い、ダメな人間には罰を与え首にすることすら行うべきです。教師がもしもその聖職性を担保したいなら余計に。こんな下らないことで人を傷つけて裁判沙汰になっているなんて実に馬鹿らしいことです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る