2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

技術的失業後の就職、マクロで見れば問題ないがミクロで見れば死人が出る

技術的失業に関してどこか楽観的なニュースが多いことに私は強い不安と憤りを覚えます。確かに経済学的な視点で見れば問題は無いのかもしれませんが、移行時の数年間の地獄は人を殺すレベルなのですから。



img 3d51d1fe0cea898b8486b9ef0b883219242014 技術的失業後の就職、マクロで見れば問題ないがミクロで見れば死人が出る
ロボットなどの台頭で転職を迫られる人のストレスを和らげるには(写真:freeangle/PIXTA)

仕事の仕方、学習方法、生活様式……ロボットによって今後、あらゆるものが激変するだろう。だが、世の中がより生産的かつ安全で便利になると期待される一方で、新しいテクノロジーは雇用への不安をかき立てている。

こうした不安を増大させているのが、英オックスフォード大学のフレイ博士とオズボーン准教授の共同研究、そしてマッキンゼー・グローバル・インスティテュート(MGI、コンサルティング会社マッキンゼーのシンクタンク)による最近の調査だ。

「技術的失業」に対する不安は的外れ

MGIの調査は、先進国、途上国の双方で雇用の大部分がロボットによって置き換えられる可能性があるとしている。だが、技術的失業(約1世紀前に経済学者のケインズが作りだした言葉)に対する不安が的外れであることを、歴史や経済理論は示唆している。

過去にそうであったのと同じように、将来、技術的な変化によって生産性向上と所得の拡大がもたらされ、労働需要は引き上げられる可能性が高い。新しく生み出される仕事の多くは、現時点においては想像すらできないものとなる。

MGIの調査によれば、2030年までに世界の労働力人口の約15%、約4億人の仕事が機械によって置き換えられる(中位シナリオ)。自動化が急速に進めば、その人数も増え、最大8億人の職が奪われると試算されている。

ありがたいことに、所得上昇による総需要の拡大や、高齢化に伴う医療需要の増加などによって新しい職が生まれ、機械化による失業は埋め合わされる見込みだ。しかし、新しく生まれる仕事は従来のものと大きく異なるため、移行は痛みを伴うものになるだろう。

via: 「技術的失業」後の転職をどう支援すべきか | グローバルアイ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

技術的失業という言葉の意味

技術的失業という言葉をご存知でしょうか。聞いたことがある人も多いかもしれません。要するに、テクノロジーや技術が発達することに伴って人間の労働が技術によって置換され、要らなくなった人がクビになるということです。

 

これは最近に限った話ではまったくありません。世界中で何度も起こり、そのたびに労働者が悲鳴を上げて反乱してきたような人類とは切っても切り離せないものです。例えばラッダイト運動といえば、むかし機織り機がなく人力でやっていた頃に、その労働をラッダイトという機械が代替出来るようになり、それゆえそのラッダイトを壊して回る運動が生まれたことがあったのです。

 

これからITが発達すれば、これまでにないほどの大きな技術的失業が生じるとも言われています。というか、既に一部の業界ではそれは現実に起きています。それに対して、楽観的な人はこういいます。「しかし、その新しい技術によってもっと新しい雇用が生まれるから、そこで失業した人はそちらに行けばよいのである」というものです。

 

マクロとミクロの視点の違い

しかし、私はこのような言説は非常に危険だと考えています。なぜなら、そこにいる生身の人間を無視した考え方だからです。実際、技術的失業によって数年間働くことが出来ない場合もあり、人類全体にとっての数年などなんてことないでしょうが、その本人からしたら仕事を失ってどうすればよいのかもわからず、家庭が崩壊したり自殺するようなケースも当然あるのです。

 

経済学的にはいずれ完全雇用が実現すると考えるのは当然ですが、しかし完全雇用になるまでの時間というのは常にタイムラグがあるのです。このタイムラグを軽視してはいけません。ミクロなレベルでの転職支援のようなものを、特に政府が先頭に立ってやっていかなくてはならないのです。

 

実はAmazonなどでは、既に倉庫の荷物の詰め込み作業などにどんどんロボットが入ってきています。今まで人間が運んでいたものをロボットが運ぶようになっているのです。まだ人間とロボットは共に作業していますが、いずれ人間しか出来ない作業はどんどん減っていきます。そうすれば早晩クビになることでしょう。しかしAmazonは一味違います。

 

そのようなことを予想して、既に従業員に対して特別な教育プログラムを無償で提供しているのです。今の仕事がある内にお金を稼ぎながら、今後の仕事がちゃんと出来るようにトレーニングしているのです。これは非常に重要なことでしょう。さて、日本企業はそのようなことをちゃんとやっているのでしょうか。今のところ具体例は一つも知りません。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る