2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

天皇陛下、退位前に韓国との関係を取り持つ可能性が出てきた

天皇陛下が退位することが確実になり、各国もそれに合わせて姿勢を明らかにしています。韓国は天皇陛下に対し、是非訪韓して両国の間のしがらみを少しでも緩和して欲しいと言います。



韓国の李洛淵(イナギョン)首相は22日、朝日新聞のインタビューに応じ、天皇陛下の退位前の訪韓を求める考えを示した。日韓双方には、朝鮮半島とのゆかりに言及してきた天皇の訪韓が、日韓関係改善の大きな契機になると期待する声がある。

 李氏は「退位される前に韓国へいらして、この間の両国がほどけなかったしがらみを解いてくだされば、両国関係の発展に大きな助けになる。それだけの雰囲気が早く醸成されることを望む」と語った。文在寅(ムンジェイン)政権として、訪韓実現の雰囲気を盛り上げていきたい考えも示した。

 また、2018年が小渕恵三首相と金大中(キムデジュン)大統領(共に当時)による「日韓パートナーシップ宣言」から20年になる点を指摘。「韓日関係が最も良かった時期。あの時の両国関係が復活すれば良い。外交当局間でも議論が始まることを望む」と述べ、新たな政治合意への期待感を示した。

via: 韓国首相、退位前の陛下訪韓望む「両国関係発展に助け」:朝日新聞デジタル

AS20170922003731 comm 天皇陛下、退位前に韓国との関係を取り持つ可能性が出てきた

日韓関係

日本と韓国の関係は当然長い。ものすごく長い。なんといっても隣国である。海を挟んでいるとは言え、日本が最も身近に考えてきた国の一つであることは間違いないだろう。中国も勿論あるけれども、戦争の禍根がまだ残っているのは日韓関係がほとんどであろうと思う。

 

逆に、つい最近核爆弾まで落としてきたアメリカと友好関係をもっていることのほうが本来であればよっぽど不思議なことなのだけれども、とにもかくにもそういうことになっている。アメリカとは仲がよく、韓国とは仲が悪い。

 

このような関係は、最近になってますます強まっているように思える。twitterでもモデルの水原希子さんが出演するCMにおいて、韓国籍である彼女に対して通名じゃなく本名を出せ! と大暴れしたヘイトマン達が大量にいたことは記憶に新しい。

 

トランプ大統領率いるアメリカ同様、外国人とりわけ自国にいる外国人(と呼べてしまう人達)に対する嫌な評価というのはどんどん強くなっているようだ。

 

天皇に求められる機能

そんな対立意識が高まる中、韓国首相が退位する前の天皇に訪韓を求めるということはわからない流れではない。まさに日本の象徴であるところの天皇が韓国に対して有効的な姿勢を見せることは、間違いなくニュースにもなるだろうし両国の間に少しでも緩んだ関係を作ることが出来るかもしれないと期待するだろう。

 

しかも、なんといっても今後の日韓関係が素敵なものになるのかは全くわからない。なぜなら安倍首相がいるからである。今回の選挙をもって国民の新任を得ようとしている安倍総理だが、このままいくと間違いなく改憲&軍事拡大が行われるだろう。その仮想敵国がどこになるのかはわからないが、韓国に対してもその軍事力が向く可能性は十分にある。

 

右翼国家というのは基本的に外国に対して強硬な姿勢を取りやすく、とりわけヘイトが高まっている韓国に対して軍事力をもった日本が誕生することは避けたいところ。しかしどうやらそれは避けられないということで、せめて天皇を介して印象を良くしておきたいという気持ちがあるのかもしれない。

 

人種で人を差別しても仕方ないのだから、さっさと国際関係がよくなればいいのだが。いつまで戦争の頃の話をしているんだろう、双方ともにもっと未来を見て欲しいと思う。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る