2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

テレビとネットは対立するものではなく相互に補完しあうもの

テレビとネットは二者択一ではない

テレビの情報をブログ・まとめサイトなどがまとめて、バズる。そのような現象をDisっているブログがありました。で、これに対して、ブロガーわんこ☆そば氏が、テレビとネットは二者択一ではないし対立する必要もないじゃん、という記事を出しています。

 

インターネットがどんなに普及して人々の生活に欠かせなくなっても、以前よりそのパワーは落ちてるとはいえ(地上波)テレビがモンスターメディアであることには変わりありません。

現時点で、地上波テレビがインターネットに対し圧倒的に優位なのは、その同報性です。USTREMで何千、何万の人が見てたとしても、テレビの視聴率1%にも敵わない。あくまで数字上の話ですけど。
その意味で、テレビの内容を語る場として、一種のコミュニティとしての役割がインターネットにあるのでしょう。だから、話題になる番組はリアルタイムで見てネットであれこれ語りながら見るのが楽しい。テレビとネットは、お互いの魅力を高めあってる、とも言えるかもしれません。

 

via: テレビとネットは二者択一ではないし対立する必要もない

 

個人的には、わんこ☆そば氏の意見に賛同。





相互フォローの関係

テレビとネットは、敵対関係にあるのではなく、相互にフォローしあう関係にあると思っています。ネットで話題になったほうが、テレビの視聴率なんかもよくなるし…なんだかんだで多くの人が見ているテレビっていうコンテンツがないと、ネット側も盛り上がらないというか一体感が得られない。

 

テレビ・ネットをうまくつなげたものが「勝者」になっていくんだろうなぁ…と。

 

実況スレがおすすめ

メディアを運営している側からすると、テレビの情報って「ネットには書かれていない」からPVを稼ぎやすいって事情があるんですよねぇ。ネット上のテレビ番組情報などでは、概要しか書かれていない。視聴・録画をし損ねた人は、放送の内容をすぐに知る術があまりないっていう状況。そこにニーズが生まれるわけで…

 

テレビの情報をまとめただけで、自分で取材とかしていないじゃん…みたいなモヤモヤ感・反感なども当然あるでしょう。でも、自分で見聞きした情報を文字などに書き起こすから著作権的にも(基本的には)セーフだし、グーグルのロボットなんかもオリジナルの情報として扱ってくれる…。垂れ流されるだけのテレビ情報をアーカイブ化するって意味でも、一応の意義はあるように思えるんですけどねぇ。

 

ちなみに、テレビ放送の内容を知りたければ、個人的にはYahoo!のリアルタイム検索(Twitter検索)や、2ちゃんの実況板などをおすすめします。実況って主観とかが入らないし、限りなく一次ソースに近い情報が得られるので。

 

一次ソースと二次ソース

テレビ発の情報が編集・改編・抜粋されネットでバズる現象について憂いている「あざなえるなわのごとし」は、恣意的な二次ソースが一次ソースよりも重宝されるのが気にくわない様子。

 

 テレビとネットは対立するものではなく相互に補完しあうもの テレビにぶら下がるインターネット – あざなえるなわのごとし

 

でも、恣意的で加工されてるってことは、その分オリジナルの要素が強いってことでもあるんですよねぇ。Googleなどからすると、「価値が高い情報」ってんなる。まぁ、実

 

関連記事

 

2010746f7a7b038e7dc85d4baa4fc5af テレビとネットは対立するものではなく相互に補完しあうもの




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2015年 2月 03日

    既存マスコミとネットとの二元論で片付ける人をよく見かける。
    だが、情報リテラシで大事なのは以下の二点。

    1)複数の情報提供元と比較する
     …情報を伝えるのには意思が介入するから、単一の提供元では偏って伝わる恐れがある。
    2)なるべく一次ソースに近い情報を得る
     …伝言ゲーム状態で、肝心な情報が欠けたり歪むことが多くなる。

    活用すれば上記の方法がやり易くなるというのがネットの強みであるが、
    目についた話を鵜呑みにするだけなら既存マスコミと大差ない。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る