2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

テレビは今後有料化されていく? 

今後のテレビ業界の行く末

サラリーマンブロガー自由人さんが、テレビ業界の今後の在り方・行く末についての記事を書いています。

 

  • ・無料の民放放送はフリービジネスのモデルともいえる
  • ・続編を有料コンテンツ化するという新たなフリービジネスも盛んになっていくのではないか

 

というような内容。

 

コンテンツ自体は無料で見せて、CMなどの広告収入で利益を上げるというモデル。これは確かにフリービジネスだと言えるでしょう。この点には誰も異論は挟まないと思います。



テレビは有料化される?

ただ、今後テレビドラマ有料化の方向へ動いていくかもれしれないという主張に関しては、賛否がわかれるところかもしれません。

 

自由人さんは、TBS/WOWOWがタッグを組んでいるドラマ「MOZU」や、「闇金ウシジマくん」などを有料化の具体例として挙げています。このようなスタイルが定着していくのかどうかは、これら具体例がどのような成果を上げるか次第でしょうなぁ。

 

さらに突っ込んでいうなら、ドラマの有料化という試みは、「ドラマ放送→映画化・商品化(DVD化)」という形で相当以前から行われていたようにも思えます。こういう視点から見ると、すでにドラマの有料化は始まっていて、スタイルは確立していると言ってもいいかもしれません。

 

WEBサイトの話

サイト・ブログなんかもフリービジネスの典型例。「ドラマの有料化」という問題をサイト運営で例えるなら、どのようにして「収益化」を図っていくのか、という問題に置き換えることができるかと思います。

 

まとめサイト界隈では「1日当たりのPV数が月収になる」ということがよく言われています。1日10万PVなら月収10万円って計算。でも、収益化をうまくやればこの数倍は稼ぐことが可能です。PVを倍増させるよりも、収益を倍増させる方がずっと簡単ってことも往々にしてあるとかなんとか…

 

サイト収益化の具体例としては、

 

  • ・有料のメルマガを発行する
  • ・広告を増やす
  • ・続きは会員のみ(ニュースサイトがとっている手法)

 

などがあります。どのような手法で収益最適化を図っていくかってのもセンスなんだろうなぁ…

 

CSメインにはならなさそう

フリーコンテンツをどのように収益化していくのか。そのための手法の一つとして、「2期の有料化」ってのがあるってだけで、最初は無料で提供して云々っていうテレビ・メディアのフリービジネスの根本はこれからも変わっていかないんだろうと思います。アメリカなどのようにCSがメインになるってのは当分は考えられない。

 

記事引用

 昨今は「フリービジネス」という言葉が流行り、無料で商品を提供することで副次的に利益を生む商売(ビジネスモデル)を創出するという活動が盛んに行われているが、この「フリービジネス」の大本のモデルは、実は無料の民間放送(テレビ)に既に存在していたとも言える。
 無料であるがゆえに、お金を気にすることなく、一日中でもテレビにかじり付いている人(主に老人や主婦)は大勢いる。また、無料であるがゆえに、映像や音声を他の媒体に持ち込むことにも気を遣うことなく、ネット上ではテレビで放送された映像や音声をコピー利用し、中には、その副次的に加工された情報が商行為に繋がっている場合もある。今回の野々村氏の号泣会見映像や音声も実に様々な形に加工されてYouTube(一例)などに出回っている。

 テレビを利用した新手の「フリービジネス」として思い付くのは、TBSで放送されていた人気ドラマ『MOZU』の続編が有料のテレビ番組(WOWOW)として放送されたことだろうか。私自身は『MOZU』を観ていなかったが、熱烈なファンともなれば、 WOWOWに加入して続編を観るという人もいたかもしれない。

 ドラマのシーズン1を無料で放送し、言葉は悪いが、その番組で釣れた視聴者を続編が放送される有料番組へと誘導する。もっとも、別にそれが悪いというわけではなく、立派な商行為だと言える。元々、無料で放送されている番組が途中から有料になったからといって、誰にも文句を言う資格はない。観たくもない番組を無理矢理に観せて視聴料を徴収するとかいうなら問題だが、「お金を支払いたくない人は観れません」というだけのことだから、何の問題もない。

 病院が「お金が無い人は診察できません」と言うのと、テレビ局が「お金を支払う気の無い人は番組を観れません」と言うのとでは訳が違う。テレビ番組を観れないからといって、健康を害することも死亡することもないので、文句を言っても始まらない。

■時代は「テレビドラマの有料化」へ動いていく

 TBSとWOWOWは以前からタッグを組んでいるので、今後もこういった手法はどんどん採られるだろうし、他のテレビ局も真似ていくかもしれない。
 例えば、『闇金ウシジマくん』という人気の深夜ドラマも、無料(MBS)から有料(BeeTV)になったことはよく知られている。1度、試験的に行っただけかもしれないが、人気ドラマは、今後、無料放送を皮切りにして、有料放送に変わっていくのが当たり前になっていくかもしれない。

 続編が予定されているテレビドラマ『半沢直樹』が、シーズン2から有料になれば、さすがに憤る人がいるかもしれないが、製作している側からすれば、無料で放送しなければならない道理も義理もないわけで、有料でも観てくれる人が多いのであれば、いつ何時有料になるか分からない。それが、テレビを利用した「フリービジネス」の今後の行き着く先かもしれない。
 なんせ、数十年もの間、無料で番組を放送し続けてきたわけだから、このフリービジネスと無関係な人はまずいない。意識するしないに拘らず、ほぼ全ての国民がこのフリービジネスに片足を突っ込んでいるとも言える。そんな状態だから、視聴者数がこれ以上増加しないという飽和状態(頭打ち)になれば、有料化を目指すのは至極当然の成り行きだとも言える。

 加えて、テレビ業界自体がスポンサー企業からの広告収入で成り立つという違う意味での無料のビジネスモデルが崩壊すれば、テレビ番組は自ずと有料になっていく運命にある。まさに遅れてきた「フリービジネス」の最たるものが「テレビドラマの有料化」というわけだ。

 しかし、視聴者にとっては、有料化にも希望は有る。視聴者から多大な人気を獲得した番組だけが有料化への道が開かれるのであれば、製作者は手抜きすることなく、面白い番組を創らなければならないというモチベーションにも繋がるので、日本のテレビドラマも海外ドラマのように面白くなっていくかもしれない。
 いずれにしても、今後のテレビ業界は、視聴者を無視し

 

via: 「フリービジネス」化するテレビ業界の行く末

 

関連記事

 

19c62ea5a07ffb683cbd4283a00c9dc9 テレビは今後有料化されていく? 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (9)
    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    誰も見なくなって終わるだけ

    • ななななよん
    • 2014年 7月 27日

    無駄に電波使う局が減って万歳だな

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    無料でも見ないから。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    今だってほとんどの人が見てないのに誰が有料で見るんだよ
    ゴミが消えるから有料化賛成だけど。

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    アナウンサーの給料が3、000万円から300万円に落ちるw

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    無料だから惰性でつけている時はあるけど有料なら絶対見ないよ

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    無料の通販チャンネルがのこるだけ

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    正直、貧乏人はネットにいってるし
    有料化にしてもそう変わらんかもね
    貧富の趣味に差が出るだけで

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 27日

    無料でも低視聴率なのに有料なんて考えられない
    まずはドラマを減らしたらどうか?

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る