2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ベルギーで日本代表が戦うサッカーの試合がテロの標的になっていた…ニュースにならない怖い話

卑劣なことこの上ないニュースです。スポーツの試合、しかも国際親善試合に対してテロリズムの可能性があったそうです。試合開始1時間前まで、開催するかどうかも危ぶまれる事態に。許されない。



【11月16日 AFP】14日に行われた日本代表とベルギー代表の国際親善試合がテロの標的となり、中止寸前だったことが分かった。地元メディアが15日に報じた。

 ベルギーサッカー協会(KBVBURBSFA)のステファン・バン・ロオック(Stefaan Van Loock)広報は、「キックオフの1時間前になっても試合が行われるかどうか分からなかった」とコメントしている。

ベルギーメディアは、盗聴捜査を行っていた首都ブリュッセルの警察がブルージュ(Bruges)のヤン・ブレイデル・スタジアム(Jan Breydel Stadium)を標的としたテロの情報を得たと伝えている。

 ベルギーでは過去3年間の相次ぐテロで計36人が死亡している。2016年3月には、ブリュッセル国際空港(Brussels Airport)や地下鉄の駅で発生した連続テロにより32人が死亡し、多くの負傷者が出た。

  テロの情報を得た当局は14日、ブルージュ市警と同国の対テロ部隊CUTAと情報を共有。関係当局は試合の中止を考慮する一方、スタジアム外の警備を強化 した。警戒が強化されたことにより、試合開始から30分を過ぎても数百人の観客がスタジアム入場を許可されなかったが、予想されていたようなテロの確たる証拠は発見されず、試合後ファンは問題なく家路についている。

via: 日本対ベルギー戦が中止寸前だったことが明らかに、テロ標的の可能性 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

img 18e6a1d8de831b526bf88383edff6990229742 ベルギーで日本代表が戦うサッカーの試合がテロの標的になっていた…ニュースにならない怖い話

 

余りにも卑劣

テロリズムが卑劣な方法であることはもちろん論を俟たないところではありますが、それにしたってスポーツの試合に対してテロを行おうとするのはもういくらなんでも節操がなさすぎる。しかも今回の試合は国際親善試合であって、まさにテロとの対極ですよ。スポーツを通した国際交流であり、平和のための大事な一歩とすらいえるでしょう。

 

そういうものに対して、今回は実行はされなかったものの、盗聴などでの捜査で明らかになっていた通り犯行は行われていたかもしれなかった。親善試合の中に多くの人が傷つき、死んでいたかもしれない。スポーツの試合がターゲットになることが続けばみんな怖がって見に行かなくなるかもしれない。それがどういう意味を持つのかちゃんとわかっているのだろうか。

 

これは例えとしてはよくないことは知ってて言うのですが、ドイツで移民問題についてやっていた劇団を狙った事件はまだそこに目的がある分今回のようなテロに比べてもしかしたら共感を得られるかもしれない。でも、サッカーの試合を攻撃するなんて、加害者の中でも疑問や反論は起きないのだろうか。どう考えても最低でしょう。

 

テロリズムは卑怯だ

大体ですね、そもそもテロリズムというのは卑怯なんです。昔のテロリズムはまた少し違います。政府の要人を個別で暗殺するわけですから、そこには不必要な犠牲者もいなければ政治的な主張も極めて明確だった。もちろん暴力によって問題を解決しようとする手段はよくありませんが、少なくとも卑怯ではなかった。

 

しかし、現代のテロリズムは最低です。全く無関係の人間を多数襲い、無差別に攻撃してただ恐怖だけを煽る。自分たちの思想信条に近いかどうかもまったく判断できないような形で殺す。これは最低の行いです。人間として最も醜いわがままの言い方でしょう。正当な方法では政治的主張が通らないとしても、こんなやり方をして一体誰がその主張を汲み取ろうと思うでしょうか。

 

今回のスポーツ試合をターゲットにしようとするのも同様。こんなに卑怯で愚かなテロリストの主張が通らないのも道理です。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る