2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

カタルーニャ独立運動を手掛けた男たちが片っ端からスペインに国際逮捕状を出される

独立を促すことは国家にとっては反逆行為に等しい。しかしローカルな集団の意思が独立に進むことを安易に防いでよいのかは疑問である。



【3月24日 AFP】スペインの最高裁判所は23日、同国北東部カタルーニャ(Catalonia)自治州のカルレス・プチデモン(Carles Puigdemont)前首相ら同州独立運動に関与した6人に対する国際逮捕状を発付した。

 昨年10月に行われた同州独立を問う住民投票の関係事案を担当するパブロ・ヤレーナ(Pablo Llarena)最高裁判事は、ベルギーに逃れているプチデモン前州首相と前州閣僚ら4人の国際逮捕状と欧州逮捕状を発付。

 さらにスペインメディアによれば、同じく独立派で欧州連合(EU)非加盟国のスイスに滞在しているマルタ・ルビラ(Marta Rovira)氏の国際逮捕状も発付された。同氏は23日の出頭を求めた裁判所の命令に応じなかった。

 ヤレーナ判事は昨年12月、カタルーニャ州指導者らに対する捜査全体を複雑化させるとの理由で、ベルギーに逃れたプチデモン氏ら5人に対する欧州逮捕状を取り下げていた。

 今後、EU加盟国の裁判所が、カタルーニャ州独立派に対して訴追の棄却を含む何らかの判決を下した場合、スペイン政府はその判決に拘束される。

 ヤレーナ判事の23日の説明によれば、「反逆」罪で訴追される同州独立派の中心人物は計13人。有罪の場合、最高で30年の禁錮刑が科される。

 このほか、スペイン最高裁は同日、ジョルディ・トゥルイ(Jordi Turull)州首相候補を含むカタルーニャ州独立派の5人を拘束した。ルビラ氏が出頭しなかったことを受け、5人にも国外逃亡の恐れがあると判断した。(c)AFP

via: カタルーニャ州前首相ら6人に国際逮捕状 スペイン最高裁 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

20171028 00077455 roupeiro 000 37 view カタルーニャ独立運動を手掛けた男たちが片っ端からスペインに国際逮捕状を出される

 

独立という犯罪行為

なんだか容赦のない話ですが、国家にとっては独立しようとする運動はクーデターと同様に大きな大きな社会問題でありリスクです。これを許せば今後第二第三のカタルーニャが出てくることは間違いありませんから、スペイン政府としては出来るだけ厳しい姿勢を見せる必要があります。たとえ、これが本気でないとしてもです。少なくとも形式上はかなり強硬な姿勢を見せておくことが政府としての最適解であるという認識でしょう。

 

しかし、不思議ですよね。例えば中東などで次々に新しい政府が樹立されたとき、世界のメディアはこぞって自由の勝利だと言っていたのに、こうやって先進国の中で独立運動が起きるととても冷ややかな視線を浴びせます。自分たちにとって都合の良い独立、都合のよい民意、都合の良いナショナリズム運動については歓迎し、自分たちの内部にあるそれは決して認めない。先進国がもつある種のダブルスタンダードが明確になる形でもありました。

 

国家というものがその形をしっかりと持つようになったのは、わずか300年ほど前のことです。そのあたりで欧州に関しては概ねいまの国家間の関係に近いものが構成されています。逆に言うとそれまでは、様々な土地や都市が自分たちをこそ1つのドメインだと考え、国家というものを想定していませんでした。いまでもイタリア人が自分をイタリア人と言わずに、ミラノ人だとかナポリ人だとか自己紹介することに近いかもしれません。

 

あくまでアイデンティティは国家ではなく都市にある。そのような価値観があるからこそEUのような国家横断的な組織が許容されたのかもしれません。元より都市だって国家に従属していないのだから、国家が超国家に変わったところで大差が無い、とでも考えたのかも知れませんね。

 

これからの欧州

実際、いまも欧州は他にもいくつもの独立勢力を抱えています。フランスにもアルザス地方などが独立運動を盛んに行っていますし、イタリアなども同じ爆弾を抱えています。それもあって、他の欧州国家も今回のカタルーニャの独立運動を支援することは困難だったと思います。同じロジックで自国内の独立勢力に力を与えてしまうからです。

 

しかし、EUという大きな枠組みがある限り中々独立というものが起こる気はしません。大きな枠組みの中に入っている以上、国家という枠を越えてもどちらにせよそういう巨大勢力に飲み込まれることになりますし、呑み込まれるためには多くの国に国家として承認されなくてはなりませんが、現状どの国も独立勢力がある以上承認には二の足を踏むでしょうから。日本だと想像できないですが、世界には独立したい民族や集団がたくさんいるものですね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る