2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

TIME誌が表紙に広告を掲載 紙媒体が生き残るには? 

TIME誌が表紙に広告を掲載

オンラインコンテンツの普及拡大のせいかどうかは定かではありませんが、雑誌業界が生き残りのために様々な模索をしているようです。アメリカでは、TIME.Incが雑誌「TIME」の表紙に広告を入れて話題・議論となっているんだとか… 雑誌の顔である表紙には、広告を入れないというのが、これまでの伝統・暗黙の了解だったようで、TIMEの行動はタブーを破るようなものだったようです。





表紙に広告を入れることはタブー?

宮本裕人氏はブログで、「タブーを破るくらいなら、デジタルコンテンツにより力を入れるように努力すべきだ」と主張しています。紙媒体のメディアはどうやって生き残っていくべきなんでしょうか。

 

宮本氏は、タブーを破ると信頼を損なう危険があると書いていますが、雑誌の表紙に広告を入れるのがタブーだって知っている人がどれくらいいるのかは甚だ疑問ですし、それくらいで信頼が崩れてしまうものなんだろうかとも思ってしまいます。広告と紙一重な文言が表紙に入っていることなんてのもありますし… 問題となっているTIMEの広告にしても、バーコードの下の方に1行だけ小さく表示されているにすぎません。 最初画像を見たとき、「どれが広告なの?」と思った程度。 これで信用が云々とか伝統が云々とかいうのは、同業者(雑誌業界の人間)くらいなんじゃないかなぁ…。

 

デジタルコンテンツの場合には、HPタイトルの真横にデカデカと広告を貼り付けているケースもありますよね(キジトラ速報やブロゴスなんかも同じ)。「表紙に広告を入れる」どころの目立ち方ではないw これで信頼・ブランドイメージが崩れるなんてのは、あんまり言われていないような気がします。 まぁ、ファーストビューにあまりに広告を集中させると、「アフィカス」ってイメージはついてしまうんでしょうけど。

 

いろいろな方法を模索することは悪いことではない

このように考えていくと、「生き残っていくために」ありとあらゆる手段を講じていくってのはそんなに悪いことではないように思えます(むしろ、その目的自体は当然)。 で、手段も、表紙にあまり目立たないように広告を配置するっていう比較的穏当なので、とりたてて問題にするべきことでもないのかなぁ、と。

 

生き残りのための手段といえば…電子書籍化。 6月20日に始まったばかりのドコモの新サービス「dマガジン」は、アプリUIの使い勝手の悪さや通信速度などの問題はあるようですが、雑誌の新しいあり方としては十分成功してそうな気がします。

 

記事引用

time ad TIME誌が表紙に広告を掲載 紙媒体が生き残るには? 

TIME.Incが、雑誌「TIME」の表紙に広告を入れたことが話題になっています。

導入したのは、電気通信事業者Verizon Wirelessの広告。バーコード部分に小さく「FOR BEST RESULTS USE VERIZON SEE P.23」と広告が入っています。

time ad21 TIME誌が表紙に広告を掲載 紙媒体が生き残るには? 

雑誌の表紙は編集者・出版社のブランドステートメントであり、表紙には広告を入れるべきではない。

これは、American Society of Magazine Editorsが定める編集ガイドラインのひとつ。雑誌の表紙には広告を入れないというのが雑誌業界の伝統であり、それは編集の独立を意味するものでもあるのです。今回のTIMEの表紙広告は、たとえ小さくてもそのタブーを破ったことになります。

背景には、やはり雑誌の置かれている厳しい状況があるのでしょう。紙の雑誌は、年々購読数と広告費を減らしています。とくに近々TIME Warnerから独立するTIME.Incは今、人員削減などのコストカットに迫られている状況だそう。

magazine ad TIME誌が表紙に広告を掲載 紙媒体が生き残るには? ▲アメリカの雑誌広告費の推移と予測 via Mashable

しかし上のグラフを見ればわかるように、デジタルの広告費は増えていますし、これからも伸びるでしょう。以前「VOGUE」がオンラインコンテンツの大幅拡大を計画中であることを紹介したように、デジタルに本格的に力を入れる出版社も増えています。タブーを破って信頼を損なう危険を冒すのであれば、デジタルにより力を入れる努力をするべきだと個人的には思うのですが、問題はそれほど単純ではないのでしょうか・・。

新聞よりも危ないといわれる雑誌はどのように生き残っていくべきなのか、というのは興味のあるテーマなので、詳しい方はぜひ意見を聞かせてください。

 

via: 「TIME」が表紙に広告を導入:雑誌業界のタブーを破る

 

関連記事

 

89684733f00468b249b5e993cd98ab0a 600x224 TIME誌が表紙に広告を掲載 紙媒体が生き残るには? 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • キジトラさん
    • 2014年 7月 10日

    ウィキリークスくらい根性みせてくれたら多少高くても買うよ

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 11日

    その辺の雑誌なんて普通に表紙も広告スペースとして売ってるけどな

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る