2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ロシア、アメリカよりも先に北朝鮮と協議-対話を訴えたらしいけど怪しい

厚く炎上しかけているアジア情勢。ロシアが北朝鮮と協議を行ったようです。他のどの大国よりも北朝鮮に対して近い存在になるロシア。対話を訴えたといいますがそれだけでは無いだろうなと思います。



【9月30日 AFP】米国と北朝鮮が対立を強める中、ロシア外務省は29日、北朝鮮の外交官を招き、「協議」を行ったと明らかにした。

 ロシア外務省の声明によれば、北朝鮮外務省の崔善姫(チェ・ソニ、Choe Son-hui)北米局長がロシアのオレグ・ブルミストロフ(Oleg Burmistrov)特任大使と会談し、「朝鮮半島情勢に関する詳細な意見交換」を行ったという。崔局長はイーゴリ・モルグロフ(Igor Morgulov)外務次官とも会談した。

 北朝鮮の核開発計画をめぐり、米国と北朝鮮政府が激しい言葉の応酬を続ける中、同声明は「ロシア側は、平和的な政治・外交手段を通じ…解決策を見いだすために協力する用意があることを確認した」としている。米国と北朝鮮の緊張がこれ以上高まれば破滅的状況を招く恐れがあるとして、ロシアは危機を打開するために対話の必要性を訴えてきた。(c)AFP

via: ロシア外務省、危機打開に向け北朝鮮外交官と「協議」 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

img 303a62d5eaa304cc0acfd3fb1eaa389576968 ロシア、アメリカよりも先に北朝鮮と協議 対話を訴えたらしいけど怪しい

 

ロシアと北朝鮮

ロシアと北朝鮮の蜜月関係は明らかです。実際、国連の決議で北朝鮮に対する制裁が決まった時も、その内容を緩めるようにしようとしたのもロシアです。また、色んなエネルギーの貿易を禁じられている北朝鮮に対して、密輸出しているのもロシアだと言われています。

 

彼らは大変仲が良いので、今回もアメリカより先んじて協議を行うことが出来ました。これはアメリカなどの国からすると羨ましい状態ですが、ロシアも当然ボランティアでやっているわけでは決して無く、彼ら自身の利益を求めていることは明確です。

 

今回の協議では対話を求めたといいますが、一体どこまで本当かよくわかりません。なんならもっとアメリカに対してプレッシャーをかけろと言っていても全然不思議ではないからです。

 

ロシアとアメリカ

当たり前のことですが、ロシアとアメリカは常に世界において覇権を求めて争っています。お互い世界最大級の軍事国家であり、また社会主義と資本主義という意味でも強烈な対立関係にあります。そんな関係ですから、今回の北朝鮮の問題でも全く異なるスタンスを見せています。

 

対話を優先し、北朝鮮に対して甘いロシアと、武力制裁だオラァ!と言っているアメリカですね。こうなるとロシアとしては基本的には北朝鮮を応援すればするほど良いです。アメリカが注視すればするほど、そこにリソースが割かれ他のところでロシアが有利になるからです。

 

北朝鮮を応援しているのは決してボランティアでなくロシアにとっても利益のある形なのだと上述したのはまさにこのような意味なのです。そして、それゆえに多分ロシアは北朝鮮との協議において対話しろとは本当のところ言っていないと思います。武力をもっとちらつかせて国際情勢を煽れと言っているだろうと思います。

 

ロシアの利益になるし、北朝鮮としても国際情勢における発言力を高めたいと思っているでしょうから。ロシアも後ろ盾になるよと囁やけば北朝鮮はもっと調子に乗ることでしょう。

 

少し怖いくらいですが、国際情勢というのはこういうもの。北朝鮮が日本を攻撃しないことを祈るばかりです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る