2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

夫婦別姓の社会実装に向けて動くサイボウズ社長の本心「伝統守りたいならちょんまげにしろ」

夫婦別姓について大企業の社長が訴訟をする。そんな大きな事件がネット上で騒ぎになっています。賛意を示す人も多い中、伝統が壊れると不安に思う人も少なくないようです。



結婚した後の「旧姓使用」に法律的な根拠を与えられるか――。いわゆる選択的夫婦別姓をめぐる訴訟の準備が行われている。その原告となった一人が、グループウェア「サイボウズOffice」などを手がけるソフトウェア会社「サイボウズ」の社長・青野慶久氏だ。

 なぜ裁判を起こすことになったのか。サイボウズ本社で青野社長に話を聞いた。

―― かなり反響があったそうですね。

 青野 そうなんですよ。たくさん反響をいただいて、こちらがビックリしています。

―― まずは、選択的夫婦別姓について、国を相手に訴訟を起こすことになった経緯をお聞かせください。

 青野 私が結婚したのは2001年。1997年に創業したサイボウズが2000年に上場しましたので、その翌年ということになります。結婚する際、妻からは「姓を変えたくない」と要望があったので、正直あまり深く考えずに「じゃあ私が変えます」と応じたのがコトの発端でした。戸籍上、私は妻の姓・西端になったのです。それからが本当に大変でした。公的な文書はもちろん、クレジットカードからポイントカードまで、財布の中身は全部書き換え。社内では現在に至るまで「青野」で通していますけど、株主総会では「今日だけ私は西端慶久です」と話すハメになりました。また、当時はまだ株券が電子化されていなかったので、紙の株券の名義変更手数料が数百万円かかりました。信託銀行経由でサイボウズに請求がきて、後でその額を聞いてもうビックリですよ。

 あと、海外に出張する時に、先方が気を利かせて私にホテルを手配してくれることがあって、当たり前ですけど予約名は「青野」。ところが、僕のパスポートは「西端」だから、ホテルのフロントでチェックインしようと思ったら「お前は誰だ」と言われる。自分が「青野慶久」であることがなかなか証明できなくて困り果てました。

「何とかならないかな」と思っていましたが、やっぱりなかなか社会は動かない。この2年ぐらい裏でロビー活動をしていたんですけれども、やはり自民党の中では反発する人も多い。野田聖子総務大臣や河野太郎外務大臣のように、ハッキリと「賛成です」と主張している方もいますが、選挙区の地盤がそこまで磐石ではない方々は、まだまだ表では言いづらい状況のようです。

 今回は、作花知志弁護士が選択的夫婦別姓訴訟を起こしたいとのことで、ご本人からお話をうかがいました。すると、非常にロジカルで、これだったら訴えが認められるんじゃないかと思わせる主張でした。詳しい法律的な裏づけについては作花弁護士のブログ(新しい夫婦別姓訴訟と4人の村)をお読みいただきたいのですが、最終的なゴールは戸籍法に〈婚姻により氏を変えた者は、戸籍法上の届出により、旧姓を戸籍法上の氏として用いることができる。〉との条文を追加すること。作花弁護士は原告を探しておられたので、結婚にともなって姓を変えた私が「じゃあ原告をやります」と手を挙げたという経緯です。

 

 

via: サイボウズ・青野慶久社長が語る夫婦別姓訴訟「伝統ってなんでしょう? いま、ちょんまげで歩いている人はいません」 妻の姓を選んだ経営者は、なぜ「選択的夫婦別姓訴訟」を起こすのか -「文春オンライン」編集部 (1/2)

img 0d89eb4d0789c4d6a61321577bcb191c210963 夫婦別姓の社会実装に向けて動くサイボウズ社長の本心「伝統守りたいならちょんまげにしろ」

 

トータルのコストを小さくしたい、という単純な話

サイボウズ社長の言いたいことは非常にシンプルですし、私も全面的に同意します。要するに「夫婦同姓が強制されることによって生じるコストを無くしましょう」ということです。こんなにわかりやすいことはありません。いまある制度には、姓を変える人にとってかなり大きなコストを生じさせています。それを強制的に生み出させるような国の制度というのは良くないので変えましょうというものです。

 

とても大事なことですが、彼はこの制度をぶっ壊そうとしているのではありません。ただ、今の制度に加えて「別姓のままでもいいし、今まで通り同姓にしても良いですよ」と言っているわけです。コストは下がり、今まで通りがいい人はそれを選択出来る。誰も困らないこのような変革に対して、それでも文句を言う人も少なくないようです。

 

イエ制度が崩壊する

例えばそういう人は、日本の伝統的な家族観が壊れると言います。イエ制度を中心とした、名字によって作られる氏族集団でしょうか。そんなものがどれほどいま機能しているのかは甚だ疑問ですよね。熟年離婚の問題、核家族、そして都市化。正直な話、もしも伝統的なイエ制度を維持したいならもっと根本的に重要な制度や社会の情勢があることは明らかです。

 

とにかくなんでもいいから今の文化をキープしたいのかもしれませんが、名前がどうとか言っている暇があればさっさと他のわかりやすく重要で効果的な論点のところに切り込めばよろしい。そうしないのならそれは単なる意味不明なわめきであり、聞くに値しない単なる感傷の問題です。

 

大体伝統ってなんだよ

大体ですね、あらゆる文化についての書籍が述べていることはシンプルで、伝統なんていうのものは変わり続けます。文化というのは変化し続けるものであり、グローバリゼーションなどで変化しているとしてもそれは別にグローバリゼーションの前から起きていたことです。

 

伝統なんていうものはあくまで一時的にその社会で主力である文化のことを指しているだけであり、それがいつまでも残存することが約束されたわけでもそれだけの価値があることを意味するわけでもないのです。伝統伝統という人は思考停止しているだけですね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る