2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

そりゃ有罪だ:性同一性障害の「女性」の胸を触った男が敗訴

愚かしい事件です。こういう事件についてちゃんと有罪判決が出る日本という国に生きることが出来て非常に嬉しく思います。むかっ腹が立つニュースです。



性同一性障害で、生まれたときの性は男性だが女性として生活する人の胸を触ったとして、兵庫県迷惑防止条例違反の罪に問われた男の判決が大阪高裁であった。村山浩昭裁判長は罰金30万円とした一審・神戸地裁判決を支持し男の控訴を棄却した。1月31日付。  高裁判決などによると、50代の男は2016年3月、神戸市内のギョーザ専門店で隣になった被害者に「おっさんやないか」などと発言。胸を服の上からつかんだとして在宅起訴された。公判で男は「触っていない」と否認し、「たとえ胸をつかんでいても、ひわいな言動とはいえず条例違反ではない」と主張した。  高裁は、被害者供述は信用できるとした一審判決と同じ判断をしたうえで、被害者が女性の姿で生活し、性同一性障害と診断されている、と指摘。「被害者の屈辱感は生来の女性と比較して遜色なく、胸をつかむ行為は下品でみだらな行為」とした。  性同一性障害の問題に詳しい三輪晃義弁護士(大阪弁護士会)によると、こうした事案が事件化されるのは珍しいという。「自分を女性と認識している被害者に寄り添い、屈辱感を認定した点は評価できる。性同一性障害の人は身体に好奇心を向けられやすく性暴力や性的な嫌がらせの対象となりやすい一方で、二次被害を恐れて被害を訴えられないことが多い。同種犯罪を防ぐきっかけになるのでは」と話す。 via 朝日新聞デジタル 性同一性障害者の胸触った男に有罪判決 屈辱感を認定

man woman transgender そりゃ有罪だ:性同一性障害の「女性」の胸を触った男が敗訴

 

無礼な人間

この事件がそもそもニュースにもならない。そんな日が来ることを願いながらも、まずはちゃんとこういう男が有罪になる社会である日本に感謝します。女性が胸を触られて訴えられたら勝てるわけがない。なのに性同一性障害の女性であればそうではない。そのくらいは良いだろう、と思って触って訴えられ負けた。この被告の男性にとっては良い経験になったでしょう。

 

マナーがなっていないですし、倫理観もないですし、恥も外聞もなさそうですし、なんなら反省すらしてなさそうで怖いですけどね。勝手に人の体に触ること自体がダメだ、ということすらわかっていなそう。こういう人ホント腹が立つんですよね。無自覚にセクハラとかもしていて、自分はみんなから嫌われていないと勘違いしていそうです。

 

簡単に言うと無礼なんですよね。こういう人間は。傲慢で、自分勝手で、人の気持ちがわからない、共感性の無い人間なんです。これまでも無自覚にたくさんの人を傷つけたりバカにしたりしてきたのだろうなと思うので有罪でキッチリお金を払ってもらえればいいなと思います。

 

日本社会は変われる

でも、今回のニュースは本当に勇気づけられるものです。私も一昔前にこのような判決が下ったとは思いません。どんなにそれが私の価値観とは違っても、無罪になってしまうことを理解出来る自分がいました。しかし今は違うんですね。凄くホッとしました。

 

そもそも性同一性障害じゃなかろうとなんだろうと、人の体に勝手に触る事自体が相手に強い不快感を与えることはあるわけですが。そういう意味では男性が男性にセクハラしているような事例ではまだまだ声を上げられない人がいそうだなとも思います。

 

日本社会は硬直的で、多様性にも理解が無い。そんな風に言われることも多いですが、私は今回の事件を受けてその価値観を変えたいと思います。日本は変われる。少しずつかもしれないけれど、ちゃんと人権が認められる国なんだと思います。これまで声を上げて無視されてきた人たち、却って周りの人間に嘲笑されてきた多くの先人、それでも声を上げてきた人たちがいてこその今なのでしょうね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る