2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

米軍がトランスジェンダーの軍務を否定する方針で進む:多様性と戦うトランプ大統領

良し悪しは別として、アメリカは間違いなくリベラルな多様性に対して真っ向から否定する方向性で進んでいくようです。大統領が違うとここまで変わるものなのですね。



(CNN) 米ホワイトハウスは23日、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの人々が軍務に就くことを一部の例外を除き禁じる方針を発表した。

ホワイトハウスによれば、軍務禁止の対象となるのは、「性別違和」の診断を過去に受け、又は現在受けているトランスジェンダーの人々。投薬や手術を含む治療が必要な可能性のある個人がこれに相当する。

トランプ米大統領は昨年ツイッターで、トランスジェンダーの人々が軍務に就くのを「いかなる資格」においても禁止すると表明し、その後禁止を指示する文書にも署名。これを受け、国防総省が方針の見直しを進めていた。

 

ホワイトハウスのサンダース報道官によれば、トランプ氏は新たな方針の導入にあたり以前の自身の指示を撤廃した。新方針の策定作業では、軍民両方の指導者がマティス国防長官の指示のもとで徹底的な調査を行ったという。

新方針に関する国防総省の文書によれば、軍務禁止の例外となるのは、入隊前に36カ月連続で生物学的な性別で安定していた者▽ジェンダー(社会的な性)の変更を必要としない軍要員▽オバマ前政権の方針に基づき軍務を開始した隊員など。

トランプ氏が昨年ツイッターで禁止方針を発表したのを受け、トランスジェンダーの軍要員は裁判所に提訴。裁判所は実施差し止めを命じている。国防総省の報道官は、同省は裁判所命令の遵守を継続し、トランスジェンダーの要員の雇用も維持すると述べた。

同省は今年2月、初めてトランスジェンダーとして米軍入隊の契約書にサインした者がいると明らかにしていた。

性的少数者(LGBT)の支援団体は、今回の方針発表を、国に命をささげる人々を差別するものだと非難。米国人権協会の幹部は「政策を装ったトランスジェンダーに対する嫌悪だ。新たな証拠の評価に基づく方針ではない」と語気を強めた。

via CNN  米、トランジェンダーの軍務禁止を発表

 

進む反多様性

トランプ大統領がその任を得てから、アメリカはとにかく一昔前に急速に戻っています。正確には当時力を持っていたイデオロギー、保守的でアメリカを世界の中心として捉え、力強さや社会的なパワーは男性が基本的に有して、女性はあくまで家庭内にいて、黒人ではなく白人が力を持っていたそういう時代のイデオロギーです。

 

このような価値観が「過去」のものではなくて、現在にも常に存在していて、多様性を大事にする価値観が決して普遍的なものでも圧倒的に優勢なものでもないということを教えてくれるのがトランプ大統領ですし、何よりトランプ大統領を支持しているアメリカの過半数の人たちなのです。

 

私は一般に左よりだとか、あるいは多様性を大事にするた立場の人間ですが、ややもするとこれが世界のスタンダードだと勘違いしてしまいます。人権概念は当たり前のものであって、女性や障害を持った人や多様な人種の人もみな様々な形でその可能性が実現されるべきだと願い、特定の属性の人たちが既得権益という形で権力を得ている状態に反発しています。

 

でもそれは決して世界のルールでもなければ全員が従うガイドラインでもなければ全員が望む社会の姿でもない。アメリカのような先進的であり多様性もありイノベーションもたくさん生み出してきた国家ですらこうなのですから、世界各国進んでいると言われているところもどこも矛盾を抱えています。

 

西洋社会の限界

例えば北欧の教育や福祉は凄く進んでいると思われていますよね。それは事実ですが、実際個人ごとの多様性が強く保護される中で離婚の割合も急上昇しましたし、親と子どもの関係もその前よりも希薄になりました。老後の生活なども国が保証するので子どもと親の関係がそんなに強くなくてもかまわないわけです。そのために移民をたくさん入れたことも文化が破壊されると多くの人が警戒しています。

 

進んでいるように見える国家の多くが、その進歩性に全面的に賛成しているわけではないことを私達はアメリカの事例から学ぶことができます。黒人大統領を生んだ国が、その次に選んだ大統領がトランプ大統領であったことは物凄く重要なポイントだと思います。思想や価値観は常に揺れ動くものであり、1つの価値観が優勢になるということも中々無いのでしょう。私達市民レベルでの意見交換にも大きな意味があると思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る