2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

トランプ大統領の訪日、日本では大騒ぎだったけどアメリカではネタになっていた

なんだか物凄いお祭り騒ぎのように連日取り上げられていたトランプ大統領の訪日ですが、盛り上がっていたのは日本だけでアメリカでは大して大きく取り上げられていませんでした。どちらかというとネタとして消費された印象です。



11月5~7日の2泊3日の日程で日本を訪れたトランプ大統領。日本での報道は、ある種の「トランプフィーバー」とでも言えるような過熱ぶりで、横田基地からゴルフ場までのヘリでの移動をずっと追跡したり、皇居から迎賓館までの移動を追いかけるなど、その一挙手一投足にまで目を凝らした報道がなされた。

img 05ceff704c7c812d1078e12b801fc0da416525 トランプ大統領の訪日、日本では大騒ぎだったけどアメリカではネタになっていた ヘリに乗り込むトランプ大統領 米空軍横田基地HPより

 しかし、トランプ大統領の地元アメリカでは、かなり冷めた報道が多かった。特にトランプ大統領の来日と同時に公表された「パラダイス文書」にロス商務長官の名が出ており、トランプ政権のロシアゲート疑惑が一層濃くなったこと、また、滞在中にテキサス州の小さな町の教会で銃の乱射事件があり、そちらが大きく報じられたことなども原因としては大きい。

 米メディアは伝統的に大統領の外遊に関心が薄いという側面もある。日米、米韓首脳の共同記者会見ともに、米メディアからの質問にはテキサス州での銃乱射事件に関わる質問が出ていた。そんな中で何が話題になったのであろうか。

via: トランプ大統領の訪日は、アメリカでどう報じられたか 「ネタ」扱いは多かったが…… – 鈴木 一人

 

ネタとして消費されるトランプ大統領と安倍首相

アメリカでは伝統的にあまり海外での活動について報じないという文化があるようですが、それにしたって今回のトランプ大統領の訪日などはあまりニュースになっていませんでした。それは他の国のメディアでもそうですね。ドイツ、イギリス、フランスなどの新聞でもあまり大きくは報じられていませんでした。

 

それよりもとにかくネタとして消費されていたというのが正直なところでしょう。特に鯉に餌を上げるときのやり方が投げやりだということで随分盛り上がっていたようです(実際はまず安倍首相が箱から直接投げ入れ、それを見てからトランプ大統領も一度に投げ入れたようです)。

 

なんというか、ある意味で日本と同じような消費の仕方をしているような感じがあります。滑稽でよくわからないことをする大統領として、なんなら馬鹿にされつつも愛されているのではという印象さえ受けました。

 

実際、トランプ大統領とのご飯も1200円のハンバーガーであったりと、なんというかエスタブリッシュメントでお高くとまったところとは真反対にいる人ですから、彼に賛同する人が少なくない人がいるのもわからなくはない。

 

ポピュリズムとしてのトランプ大統領

やはりそうやって考えてみると、日本にもあるようなインテリや金持ちへの批判がトランプ大統領には無効になることが多い用に思います。昔3000円のカレーを食べていることが批判される政治家もいたし、インスタントラーメンだかカップラーメンの値段がわからない政治家も庶民感覚がわからないと批判されていました。

 

それに対してトランプ大統領はどうでしょう。不動産王として莫大な富を築き、当然凄まじい金持ちではあるのですが、物凄い偏食家でマクドナルドが大好き。ファストフードを美味しそうに食べる大統領というのは、低所得者層からするとなんとなく愛着が持てるところだと思います。

 

そういうところも含めて、完全無欠な人間よりも愛着を持たれ、なんだかんだ4年の大統領期間が終わる頃には別れを惜しむ人も少なくないのではなかろうかと思います。多分次は揺れ戻しで思いっきりエスタブリッシュメントで多様性に寛容な人が大統領になるのではないかなと思うので、そういうところでの論戦も楽しみですね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る