2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

北朝鮮「アメリカに対し史上最高の超強硬対応措置断行」する

トランプ大統領の「完全破壊」のお返しは「史上最高の超強硬対応措置断行」とのこと。まるで小学生の喧嘩のような国家元首の罵り合いが幕を開けました。



【ソウル=名村隆寛】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は21日、トランプ米大統領が19日に国連総会で行った演説を「歴代最も暴悪な宣戦布告であり、史上最高の超強硬対応措置の断行を慎重に考慮する」と非難する声明を発表した。朝鮮中央通信など北朝鮮メディアが22日、伝えた。

 金委員長直々の声明が発表されるのは今回が初めて。声明は北朝鮮の国家最高位とされる国務委員長の名義で、金委員長が党中央委員会庁舎で発表した。祖父の金日成(イルソン)主席、父の金正日(ジョンイル)総書記の体制でも最高指導者名義の声明が出されたことはなく、米国への最大の警告とみられる。

 声明で金委員長は、「トランプが世界の面前で私と国家の存在自体を否定して侮辱し、わが共和国(北朝鮮)をなくすという歴代で最も暴悪な宣戦布告をしてきた以上、われわれもそれに見合う史上最高の超強硬対応措置断行を慎重に考慮する」と主張した。

via: 【北朝鮮情勢】金正恩氏が初の直々声明「米国のおいぼれを必ず火で罰する」 トランプ米大統領の「完全破壊」演説に対抗 米朝首脳が名指しで罵倒合戦 (1/2ページ) – 産経ニュース

wor1709220014 p2 北朝鮮「アメリカに対し史上最高の超強硬対応措置断行」する

金正恩のお返し

さあ、始まってしまいました。聞いている方が恥ずかしくなるような幼稚な言葉の罵りあい。金正恩の言葉を並べてみると凄いことになっています。「史上最高の超強硬対応措置断行を慎重に考慮する」「わが共和国の絶滅をわめいた米国統帥権者(トランプ氏)の妄言に代価を支払わせる」極めつけは「米国の老いぼれの狂人を必ず火で罰するであろう」です。

 

考えつく最大限の怒りを言葉に込めている感じが端々から伝わってきます。しかもこの声明「北朝鮮の国家最高位とされる国務委員長の名義」で行われており、これは金正日総書記の時代にも無かったことということで、要するに公的にアメリカに罵詈雑言をぶつけているということです。

 

国際政治における熟慮もへったくれもないような強烈な言葉を投げかけた金正恩ですが、もちろん彼だけがこの問題の演者ではありません。

 

汚い言葉といえば、トランプ大統領

そう、そもそもこの罵り合いが始まったのはトランプ大統領が国連の一般演説で北朝鮮を名指しで非難し、それに留まらず「完全破壊する」などと非常に強い言葉を使ったのが始まりなのです。ちなみにこの発言が出た時には、両手で顔を覆う参加者もいたとのこと。トランプ大統領、金正恩にまったく引けを取らない発言力です。

 

そもそも彼はアメリカ大統領選挙の中でも度々暴言でスキャンダルになった男。こういう展開になるのは十分にありえることだったわけですから、彼を選んだアメリカ国民の責任というのも当然問われても不思議ではありません。

 

国際政治におけるレスバトル

敢えてレスバトルなどという言葉を使わざるを得ないほどに、この外交における争いは醜い戦いとなってしまっています。お互いを馬鹿にして、殺してやるぞと息を巻く。これはまさにレスバトルとしか言いようがありません。もし反論が無ければ「あいつ俺にビビって反論するのをやめやがった」とでも言いかねない幼稚さがあります。

 

しかし、国際政治におけるレスバトルは単純な罵り合いで終わらなくなる可能性を十分に秘めています。アジアは全体として国防意識を強めており、北朝鮮に対する厳しい姿勢を見せています。アメリカも軍備配置を進めていくところ。

 

この面白おかしいレスバトルの陰には、明確な軍事行動の準備があるのです。なんだか冗談みたいな話ですが、なんといっても彼らはふたりとも現職の国家元首なのですから、これから一触即発の雰囲気が高まっていくかもしれません。そして日本は攻撃対象に十分なり得る。このレスバトル、ちょっと笑えません。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る