2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

1年に30万ものアカウントを削除するtwitterの目的

なんと年間に30万ものアカウントを削除しているtwitter。最近はテロや原論の自由などの観点から非難の対象にもなりがちなtwitterはなぜアカウントを削除してるのでしょうか。



Twitterは、2017年1月から6月までの半年間に、テロリズムに関連するアカウント29万9649件を停止したと発表した。

 Twitterは米国時間9月19日に公開した最新の透明性レポートの中で、停止したアカウントの95%は社内のスパム対策ツールで検出されたものだと述べた。こうした不正アカウントの75%は、アカウントが最初のツイートを投稿する前に停止された。

 Twitterによると、世界各国の政府から報告を受けて停止したアカウントは1%未満だという。

 Twitterはブログの中で、「国際的に確認されているテロリスト組織と関連がある暴力を積極的にあおったり宣伝したりしているアカウント、国際的に確認されているテロリスト組織を宣伝しているアカウント、以前の執行を回避しようと試みるアカウント」をブロックしたと述べた。

 テクノロジ大手各社はここ数カ月にわたり、米英をはじめとする各国政府からの圧力の高まりに直面しており、テロリストや過激主義者によるオンラインでのコンテンツを取り締まるよう求められている。

 Facebook、Microsoft、Twitter、YouTubeは、自社のサービスから削除した過激主義者のコンテンツが拡散されないよう、そうしたコンテンツのハッシュ値からなる共有データベースを構築すると約束している。

Twitter、2017年前半にテロ関連アカウント約30万件を停止

twitter 1年に30万ものアカウントを削除するtwitterの目的

twitterはどんなアカウントを削除しているのか

まるで検閲でもしているかのごとく、物凄い量のアカウントを削除しているtwitter。一体どうしてこんなに大量のアカウントを削除しているのでしょうか。

 

一つのわかりやすい回答は、スパムアカウント対策です。プログラムによって大量に作られたアカウント(すなわち個人が使っているのではなく、悪用目的で作られたアカウント)を片っ端から消しているのです。明らかに怪しいアカウントなわけですから、アルゴリズムによって実にその75%は最初のツイートをする間もなく削除されています。凄いですよね。

 

確かにtwitterをやっていると怪しいアカウントも沢山あって、そういうアカウントは大体アカウントIDが乱数なのですぐにわかりますが、ああいうのはどんどん取り締まってもらいたいものです。

 

しかし、そういうアカウントばかりを削除しているのではありません。一時期ニュースというかtwitterの中でも盛り上がったのがテロリストのアカウントに対する取扱いです。

 

ヘイト色が極めて強く、差別的な言動を行うテロリスト集団にまでアカウントを持たせてよいのか? twitterは単なる営利企業にも関わらず、倫理的な判断を迫られました。

 

そしてそのようなヘイトの強いアカウントを削除することを決め、現在ではそのような話はあまり聞かなくなりました。政府からのリクエストでアカウントを削除したのは全体の1%未満ということで、3000件ほど。中には反政府主義者などもいたかもしれませんから、小さい数とあなどるわけにはいきません。

 

twitter社が持つ責任ってなんだろう

しかし当然のようにスパムアカウントを削除するのはわかるのですが、テロリストや反政府組織がアカウントを作った場合にそれを削除するというのはどういう理屈なのでしょうか。

 

誰しも言論の自由があり、差別的な発言にもそれなりの正当性があっても不思議はありません。またtwitterは政府の組織でもなければ世界平和のために作られたNPOでもありません。純粋な営利企業であり、目的は世界を近づけることにあるはず。そのような言論っが表出する場として機能することは間違っていないはずです。

 

しかし、それでもtwitter社はヘイト的な内容の投稿をするアカウントを凍結・削除する方向に向かっています。ここで大事なのは、営利企業が言論の自由をある種制限したということです。

 

もちろんtwitter以外にも発表の場はたくさんあるわけですから、一企業が一部の気に入らないユーザーを消すことは許されるようにも見えますが、極めて影響力の大きい会社は社会のプラットフォームとみなされる場合があります。

 

例えばGoogleも一企業にも関わらず検索内容について政府が口を出して一部の表示順序がおかしいということで修正させるなど、強制力が及ぶ場合もあります。

 

企業もまた、社会の一部である以上反社会的勢力を応援するようなことは許されないというわけです。

 

色んな人達が好き勝手つぶやく場所としてのtwitter、それともヘイト言論などは封じられた場としてのtwitter。果たして健全なのはどちらなのでしょうか? そしてヘイト的な内容に対して対処するべきなのはtwitterなのでしょうか、それともその国の法律なのでしょうか。

 

テクノロジーの発達は、社会の形についても間違いなく新しい問いを突きつけています。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る